「うしおととら」は、同名の妖怪漫画を原作としたアニメです。2015年の7月に第1期が、2016年4月に第2期が放映されました。

本作は、あらゆる妖怪を滅ぼすことができる槍「獣の槍」の継承者となった少年「蒼月潮(あおつきうしお)」と、その槍に300年封印されていた妖怪「とら」とのコンビの活躍を描く物語です。

単なる妖怪退治ものではなく、妖怪と人間との絆をテーマにしたドラマも見所の一つです。

本記事では、アニメ『うしおととら』の第1期の魅力や感想・評価、さらに無料で動画を視聴する方法をご紹介します。

 

アニメ「うしおととら」とは?

 

 

うしおととら」第1期の概要

 

『うしおととら』は90年代初期に人気を博した、藤田和日郎原作の妖怪漫画をアニメ化したものです。

『うしおととら』は迫力のあるバトル描写と、スピード感あふれるアクション描写、そして和製ゴシックホラーとも言うべきダークな作風で人気を勝ち得ました。

この作品は、90年代初期に、一度OVA化されましたが、テレビでの放映は、2015年に放映されたものが初めてとなります。

物語序盤は、うしおととらのコンビが、妖怪に襲われている人々を助けるために戦うというものですが、途中から強大な力を持つ妖怪、「白面の者」と関わっていくことになります

「うしおととら」第1期のあらすじ

中学生の少年、うしおは自分が住んでいる寺の蔵に入ると、床に扉があるのを発見しました。

扉を開けてみると、地下室に、槍で貼り付けにされている、虎か獅子のような姿をした妖怪がいました。

その妖怪は、妖怪退治のための霊槍「獣の槍」のために身動きがとれず、うしおに槍を抜いてくれるようにと頼みました。

しかし、うしおはその妖怪が凶暴な性格だと分かり、頼みを断ってしまいます。

しかし、自分の家を訪れた幼馴染の中村麻子と、井上真由子が、別の妖怪達に襲われるようになったので、うしおは地下室の妖怪に戦ってもらうべく、槍を抜いたのです。

案の定、妖怪は、凶暴な本性をむき出しにして、うしおを食い殺そうと襲い掛かってきました。

しかし、獣の槍がうしおを使い手に選んだので、地下室の妖怪は、渋々、うしお共に、麻子と真由子に襲い掛かってきた妖怪を退治しました。

その後、妖怪はうしおから「とら」と名づけられ、2人は共に行動することになったのです。

「うしおととら」第1期の主要登場人物

 

 

蒼月潮(あおつき うしお)

声優:畠中祐

本編の主人公。東京都在住の中学生。家は芙玄院という寺で、父親が住職をしています。物語初期はごく普通の少年でしたが、蔵の地下にあった、獣の槍に貼り付けにされていた妖怪「とら」を見つけてから、彼の人生は一変することになります。実は妖怪退治のために作られた霊槍、獣の槍に選ばれた者で、槍を使うと、髪がのびて超人的な身体力を得ることができるのです(厳密に言うと、半分妖怪に近くなる)。

一方で、困っている人を見過ごせなかったり、例え妖怪といえども、罪の無いものを傷つけるのを嫌う心の優しい少年です。

 

とら

声優:小山力也

本編のもう一人の主人公。金色の体毛に、虎と獅子を足したような外観をした妖怪であるため、うしおから「とら」と名づけられます。

齢2000年の大妖怪で、雷や風を操り、強力な炎を口から放つことができます。

膂力も強く、並みの妖怪なら肉弾戦で倒すことができますが、獣の槍にだけは敵わず、槍の継承者となったうしおにちょくちょくいいように使われています。

元々凶暴な妖怪であったために、うしおを食おうと狙っていますが、大抵は失敗に終わっています。

元々中国で生まれた妖怪であり、名前も字伏(あざふせ)、雷獣、長飛丸と、その時代ごとに変わっており、その経歴は謎に包まれています。

 

中村麻子(なかむら あさこ)

声優:小松未可子

本作のヒロイン。うしおの同級生で、明るく活発な性格の少女です。家は中華料理屋で、うしおは幼い頃から彼女の家に預けられたことがあったので、彼女とは家族ぐるみの付き合いです。

うしお好意を抱いていますが、素直に自分の気持ちを表すことができず、いつも喧嘩ばかりしています。

 

井上真由子(いのうえ まゆこ)

