スポンサーリンク
エスカノール
声優:福山 潤
「七つの大罪」のメンバーで、背負っている罪は【傲慢の罪(ライオン・シン)】です。
手配書では威厳のある老人の姿で描かれているが、実際はおとなしくひ弱です。
日の出と共に力が増していき、正午になるとその力はピークに達し、外見もマッチョな姿になります。
マーリンに強い思いを寄せています。
ゼルドリス
声優:梶 祐貴
「敬神」の戒禁を持つ十戒の一人です。
メリオダスとエスタロッサの弟で、メリオダスとは声も容姿も酷似していますが、敵対心と復讐心を持っています。
十戒の中でも年少ですが癖のある仲間たちを指揮しています。

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」第2期の主題歌

OP曲
歌手名:FLOW×GRANRODEO
曲名:「Howling」

OP曲
歌手名:スカイピース
曲名:「雨が降るから虹が出る」

ED曲
歌手名:Anly
曲名:「Beautiful」

ED曲
歌手名:雨宮天
曲名:「誓い」

※動画なし

スポンサーリンク

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」第2期の魅力

魅力①王道のファンタジーストーリー

中世ヨーロッパを思わせるような世界観とアーサー王の伝説の物語を思わせる世界設定です。

英雄や聖騎士、戦うお姫様に悪魔の騎士団、魔法と壮大な冒険!まさにすべてがファンタジーの王道と思わせる要素が満載で、とても分かりやすいストーリーになっています。

さらに運命に導かれながら明かされていく世界を揺るがすような秘密、わかりやすい内容の物語の中に潜む伏線と謎が少しずつ明かされていく快感を味わうことができます!

ストーリーの中盤でとは「十戒」という、新たなる敵が登場しストーリーを盛り上げていきます。

メリオダスに酷似したセルドリスの関係などどんないきさつにより、敵対してしまう事となってしまったのか、主人公メリオダスの明かされていく過去と共にとても見どころ満載です!

魅力②個性豊かなキャラクター

元々「七つの大罪」という意味はキリスト教のカトリックの考えで、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情の事を指すものです。

この世界観をそのままキャラクター達の個性として反映させています、強欲なバン、嫉妬の心を持ったディアンヌなど性格のみならずその隠された過去にも由来となった罪を持っています。

「七つの大罪 第二期 戒めの復活」では、キャラクターそれぞれの過去が明かされ、さらにストーリーの重厚感が増していきます!

中でもメリオダスとエリザベスの関係性は衝撃的かつ、感動的でより謎につつめれていたメリオダスの真実が明らかになっていく快感を感じることができます!

魅力③迫力満点のバトルシーン!

元々、原作の漫画でもその作画には定評があり、特にバトルシーンなどのインパクトはとても魅力的です。

しかし、アニメではそのバトルシーンのインパクトも完全上位互換といえます!

原作を忠実に再現できているという点がとても魅力的で、キャラクターデザインも原作と相違がなく違和感を感じることなく楽しむことができます。

バトルシーンのスピード感や滑らかさ、技の威力などもアニメでしっかりと伝わり、声や効果音、細部の動きなどにより表現力がさらに増してわかりやすくなっています。

さらに付け加えると、アニメ七つの大罪第2期の作画の評判はとてもよく、実際に観た人たちの感想からもその魅力が伝わってきます。

観たことがない人は、是非一度この臨場感あふれる「七つの大罪 第2期 戒めの復活」のアニメーションを味わっていただきたいと思います。

スポンサーリンク

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」第2期の感想(ネタバレ有)

アニメ「七つの大罪 戒めの復活」の感想としては、王道のファンタジーストーリーが最も特徴的でストーリー構成もとてもわかりやすいです!

今作の戒めの復活では、最も謎めいた存在である主人公メリオダスの正体が明かされていきます、王道のストーリーの中にも隠されたメリオダスの壮絶な過去が明らかになっていく快感がとても魅力的です。

中でもメリオダスとエリザベスの関係が衝撃的でした、二人の出会いは七つの大罪、冒頭の酒場でしたが真実はもっと以前に出会ってました。

スポンサーリンク