呪術廻戦167話ネタバレ|物語は伏黒vsレジィ編へ

虎杖と日車の戦いは決し、虎杖はルールの追加を行うことができました。
一方、レジィと遭遇していた伏黒は、死滅回游の真相を聞かされることになります。
背後で暗躍する羂索は、本当に爆弾を落とすなどという手段に出るのでしょうか。

気になる情報がいろいろと明らかになった167話「東京第1結界⑦」のネタバレです。

『呪術廻戦』前回166話のおさらい


渋谷事変での大量殺人を、自らの罪と認めた虎杖。
呪力使用不可になりながらも、「処刑人の剣」を振るう日車に、虎杖は退かず勝負を挑みます。
しかし、日車が持っていた証拠は、その罪は虎杖が犯したものではないことを示す内容でした。
自身の過去を思い出しながら虎杖と戦う日車は、虎杖の真直ぐさに初心を思い出します。
そしてとうとう、日車は術式を解き、虎杖の無罪を認めました。
それでも虎杖は、「でもやっぱり、俺のせいだ」「俺が弱いからだ」と日車に告げます。
弱さを認める虎杖の姿に、日車は心を動かされ、100点を譲ることを承諾します。

日車が思い出した「初心」とは、「人は皆、弱く醜い」「他の生物にはないその穢れこそ、尊ぶべきだと思っていた」というものだったのでした。

『呪術廻戦』167話ネタバレ①|総則追加!点の譲渡が可能に

https://twitter.com/soukatsu_/status/1467524851372118025?s=20

虎杖に譲ったポイントで、日車は次の総則を追加しました。

・泳者は他泳者に任意の得点を譲渡することができる
※これは総則8の「得点の変動」に含まれるものとする

死滅回游では、19日間点に変動が見られないと、術式の剥奪(=死)が確定するという総則がありました。
これを緩和する条件が、追加されたことになります。
さらに、日車は残っていた2点のうちの1点を虎杖に譲渡してくれました。
これによって虎杖も日車も、19日間は術式の剥奪を免れることができます。

ここまでの手続きを終えた日車は、虎杖とは別行動をすることになりました。
「アンタさえ良ければ手伝ってくれないか」と打診する虎杖に日車は、

・余った2点は東京に来る前に殺した一般人から得たものであること
・結界が開けたら自首することを考えていること(それまで自分は何をすべきか考える)
・虎杖といると、ますます自分を嫌いになりそうだということ

という理由を告げて、去っていきました。
「またな」という最後の言葉を信じるのであれば、近いうちに今度は味方として、登場してくれることも期待できるかもしれません。

ちなみにこの流れについては、読者の複雑な心境がよくわかる感想が多く見られました。
「別行動になるなら、日車は当分死なないだろうから嬉しい」という声と。
逆に「これで出番が当分なくなるのは寂しい」という意見の両方が、SNS上ではたくさん上がっていました。

日車が一気に人気を集めたことが見て取れますね。
ぜひ、今後も登場して活躍してもらいたいキャラだと言えるでしょう。

『呪術廻戦』167話ネタバレ②|死滅回游の真実

ここからは、レジィと遭遇していた伏黒の状況が描かれていました。

伏黒の強さを見抜いたレジィは、「死滅回游のことをどこまで知っているのか」と尋ねます。
これに対して伏黒は、天元のことは伏せ、「日本の人間を彼岸に渡し、人ならざる者へ変えるための儀式」と答えました。
この答えを聞いたレジィは驚くことに、「何君、羂索と知り合い?」という言葉を発します。
どうやらレジィは、羂索と関わりのある術者であるらしいことが判明しました。
そしてレジィは、伏黒たちの知る情報が嘘である可能性が高いということを指摘します。
レジィがそのように考える根拠は三つありました。

・プレイヤーの数
・プレイヤーの実力差
・結界のルール

これがどうして根拠になるのかも、レジィはきちんと説明してくれています。

まず、プレイヤーの数について。
プレイヤーの数は、死滅回游全体でおよそ1000人と言われています。
そして、結界の数は全国で10カ所。
均等に振り分けられたとすると、ひとつの結界につき100人程度の術者がいることになります。

