【ワンピースネタバレ考察】Dの一族の”D”は「DAWN」で確定!?Dの意志について考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1085話にてネフェルタリ家のリリィもDの一族と判明。
またリリィの残した手紙の内容も明かされ、話題を呼びました。

そこで今回は、1085話で明かされた事実から、Dの一族について考察していきたいと思います。

Dの一族は世界政府と敵対した存在と確定!

Dは最初の20人と敵対した存在

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

長い間”Dの一族”は「かつて世界政府に敵対した国の末裔」と考察されてきました。
そして、1085話でイム様が「Dはかつて敵対した者達の名前」と語ったことで、この説は確定したと言っていいでしょう。

しかしイム様からすれば、今の一族は「己の名の意味も知らぬ抜け殻」とのこと。
ですが、名前の意味は知らなくても、”D”の名前を持つものは不思議と世界政府に敵対することに、恐らくイム様は頭を抱えていることでしょう。

リリィも”Dの一族”だった

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

かつて世界政府に敵対した存在である”D”の一族。
そんなDの一族でありながら、”最初の20人”の1人だったのが、ネフェルタリ家の女王リリィです。

それだけでなく、世界中に歴史と、ラフテルへの行き先を伝える歴史の本文(ポーネグリフ)を放ったのもリリィでした。

つまりリリィは世界政府を立ち上げながら、その政府の敵となる存在を生み出すきっかけを作ったということになります。

リリィは”最初の20人”でありながら裏切り者

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

リリィがDの一族ということは、彼女は世界政府に紛れ込んだ裏切り者だったということになります。

そして、世界政府に取り入って、ポーネグリフを世界に拡散。
しかし、イム様はこのリリィの動きを裏切りではなく、「失態」と語っていました。

また、イム様のリリィへの入れ込み方を見る限り、イム様はリリィが裏切り者だとは知らなかったのでしょう。
むしろ、この「リリィが裏切り者だった」という事実を知った時の反応を見るに、「信じたくなかった」と思っていた可能性もあります。

Dとは血縁のことを指してはいない?

一族の血を受け継いでなくても”D”を名乗れる?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

神の敵とされる"D"の名前は、ネフェルタリ家を始め、ルフィのモンキー一族も継いできました。

このように、Dの名前は血縁を通して、脈々と受け継がれてきたものです。
しかし、"D"は血だけで受け継がれている訳ではないと、筆者は考えています。

その根拠としてネフェルタリ家の一員である、コブラ王は自分達のことを”D”だと名乗っていたのです。

そもそも、リリィの直系の血を引いてると思われるのは、リリィと瓜二つと思われるビビと母であるティティでしょう。
つまり、コブラは”D”の血であるリリィの血は継いでいません。

血縁を絶っても”D”は現れる

白ひげ 黒ひげ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

血縁だけが”D”の名前が受け継がれる要素ではないことは、実はかなり前に示唆されていました。

かつてマリンフォード頂上戦争にて、白ひげは死に際に「血縁は絶てどあいつらの炎が消えることはねぇ」と語っています。

このセリフはロジャーや、エースを指して放ったセリフです。
このことから、”Dの一族”は血の繋がりがなくても、その意志は受け継がれ続けると受け取れます。

おすすめの記事