声優:安野希世乃

本作のもう一人のヒロイン。麻子と同じく、うしおの同級生です。麻子とくらべると、マイペースでおっとりとした性格です。

麻子同様、彼女もうしおに対して好意を抱いていますが、麻子の気持ちの方を優先しているので、うしおに告白するようなことはしていません。

とらと絡んだエピソードが多く、彼女はとらのことを「とらちゃん」と呼んでいます。

蒼月紫暮(あおつき しぐれ)

声優:藤原啓治

うしおの父親(画面左)で、芙玄院という寺の住職です。飄々とした性格で、いつもうしおをからかって煙に巻いています。

放浪癖があり、寺をしょっちゅう空けて、うしおのひんしゅくをかっていますが、その正体は妖怪退治を専門とする僧侶達で構成された仏僧集団「光覇明宗」に所属する法力僧で、放浪しているのは、妖怪退治のためだったのです。

その実力は高く、仲間の法力僧達の中でもトップクラスです。

 

鏢(ひょう)

声優:浪川大輔

中国から来た符呪師と呼ばれる、妖怪退治を生業とする男です。

右目は「浄眼」という青紫水晶でできた義眼になっており、それで身を隠したり、姿を変えた妖怪の正体を探ることができます。

物の性質を封じる術「禁術」を仕込まれた符(お札)と、女の髪をより合わせたワイヤーのついた手裏剣「鏢」を武器にして戦います。

その実力は高く、とらと戦った際、彼を真っ向勝負で追い詰めるほどです。

羽生礼子(はにゅう れいこ)

声優:牧野由衣

うしおが尊敬してやまない、故人となった画家、羽生道雄画伯の娘です。

本来は優しく聡明な女性ですが、羽生画伯が亡くなった後、彼女に近づいた人が不慮の事故にあったため、彼女がそれを気に病んで自殺してしまったことがありました。

一命をとりとめた彼女は、「死にたがりの羽生礼子」と呼ばれてしまいます。

 

白面の者(はくめんのもの)

声優:林原めぐみ

800年前に、中国から日本に渡ってきた、強大な力を持つ妖怪です。

人間を苦しめるのが大好きな妖怪で、かつては一国の王の后に化け、王を狂わせて政治を乱し、国中の人間を苦しませて楽しんでいました。

その真の姿は、九つの尾を持つ邪悪な目をした獣の妖怪で、何千年も前から存在しており、中国、インドの各地にあった国を滅ぼしたことがあります。

モデルになったのは、民間伝承に伝わる妖怪「九尾の狐」です。

「うしおととら」第1期の主題歌

OP曲『混ぜるな危険』筋肉少女帯

筋肉少女帯は、サブカル系の文化人で有名な、大槻ケンヂがボーカルをしていることで有名なロックバンドです。

「うしおととら」にふさわしい、力強い歌詞が特徴です。

ED曲:『HERO』ソナーポケット

ソナーポケットは、ko-dai(コーダイ)、eyeron(アイロン)、mattry(マティ)達3人による、名古屋出身の音楽グループです。

どこかうしおととらが過酷な戦いに赴くような、スリリングな雰囲気の曲です。

ED曲:『負けるな小さきものよ』若旦那(第拾四話から)

若旦那はレゲエグループ湘南風のメンバーで、ソロ活動もしているミュージシャンです。

絶望的な状況下に陥ったうしおととらを、応援しているような歌詞と曲が印象的です。

アニメ「うしおととら」第1期の魅力

魅力①うしおととらの凸凹コンビの面白さ。

「うしおととら」は、タイトル通り、正義感の強い中学生のうしおと、凶暴な妖怪とらのコンビを主人公とした作品です。

本作は、2人の主人公が活躍するコンビ物のアニメですが、うしおととらはそれぞれ性格が正反対の上に、初対面が最悪であったので、2人は喧嘩が耐えません。

そもそも、2人の喧嘩は途中からコメディ風に表現されていますが、序盤では2人が殺し合いをするほど険悪な間柄だったのです。

特にとらは、うしおに対して口癖のように「食ってやる」と言っています。

そんな2人なのに、いざ戦いとなると、なぜか息のあったコンビネーションを見せて戦うのです。

いつも喧嘩ばかりしているのに、いざ戦いとなると息のあったコンビプレイを見せるというギャップの差が本作の見所です。

魅力②勇気とやさしさを持ち合わせる、うしおのまばゆき心。

本作の主人公であるうしおは、正義感が強く、曲がったことが大嫌いな少年です。

しかし、彼の正義は、真面目ぶった良識派が振りかざしているような、理念や正論から来るものではなく、困った人を見たら決して見捨てずにはおれないという、やさしい心から来ているのです。

