【ワンピースネタバレ考察】本当の目的は世界の完全な支配?パシフィスタ計画を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

海軍の人間兵器として登場したパシフィスタですが、使用されている技術に注目するとパシフィスタ計画には真の目的が隠されている可能性もあります。

くま型パシフィスタとセラフィムの違いやパシフィスタ計画の真の目的について考察します。

最新話でわかったパシフィスタ関係の事実と考察

たった2年で大人の体になったくまのクローン
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

パシフィスタはわずか2年で大人に成長する

ワンピース1102話で、パシフィスタは2年足らずで大人に成長することが判明しました。
2年前に描かれたエッグヘッドの描写で、くまのクローンは45歳のくまそっくりな姿になっています。

くまがベガパンクの研究に協力してから2年ほどなので、その短期間で完全に成長したことになります。
くまのクローンが40代の体になっているとすると、1年で成人まで成長するかもしれません。

くまには自爆装置がついている

1102話でくまの体に自爆装置が付けられた可能性が高いことが判明しました。
サターン聖はくまの自我が消える少し前に、自爆装置を付ける命令を出していたようです。

くまが自爆装置で爆破される可能性も、出てきたかもしれません。
くまに自爆装置がついているなら、パシフィスタに自爆装置が付いている可能性もあります。

セラフィムとくま型パシフィスタの違いを考察

戦桃丸の命令で行動するセラフィム
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

セラフィムは生体部分が多い?

セラフィムは、くま型パシフィスタと比較して生体部分の多いサイボーグと考えられます
セラフィムは子供の状態で改造されており、成長する存在です。

機械のパーツは大きくならないため、身体が成長するとパーツを交換する必要があるでしょう。
成長するセラフィムは、機械のパーツは少なく生体部分が多い可能性が高いです。

そもそも、セラフィムはルナーリア族と同じく攻撃を受けても基本的にノーダメージです。
改造しなくても、くま型パシフィスタよりも体の強度は高いことになります。

皮膚を金属で強化する必要がない分も、機械部分は少ないと考えられます

セラフィムについては以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

くま型パシフィスタは機械の部分が多い?

くま型パシフィスタは、セラフィムと比較して機械部分が多いと思われます。
くま型パシフィスタは、2年前の旧型の時点で鉄以上の硬度がありました。

本来のくまの体はそこまで硬くないため、金属を使って皮膚を強化しているはずです。
攻撃を受けた際に機械のパーツが飛び散る描写もあり、それだけ体内の機械が多いと考えられます。

くま型パシフィスタはセラフィムと違い、大人の姿のくましかいません。
機械のパーツが多いため、大人の体になった後に改造されている可能性が高いです。

くま型パシフィスタの方が量産しやすい

セラフィムと比較して、くま型パシフィスタは量産しやすいと考えられます。
セラフィムは全て子供であり、くま型パシフィスタと比較して成長に時間がかかる可能性が高いです。

くま型パシフィスタは大人にならないと改造できないとしても、セラフィムより短時間で完成すると思われます。

セラフィムは7体しか登場していませんが、くま型パシフィスタは未完成の段階で20体以上登場していました。
くま型パシフィスタの方が数が多いことを考えても、セラフィムより簡単に作れる可能性が高いです。

パシフィスタを作るのに戦艦1隻分の費用がかかるとされていますが、セラフィムの費用はそれ以上でしょう。

パシフィスタ計画は全ての種族を完全に支配するためのもの?

ブルーグラスに操られるパシフィスタ
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

すでにあらゆる種族のサイボーグ兵士を作ることができる?

ベガパンクは、すでにあらゆる種族のサイボーグ兵士を作ることできる可能性が高いです
バッカニア族やルナーリア族の血統因子は、すでにパシフィスタに使用されています。

頂上戦争でリトルオーズJr. と戦った際に、世界政府は古代巨人族の血統因子を手に入れた可能性もあります。

エッグヘッドには、希少な種族の血統因子を全て存在するかもしれません。

血統因子さえあれば全ての種族のクローンを作れる可能性が高く、サイボーグに改造するのも簡単です。
現在のセラフィムは、ルナーリア族の血統因子が使われているだけかもしれません。

このままだと、さまざまな種族の血統因子を組み合わせた最強のサイボーグ兵士が作られる可能性もあります。

おすすめの記事