スポンサーリンク

すると、今度は全く違う味が広がり”コンソメ”や”ポルチーニ茸”の食材のインパクトが強くなるのです!そして食管も非常に滑らかで、食べた瞬間口の中でとろけてしまう完成度でした。司はオーソドックスなフランス料理から、二つの層を作り上げたという天才的な技術を見せつけます。

そして隠していたものは他に沢山あることも、審査員は発見することになるのでした。「イチジクとリンゴのピュレソース」や、「栗のコンフィ」等を使用。それによりフルーツの酸味や甘みがこの料理を引き立たせていました。野ウサギ料理というボリュームある料理を飽きさせない工夫をしていたのです。

本当の料理人しか出来ない天才の技術を、司は大事な場面で失敗することなく披露してきたのでした。審査員は司の事を「天才、異常者ともいえるほど」と言わしめるほど。

ネタバレ③司瑛士の幼少期

王道の料理を自分色に染め上げることに成功した、司は一色を圧倒し3-0で勝利。そして司という男はかつての過去を思い浮かべます。それは美術の時間、司や他のクラスたちが絵の具を使って、絵を描く授業をしていました。クラスの女子は色の混ざりに苦戦を強いられることになります。

何とか色を混ぜ合わせ、綺麗な色ができたことを言うと司はそれを奪います。その色を自分の絵に塗っていき、女の子は泣き崩れてしまうのです。司は先生に怒られますが、悪いそぶりを見せることはありませんでした。司は冷静な顔で「その色があったら自分の絵がもっとよくなる。」と言います。

司はそのような経験を何度もし、自分は他の人間とは少し論点がズレていることに気が付くのです。しかし、司は自分の実力のために仕方ないという事を自らに問います。そしてそれは料理でも同じという事を論じ、一色に再びセントラルに戻ってくるかどうかを問いただすのでした。

一色は「丁重にお断りします」と一言。司の完全実力主義に対して、一色は料理を作る楽しさというのを大切にしていくことを誓います。司は何も言い返すことができませんでしたが、最終的に真剣な顔からマイペースな表情に戻り、いつも通りネガティブ発言をしてしまいます。

スポンサーリンク

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」9話の感想

筆者感想

アニメ「食戟のソーマ 第4期 神ノ皿」の第9話をチェックしてみて、司って改めて天才ともいえる料理人であることを実感しました。なぜかというと最初は一色の方が優勢であったものを、自らの料理にした直後に形勢逆転してしまうからです。ミスもなく天才的な技術を見せつける完全勝利でした。

一色も最後の方で言い放った、料理を楽しむことは決して諦めることはないといった部分は非常に感動しました。司には敗れてしまいましたが、一色もこの食戟を楽しんで出来たことはかなり良い経験だったのではないかと考えられます。

司の茶わん蒸しはとても食べてみたくなる料理でした。審査員のアンが悶絶してしまう程の、料理はこれまでありません。ソースの下にある工夫でここまで味が変わっているということは凄いなと感じます。これにより反逆者側も後がなくなってしまい、いよいよ連帯食戟も最終戦を迎えます。

幸平とえりなの連帯食戟はどうなるのか、今後も目が離せない展開が続いていきますね!

みんなの感想・口コミ

https://twitter.com/masamuneanizuki/status/1205145633188761600?s=20

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事