そんな彼は、どれほど危険な状況であっても、誰かを助けようと思ったらためらわずに行動するのです。

そんな彼の心に、誰もが惹きつけられていき、最初は敵対していたとらをはじめ、妖怪達でさえ、いつしかうしおのやさしい心に惹かれていくのです。

うしおは、極端に強い信念を見せるキャラクターではありませんが、作中で彼の言ったセリフに、「男って一生の内に何人の女の子の涙を止められるんだろう?」というものがあります。

この言葉こそ、うしおの行動原理を表わしている言葉であり、彼は人の悲しい涙を止めるためなら、何度でも命懸けの戦いに身を投じようとする、勇気と優しさを持ち合わせた、まばゆき心の持ち主なのです。

魅力③民間伝承を基にした、和製ゴシックホラー

「うしおととら」に登場する妖怪は、日本の民間伝承などに基づいて描かれています。

例えば、初期のエピソードに出てきた「石食い」の正体は大百足で、うしおがこの妖怪にとどめを刺す際、とらが、獣槍に唾をつけて倒すようにアドバイスをしますが、これは、民間伝承に出てくる俵藤太の大百足の退治譚が由来になっています(大百足の弱点は人間の唾液)。

そして、うしおは旅の途中で立ち寄る、岩手県遠野市で、数々の妖怪と出会いますが、遠野市は、民俗学者である柳田國男が記した「遠野物語」で有名な土地です。

特に座敷童の「オマモリ様」や、東の妖怪の長の住む家「マヨイガ」は遠野物語に載っている話が由来となっています。

このように、「うしおととら」に登場する妖怪は、日本古来の民間伝承が由来になっています。

しかし、水木しげるの「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくるユーモラスな妖怪とは違い、とらや旅の途中で会う妖怪イズナなど、一部のキャラクターを除いた本作の妖怪達は、禍々しくて、不気味なデザインで描かれています。

本作の雰囲気も、日本の古典的な怪奇文芸を彷彿させる、暗い闇の底から迫りくる不気味で幻想的な描写が多く、この和製ゴシックホラー的な幻想的な世界観こそ、本作の魅力の一つだと思っています。

アニメ「うしおととら」第1期の感想(ネタバレ有)

『うしおととら』を最初に見たとき、各キャラクターを演じている声優さんの声が、驚くほど合っているのがわかります。

特にとらを演じている小山力也の演技は素晴らしかった。とらのワイルドさ、無邪気さを巧みに表現できていました。

また、このアニメの最大の悪役キャラである白面の者は、このキャラクターを演じた林原めぐみの渾身の演技力によって、原作の白面の者の持つ「悪」凄みを表してくれました。

原作は、ワイルドなアクションが目立つ漫画である一方、日本の古い民話や怪談をベースにした、幻想的な雰囲気を持つ作品でもあります。

アニメ化する際は、この幻想的な世界観をどう表現するのかと思いましたが、いざ視聴してみると、日本古来の民話に宿っている怪奇性を宿した、美しくも妖しい、幻想的な世界観を最新技術で表現されていました。

物語の面白さが加速するのは、死んで鬼になった自分の父親、羽生道雄にとりつかれた少女、羽生礼子の物語からです。

このエピソードでは、生前妻に裏切られたために、娘に執着して鬼になってしまった羽生道雄と娘の礼子の心を救うというものです。

このアニメは、単に妖怪退治をするのではなく、人を救う事がメインになっています。

「うしおととら」の物語は、単に敵を滅ぼすだけではなく、あくまでも悲しんでいる人を助けるというのを、徹底させているのが一番素晴らしい点であると思いました。

近年の現実世界では、「力」の比べ合いばかりが全てになっているように思え、そんな時代だからこそ、うしおのように自分の「力」を誰かを助けるために使う、心優しい主人公が活躍するアニメが求められているのではないかと思います。

アニメ「うしおととら」第1期の口コミ・評価

「うしおととら」の口コミ

https://twitter.com/yumicchi1027/status/996580347373473792

原作の名場面や名エピソードが省かれて、残念という意見もありますが、やはり藤田作品は強い!!