次に、プレイヤーの実力差について。
前述の通り、各結界にはだいたい100人ずつの術者がいますが、中には鹿紫雲や日車のような「ズ抜けた強者」がいます。
レジィは、彼らに相当するような力を持つプレイヤーが、それぞれの結界にひとりはいるだろうと推測していました。
鹿紫雲や日車によって60人の術者が脱落したことを考えると、プレイヤーの数はどんどん減っていることになります。

『呪術廻戦』167話ネタバレ③|暗躍する羂索

レジィが指摘した内容に納得できる部分が多いことを、伏黒も感じていました。
総則にあるように「永続」が目的であるなら、状況が膠着してしまうのは避けた方が良いはずのことでしょう。
しかしレジィが言うには、既に膠着状態に陥っている結界もあるようです。
加えて、結界侵入時の転送で命を落とす術者がいる点も指摘していました。
覚醒を促したり、人を散らしたりするためとは言え、それで脱落してしまう人が多いと、これもやはり状況が動かなくなる原因になります。

以上の理由からレジィは、「より多くの術師により長くダラダラ戦ってほしいはず」と考えていました。
実際はそうと言えなさそうであることを踏まえたレジィは、次のように確信しています。

「強者だけがのこった回游に羂索が爆弾を落とし、死滅回遊は役割を終える」

そしてそれを裏付けるかのように、中国と思しき場所で要人たちの前に羂索は姿を現していました。
中国語のセリフを翻訳すると「坐下」は「座りたまえ」、「谢谢你邀请我」は「招待してくれてありがとう」です。

爆弾、はあくまでレジィなりのたとえで、本当の意味での「爆弾」が使用されるかは不明です。
しかし、回游が役割を終えたときの備えとして、レジィは仲間を集め点を貯めておくことを画策していたのでした。

『呪術廻戦』167話ネタバレ④|交渉決裂

https://twitter.com/iam_samuel5/status/1467521956337491978?s=20

目的のため、伏黒を勧誘するレジィ。
伏黒はレジィとその仲間の集めた得点が100点になるのかを尋ねます。
妙な間をあけてから「そりゃあね」と答えるレジィに、伏黒は玉犬をけしかけました。
「オマエらの点全部よこせ。そうしたら仲間になってやらんこともない」
「交渉決裂♡」
こうしてこちらも、戦闘が始まりました。

物陰から突然、謎の男が伏黒を奇襲します。
彼もおそらく、レジィの仲間なのでしょう。
これを伏黒は影を利用して攻撃をかわし、男を建物の外へと放り投げます。
同時に、玉犬はレジィへ襲い掛かりました。
落下する男に鵺で追い打ちをかけ、命は奪わず戦闘不能にした伏黒は麗美に「2度とその面見せるな」と吐き捨てました。

ところがレジィは、この一連の動きで伏黒の目的を素早く察知します。
「ぬるいと思ったら殺せないのか。俺たちの持ち点欲しいもんね」
確かに、術者を倒して点を得るより、彼らが既に持っている得点を譲ってもらう(奪う)方が便利です。
しかしその伏黒の目的を「殺す気でやんないと、死んでから後悔するよ」とレジィは冷たく笑うのでした。

次の瞬間、建物の外に出現した眼球が爆発。
周囲に轟音が響いたところで、今回は幕引きになりました。

『呪術廻戦』167話の感想と考察!

いかがでしたか?

読者の想定よりもだいぶ狡猾なキャラであるらしいことが判明したレジィ。
今回のラストで起きた爆発は、何だったのでしょうか。
目玉、というのが何より気になりますよね。
あの場に居合わせた誰かの術式だったのか、それとも、伏黒の援軍にあたる人物の登場を示しているのでしょうか。

中国で暗躍していた羂索の動向も不穏でしたね。
死滅回游のことはもちろん、額の縫い目の変化に多くの読者が気づいていました。
虎杖母の額に見られた縫い目痕に、似てきていることがやはり気にかかりますね。
縫い目の変化が示すのは、いったい何なのでしょうか。
中国で羂索は、何をしているのでしょうか。
「そもそも、今回登場したのが本物の羂索かどうかもあやしい」という考察をしているファンもいます。
レジィの考えていた回游の真相といい、まだまだ謎が隠されていることは確かなようですね。

そして何より気になるのが、伏黒の安否です。
彼は、レジィに勝つことはできるのでしょうか。

いよいよ、映画の公開も間近に迫っている呪術廻戦。
本誌の展開からも、目が離せませんね!


おすすめの記事