戦慄のタツマキ
声優:悠木碧
エスパーで戦う少女
少女のような外見ですが立派な成人女性です。
性格に難がありますが、その実力はヒーローの中でもトップクラスです

 

「ワンパンマン」第1期の主題歌


オープニングテーマ『JAM ProjectTHE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜』
JAM Project

 

エンディングテーマ『星より先に見つけてあげる』
森口博子

 

アニメ「ワンパンマン」第1期の魅力



魅力① 強すぎるサイタマの悲哀

先述のようにサイタマは圧倒的な力によりほぼ全ての敵を一撃で倒してしまいます。
その圧倒的な強さを楽しむアニメのように聞こえますが、本作はそういった爽快感を楽しむ作品ではありません。
強い主人公は今も昔も珍しくはないですが、サイタマはその活躍を称賛されることが無いどころか、その強さがインチキではないかと疑われるほどです。
そして、何よりもサイタマ自身が一瞬で終わってしまう戦いに虚しさを覚えてしまい冷え切っています。
強すぎるヒーローを風刺的に描いたサイタマの悲哀が本作独特の魅力です。

魅力② 正統派ヒーローたちのまともな熱い戦い

一方、他のヒーローは真っ当な強さで敵との接戦を繰り広げていきます。
鋼鉄の身体を持ちどんなにボロボロになっても戦い続けるジェノス、自分が弱くて期待されていないことを自分自身が一番知っていても悪に立ち向かっていく無免ライダー。
彼ら普遍的なヒーローたちの活躍を描いたストレートな正統派のヒーローアクションとしての魅力も本作はちゃんと併せ持っています。


魅力③ 個性豊かなヒーローや怪人の戦闘シーンとサイタマのワンパン

 

ヒーローも怪人もせれぞれ個性豊かな戦闘スタイルで視聴者を魅了します。
爆炎を放つジェノスや老体からは考えられない力強い拳法を披露するシルバーファング、敵の放った無数の砲弾を超能力によりすべてそのまま撃ち返すタツマキなど、それぞれの得意技を存分に発揮します。
対する怪人も、無数の蚊を操って市民の血液を吸い尽くす、何でも溶かす強力な液体を吐き出す、いくら細かく切り刻んでも再生するなどなど、様々な特殊能力でヒーローを翻弄します。
そして、それらとは別次元の力を持つサイタマの戦闘シーンは一撃を丁寧に表現し、その力強さを表現しています。
それぞれの個性を活かしたヒーローと怪人のアクション、そんなことは関係なしに一撃で倒してしまうサイタマ、様々な戦闘描写が本作の魅力の一つです。

アニメ「ワンパンマン」第1期の感想(ネタバレ有)

本作を象徴するエピソードが第9話『不屈の闘志』です。
圧倒的な力を持つ強敵の深海王。その力の前に数々のヒーローが敗れていきます。
ジェノスは接戦を繰り広げますが、子どもを深海王の攻撃から守って戦闘不能に、無免ライダーも果敢に挑みますがあえなく敗北します。
そこに遅れて駆け付けたサイタマがいつもどおり一撃で深海王を倒します。
一度は市民から歓声があがりますが、心無い市民の声がそれをかき消します。
『本当は敵が弱かったんじゃないか。他のヒーローが大したことなかったんじゃないか』
市民の間に困惑が広がっていきますが、それに対してサイタマは返します。
『他のヒーローが怪人を弱らせてくれて助かった。手柄を独り占めをできた』
ヒーローたちが改めて称賛される一方で、サイタマはやはりインチキをしていると疑惑の目を向けられます。

サイタマは市民の命だけでなく、他のヒーローの名誉も守りました。自ら泥をかぶることで。
前項で筆者はサイタマ以外のヒーローを『正統派』と評しましたが、圧倒的な力を持つサイタマもその内に秘めるものは、全てを守ろうとする正統派のヒーローと変わらない物です。

アニメ「ワンパンマン」第1期の口コミ・評価

「ワンパンマン」第1期の口コミ


おすすめの記事