原作を知らない人も、高評価を推しています。

「うしおととら」の筆者評価

総合評価:45点/50点
ストーリー
作画
音楽
独自性
メッセージ性

 

・ストーリー:7.5点/10点

大体は原作を意識して書かれていますが、尺の都合とはいえ、物語の伏線につながる大事な要素をそぎ落としてしまったのは残念です。

それでも、作品を損なわないように、上手く話を調整してくれたのは評価すべき箇所と思っています。

・作画:9点/10点

原作ならではのダークな雰囲気や、スピード感のあるアクション描写の再現度は高いです。なにより、うしおととらのキャラクター性を遵守しているのは素晴らしい。

携帯電話など、強引に21世紀にあてはめる必要は無かったのではないかと思います。

・音楽:9点/10点

スリリングで格好よく、本作の雰囲気がよく出ています。特に悲壮的な場面に流れる音楽は素晴らしかったです。

コミカルな場面に流れるほのぼのとした音楽が、物語と合ってないように思えます。ドタバタした感じの音楽の方が良かったかもしれません。

・独自性:9点/10点

日本の民話に登場する妖怪をテーマにしたアニメ作品は数多くありますが、原作にある怪奇と幻想に満ちた、あの雰囲気を表現できたのは素晴らしい。

「ゲゲゲの鬼太郎」とはまた違った、趣のある妖怪モノに仕上がっていました。

・メッセージ性:10点/10点

誰かの悲しい涙を止めるために、命がけの戦いを繰り返すうしおの姿は、下手な言葉より熱く伝わっています。

最初はいがみ合っていたうしおととらが、人間と妖怪の壁をこえた友情を築く過程も、丁寧に描かれています。

アニメ「うしおととら」第1期の動画を無料で観る方法は?

有料動画配信サービスの無料期間を利用しよう!

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用すれば、なんと!「うしおととら」を無料で視聴することができます!さらに無料期間中であれば、他の気になる作品も視聴することができるのです!

※無料期間中に解約しなければ有料となってしまいますので、ご利用期間・ご利用方法にはご注意ください。

「うしおととら」第1期の動画配信情報

「うしおととら」第1期の動画配信サービス一覧表

サービス名配信状況月額料金(税込)作品数無料体験期間
hulu1,026円約5万本2週間
Amazonプライムビデオレンタル500円
(※年会費4900円)
約1.4万本30日間
NETFLIX880円~非公表1か月間
注意
こちらの情報は2019年11月時点のものです。
登録する際は今一度、ご自身でお確かめになってから登録するようにしてください。

各動画配信サービスの特徴は?

アニメ「うしおととら」を観るなら、huluがおすすめです。ここからは各動画配信サービスの特徴をご紹介します!

huluの特徴

  • 月額1,026円(税込)で50,000タイトル以上が見放題!追加課金一切なし!
  • 海外ドラマが最新作まで充実!日テレ系ドラマやバラエティも豊富!
  • 大人から子供まで楽しめる大人気アニメ作品多数!見放題サービス最大級!
  • HD画質(720p)なので綺麗に見れる!DVDよりも圧倒的な画質の綺麗さ!

NETFLIXの特徴

  • ベーシック:800円、スタンダード:1200円、プレミアム:1800円と利用人数と画質で値段が選べる!
  • NETFLIXオリジナル作品が大人気!
  • 最大4台の端末で同時視聴が可能!
  • 最大4台の端末で動画ダウンロードが可能!

Amazonプライムビデオの特徴

  • 年会費4,900円(税込)のプライム会員で動画見放題!30日間の無料トライアルも実施中!
  • 最新作から、Amazonオリジナル作品まで豊富に揃ったラインナップ!
  • 動画だけじゃなく、プライム会員でお急ぎ便使い放題や音楽聴き放題など多彩なサービスが利用できる!
  • スマホはもちろん、Kindleやスマートテレビ、ゲーム機など色々なデバイスで楽しめる!

アニメ「うしおととら」第1期を観て凹凸コンビの面白さに触れよう!

意外かもしれませんが、藤田和日郎原作の漫画はOVAを除くと、これまでアニメ化はされてませんでした。

藤田和日郎が描く、あの独特な幻想世界観を、アニメで表現するのが難しかったからかもしれません。

しかし、25年の歳月を経てテレビアニメになった本作は好評で、新たなるファンを会得したようです。

素晴らしい作品は、時代を超えて愛されるのだということを証明した作品でもあります。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え世界最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000タイトルが読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②割引やポイント還元等のキャンペーンが充実
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事