スポンサーリンク
飛影(ひえい)
声優:檜山 修之
蔵馬と同第三の眼様、元は魔界でも名を馳せた妖怪で、ある目的の為に第三の眼「邪眼」を身につけました。
炎の妖術と剣術や黒龍を操る事ができ、幽助と死闘を繰り広げた後に共に戦う仲間となります。

「幽遊白書」の主題歌

OP曲
歌手名:馬渡松子
曲名:「微笑みの爆弾」

ED曲
歌手名:馬渡松子
曲名:「ホームワークが終わらない」(1~29話)

ED曲
歌手名:馬渡松子
曲名:「さよならbyebye」(30~59話)

ED曲
歌手名:高橋ひろ
曲名:「アンバランスなKissをして」(60~83話)

ED曲
歌手名:高橋ひろ
曲名:「太陽がまた輝くとき」(84~102話)

ED曲
歌手名:馬渡松子
曲名:「デイドリームジェネレーション」(103~111話)

スポンサーリンク

アニメ「幽遊白書」の魅力

魅力①独特の世界観

「幽遊白書」の魅力はその独特の世界観に有ります。

幽助、桑原などが住む人間界と、蔵馬や飛影の住む魔界、幽助が死んでしまい霊体となって運ばれた霊界と3つの世界から成り立っています。

人間でも霊感があり超能力のある者たちが霊力や妖力といわれるエネルギーを使用して多彩な技を使い戦闘を行います。

それぞれに個性的で強力な技があり、繰り広げられるバトルは迫力満点でとても魅力的です。

魔界では人間を敵視するものも多く、人間界において魔界出身の妖怪たちを退治していく幽助達をよく思わない連中も存在していました。

そして、魔界で開かれる暗黒大武闘会に招かれ戦いを繰り広げていくことになります。

少しグロテスクに感じるようなリアルな描写などもその世界観を作る一端を担っておりより「幽遊白書」世界に没入させてくれます。

魅力②個性豊かなキャラクター

「幽遊白書」に登場するキャラクター達はどれも個性的で敵キャラも含めとても魅力的です。

主人公の幽助もバカで真っ直ぐ、不良だけど根は優しいというわかりやすい性格がとても魅力的です。

悪役にしてみてもそれぞれに、悪に手を染めるまでのストーリーが緻密に用意されており、本当の悪とは?ということを考えさせられるような設定になっています。

また、それぞれのキャラクターに用意されている強力でかっこいい、豊かな個性を生かした必殺技などもとても魅力的です。

作中で登場する飛影の人気はさらに凄まじく、漫画の連載中に行われた人気キャラ投票では主人公の幽助を抑え1位を獲るなど脇役たちの活躍も印象的です。

スポンサーリンク

アニメ「幽遊白書」の感想(ネタバレ有)

「幽遊白書」の感想としては、ストーリーは王道の階段式に強力な敵が出現してきますが、それを乗り越えていく主人公たちの姿がとても魅力的です。

本筋のストーリーも王道なんですが決して単調なものではなく登場キャラそれぞれの物語が用意されています、敵キャラクター達の過去のストーリーもとても重厚で、その物語に入り込んでしまいます。

特に暗黒武闘会を勝ち上がっていくストーリーは敵キャラにも個性豊かなストーリーがあり、最後の強敵戸愚呂弟との対戦やストーリーは涙がこぼれるほどに感動します!

この作品の最大の魅力はバトルシーンです、それぞれのキャラクター達の濃厚なストーリーを背景に個性豊かな技を駆使して戦闘を繰り広げます。

バトルシーンの独特の描写も魅力的ですが、わかりやすい単純で迫力満点なバトルや駆け引きを駆使した頭脳戦など一戦一戦がとても作り込まれていてとても面白いです!

この作品と出会い、その独特の表現方法に衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか?少しグロテスクな要素を含んでいる所も妙にリアルに感じてしまいとても魅力的に感じるようになります。

スポンサーリンク

アニメ「幽遊白書」の口コミ・評価

「幽遊白書」の口コミ

スポンサーリンク