【呪術廻戦】 禪院真依の死亡理由をネタバレ解説!真希とキスした意味とは?
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

『呪術廻戦』に登場する禪院真依が死亡しました。

その最後はあまりにも切なく、真依と真希の絆に涙した方も多いのではないでしょうか。

今回は禪院真依の死亡シーンを紹介し、死亡理由や真希にキスをした意味まで解説いたします。

【呪術廻戦】死亡した禪院真依(ぜんいんまい)とは?


禪院真依とは?

 

禪院真依は『呪術廻戦』に登場する3級呪術師です。

『呪術廻戦』の女性キャラの中でも特に美人とされており、長い手足と端正な顔立ちが特徴です。

美しい黒髪のショートヘアですが、作者・芥見下々先生のさじ加減でヘアスタイルが変わることも…

初登場時は内巻き気味のショートボブでしたが、京都姉妹校交流会以降はレイヤーの入ったショートヘアに変化しました。

顔と女性らしい口調に似合わず他人を煽ることが大好きで、挑発的な発言で反感を買うこともしばしば。

特に釘崎野薔薇とは相性が悪く、初対面ではお互いをけなし合っていました。


禪院真依と禪院真希の関係

 

禪院真依は禪院真依の双子の妹です。

双子ということで、真希と真依の容姿はそっくり。

ロングのポニーテールで眼鏡をかけているのが真希、ショートヘアが真依、という風に見分けていますが、正直、同じ髪型になったら見分ける自信がありません…

それほどまでに瓜二つの真希と真依は、幼い頃はとても仲の良い姉妹だったようです。

しかし、真希が禪院家を出てから関係が悪化。

当初は「いつまでたっても4級以上になれない真希を見下している」から不仲になったと思われましたが、実はそうではなかったのです。

2人の生家である禪院家は御三家のひとつで、術式至上主義。

しかし、真希も真依も相伝術式を持たず、真希に至っては呪霊すら見えませんでした。

そういった理由から真依は呪術師になどなりたくなかったのですが、真希が頑張るため、同じように真依も頑張らざるを得なくなってしまい…

禪院家の扱いに1人耐え忍び、同じように努力を強いられた真依は、次第に真希を恨むようになったのです。

【呪術廻戦】禪院真依の最後は何巻何話かネタバレ!

禪院真依の死亡シーンは単行本17巻149話

 

禪院真依の死亡シーンは単行本17巻149話で描かれています。

死滅回游が始まり、虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、禪院真希、九十九由基、脹相の6人は天元と接触することに。

五条悟が封印された獄門疆の封印の解き方と、羂索の目的と今後の出方を尋ねるためです。

6人は無事に天元と接触できましたが、質問に答える対価として、天元から護衛を頼まれます。

話し合いの結果、九十九由基と脹相が天元の護衛に就き、虎杖悠仁、伏黒恵、乙骨憂太、禪院真希の4人は死滅回游に参加することに。

しかし、呪力のない真希は戦う術がないため、呪具を手に入れなければなりません。

そこで呪具を回収するために禪院家へ向かったのですが、なんと禪院家では真希と真依の実の父親・禪院扇が待ち受けていたのです。

さらに、禪院扇の背後には、血を流して床に倒れた真依の姿が…

激昂した真希は禪院扇に挑みますが、圧倒的な力の差を前に敗北。

気を失った真希は、真依と一緒に呪霊がはびこる懲罰房に投げ捨てられるのでした。

以上が、禪院真依が死亡するまでのネタバレです。


禪院真依の最後をネタバレ

 

それでは、禪院真依の最期をネタバレしていきます。

呪霊がはびこる訓練と懲罰の部屋

真希と一緒に訓練と懲罰の部屋に投げ捨てられた真依。


おすすめの記事