「うしおととら」第2期の魅力・感想・評価を紹介!絶望的な悪「白面の者」と最終決戦!
出典:TVアニメ「うしおととら」公式ガイドより


「うしおととら」は2015年7月から12月まで、第1期が放映され、翌年2016年4月に第2期が放映されたアニメです。原作は90年代に、週刊少年サンデーで連載された妖怪漫画です。

妖怪退治の霊槍「獣の槍」の継承者となった少年・うしおと、彼と行動を共にする妖怪とらの活躍を描いたアニメで、スピード感あふれるアクションと、感動的なドラマが話題を呼びました。

本記事では、そんな大人気アニメ「うしおととら」第2期のあらすじや、魅力、感想、評価、さらには無料で動画を視聴する方法をご紹介します。

アニメ「うしおととら」とは?


「うしおととら」の概要

うしおととらは、90年代に大ヒットした藤田和日郎原作の妖怪漫画をアニメ化したもので、2015年7月に第1期が放映され、人気を博しました。

2期はその続編であり、2016年4月に放送開始されました。
うしおととらが仲間の法力僧や、日本に住む妖怪達と力を合わせて、白面の者と戦う最終回までのエピソードが放映されました。

物語の最後を締めくくる敵にふさわしく、アニメに登場する白面の者の存在感は圧巻です!


「うしおととら」の第2期のあらすじ

およそ、2000年も前に、古代中国で造られた妖怪退治の霊槍、獣の槍は、強大な力を持つ妖怪、白面の者を滅ぼすために生み出されました。

槍の最後の継承者となった少年うしおと、彼と行動を共にする謎の妖怪とらは、うしおの父、蒼月紫暮が所属する光覇明宗の法力僧達や、うしおの仲間となった妖怪達と共に、白面の者との決戦を向かえようとしていました。

しかし、彼らの前に白面の者の狡猾な罠が待ち受けていました。うしおととらに関わった者たちは白面の力によって、2人の記憶を失ってしまったのです…。

「うしおととら」の主要登場人物

 

うしおととら

出典:TVアニメ「うしおととら」© 藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

蒼月潮(あおつき うしお)

声優:畠中祐   

本編の主人公。普通の中学生でしたが、蔵にあった獣の槍の伝承者になったことから、その日常は一変しました。

家は先祖代々続く、芙玄院というお寺で、父親である紫暮は住職です。

獣の槍の力を使うと、髪が伸び、妖怪に近い姿となりますが、一歩間違えれば妖怪そのものになり果てる宿命が待っています。

それでもうしおは白面の者との決戦にむかいます。

うしおととら

出典TVアニメ「うしおととら」公式サイト

とら

声優:小山力也  

うしおの寺の蔵に、獣の槍で封印されていた妖怪です。

強力な雷を放ち、炎を吐く強力な妖怪ですが、獣の槍にだけは敵わず、ときおり悪戯をして、うしおに制裁を食らうのが日常茶飯事となっています。

その正体は、古代中国で発生した、字伏(あざふせ)という妖怪だったのです。

うしおととら

出典:TVアニメ「うしおととら」公式サイト© 藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

鏢(ひょう)

声優:浪川大輔  

中国から来た、妖怪退治を生業とする符呪師です。己の妻子を殺した妖怪を追って日本に来ました。

当初はとらを仇と勘違いして、戦ったこともあります。

そして、第2期ではとうとう己の妻子を殺した妖怪「紅蓮」と遭遇し、その妖怪と決着をつけることになります。

 

うしおととら

出典:TVアニメ「うしおととら」公式サイト© 藤田和日郎・小学館/うしおととら製作委員会

 

蒼月須磨子(あおつき すまこ)

声優:坂本真綾 

うしおの母で、白面の者を封じる結界を作り続ける「お役目」と呼ばれる存在です。

800年前、白面の者は沖縄トラフに逃げ込んだ時、日本列島を支える地層に体をめり込ませ、日本列島を崩壊させようとしたことがあります。

それを防ぐために、お役目と呼ばれる者が、結界を張って、閉じ込めているのです。

須磨子はその三代目のお役目です。


おすすめの記事