主人公である素子は冷静沈着で、パーフェクトな女性に見えるますが、彼女はある葛藤を抱えていたのです。

 それは全身が義体でできているがゆえに、自分自身が本当に存在している人物なのか、すなわち自分自身を決める定義「ゴースト」に悩まされているのです。

 この世界は電脳化とコンピューターの発達によって、ハッキングで記憶を書きかえることが可能な技術がある世界です。

 それだけではなく、彼女が使っている今の義体は職務上必要であるので国から支給されているものなので、退職したら自分の義体を国に返さなければならないのです。

 そうだとすれば、「草薙素子」という人物も国によって作られた人格である可能性もあるのです。そのため彼女は、人知れず自分自身は本当に存在しているのか、幽霊のような存在ではないのかと葛藤しているのです。

アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の感想(ネタバレあり)


攻殻機動隊を初めて見たときは、物語より映像美の方に目を奪われました。

本編の舞台となっている香港の街をモデルにした、未来の日本のどこかの都市は、 蛍光塗料のようなネオンが光り輝いているビルが並んでいるという、壮大な都市描写です。

一方、都市の中は煤けたコンクリートや錆びた鉄パイプだらけの建物という退廃的な光景です。

80年代に映画「ブレードランナー」が公開されてから、SF世界の描写はアジアの都市にある路地裏のような、退廃的な世界観を表すようになりました。

 それは、発達しすぎた科学によって造られた社会が、壊れかかているのを暗示しているようでした。

巨大なビル群が並ぶ都市は偽りの姿で、ボロボロの建物こそこの社会の真実なのかもしれません。

 物語そのものは、かなり難解なテーマを扱っているように思えるのですが、その本質は情報と偽りにまみれた世界で自分自身とは何かを探すストーリーのように感じました。

アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」口コミ・評価

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の口コミ

情報化社会が発達すると、一体何が起こるのか、そしてそれは何を意味するかを考えさせるような作品という認識のようです。難解な物語ですが、やはり一度見るとやみつきになってしまう映画で、語らずにはいられない人も多いようです。

「AKIRA」同様、近未来系のSFアニメを完成させた作品という意見もあります。

本編に出てくるセリフ回しを好んで使う人もいます。


「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の筆者評価

総合評価:49点/50点
ストーリー
作画
音楽
独自性
メッセージ性

 

・ストーリー:9点/10点

インターネットが出たばかりの90年代に、コンピューターが発達した社会ならではの事件や災い、そして悩みを巧み盛り込んだのは見事です。内務省と外務省の組織対立を描いたポリティカルアクション(政治闘争劇)は少しわかりづらいですが、慣れてくると、かなり興味深いです。

・作画:10点/10点

美しい大都市の夜景と、その都市の内側にある退廃的な路地裏の映像は絶品。都市社会の光と闇を見事に表現しています。静かな背景描写の一方、マシンガンでコンクリートを破壊するなど、ハリウッド映画張りのアクションは迫力満点。

素子のサイボーグならではのアクションにも注目してほしいです。

・音楽:10点/10点

OP・EDに流れる川井憲次作曲の静かで悲し気なメロディーは素晴らしい。SF世界であるのに、東洋的で、どこか神秘的な雰囲気の音楽は、一見するとミスマッチに見えますが、香港をモデルにしたアジア風の路地裏の描写のおかげで、不思議と映像に合っています。

・独自性:9点/10点

原作とは完全に別物として見た方がいい、というくらいストーリーも作風も違うものになっています。キャラクターも原作とは違うものになっています。「攻殻機動隊」というより、押井守の作風を楽しんだ方がいいかもしれません。

本編に出てくる素子の独特なセリフ回しも人気の一つ。

・メッセージ性:8点/10点

「人間の手に余るほど、発達しすぎた科学」による災いというのは、SFで語られている古典的なテーマですが、21世紀を手前に控えた90年代という時代にはふさわしかったかもしれません。

メインテーマである情報化が進みすぎて、自分自身の存在が証明できなくなるというのは哲学的すぎて難解すぎるかもしれません。

アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の動画を無料で見る方法は?

有料動画配信サービスの無料期間を利用しよう

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用すれば、なんと!「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」を無料で視聴することができます!さらに無料期間中であれば、他の気になる作品も視聴することができるのです!

※無料期間中に解約しなければ有料となってしまいますので、ご利用期間・ご利用方法にはご注意ください。


「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の動画配信情報

 

「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」の動画配信サービス一覧表

サービス名配信状況月額料金(税込)作品数無料体験期間
Amazonプライムビデオレンタル500円
(※年会費4900円)
約1.4万本30日間
NETFLIX880円~非公表1か月間
注意
こちらの情報は2019年12月時点のものです。
登録する際は今一度、ご自身でお確かめになってから登録するようにしてください。

各種動画配信サービスの特徴は

アニメ「攻殻機動隊」を観るなら、NETFLIXがおすすめです。ここからは各動画配信サービスの特徴をご紹介します!

NETFLIXの特徴

  • ベーシック:800円、スタンダード:1200円、プレミアム:1800円と利用人数と画質で値段が選べる!
  • NETFLIXオリジナル作品が大人気!
  • 最大4台の端末で同時視聴が可能!
  • 最大4台の端末で動画ダウンロードが可能!

Amazonプライムビデオの特徴

  • 年会費4,900円(税込)のプライム会員で動画見放題!30日間の無料トライアルも実施中!
  • 最新作から、Amazonオリジナル作品まで豊富に揃ったラインナップ!
  • 動画だけじゃなく、プライム会員でお急ぎ便使い放題や音楽聴き放題など多彩なサービスが利用できる!
  • スマホはもちろん、Kindleやスマートテレビ、ゲーム機など色々なデバイスで楽しめる!

アニメ「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」のまとめ

攻殻機動隊は、ハリウッドに多大な影響を与えた作品の一つであり、20世紀を代表するジャパニメーションの一つだと思っています。 

ここまでの作品になることができたのは、90年代という一つの時代の転換期に生まれ、その時代を足掛かりにして未来を見据えた作品であったからだと思います。

原作者である士郎正宗が「攻殻機動隊」を書いたのは1989年の頃であり、当時、パソコンやプログラムは「マイコンおたく」と呼ばれる一部のマニアしか知られていませんでした。(マイコンとは現在のパソコンの原型)

そんな時代に、コンピューターネットワークやハッキングという設定を盛り込んで描かれたのが、「攻殻機動隊」なのです。

90年代になると、日本はあの空前絶後の高景気ともいうべきバブルが崩壊し、阪神大震災等によって大変な時代になっていきました。

昭和の時代に漫画やアニメを見て育った人たちは、鉄腕アトムを見て、科学万能の未来をイメージしましたが、時代が進むにつれ、そんな未来は絵空事であったことを思い知らされていくのです。

なぜなのでしょう?答えは簡単には出ないでしょうが、「攻殻機動隊」の主人公である草薙素子は本編で興味深い言葉を残しています。

特殊化の果てにあるのは緩やかな「死」。それだけよ。

映画「攻殻機動隊/GHOST IN THE SHELL」より

 


おすすめの記事