『呪術廻戦』166話!最新ネタバレと考察|日車戦決着!虎杖、無罪!
スポンサーリンク

呪力使用不可、そして渋谷事変での殺人についての追及。
日車戦にて虎杖は追い詰められる一方でした。
しかし、日車にもまた虎杖の頑丈さを認めるなどの変化が見られました。

ジャッジマンが言い渡した極刑宣告は、どのような効果を発揮するのでしょうか。
そして日車は、その極刑を執行してしまうのでしょうか。

100点を賭けた戦いがついに決着する166話「東京第1結界⑥」のネタバレです。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』前回165話のおさらい

呪力を封じられた虎杖は、日車の猛攻に対し防戦一方になります。
そして日車も、虎杖が並外れて頑丈であることを把握し、本気で潰しにかかりました。
状況を打開する方法を考えた虎杖は、日車の術式が「裁判」であることから手がかりをつかみました。

「もう一回、やり直しだ!」

これにより、局面はもう一度裁判となり、呪力使用不可という状況が改善されるかと思われました。
しかし、現実の裁判とは異なり、ジャッジマンは「渋谷事変での大量殺人」という違う罪の疑惑を提示します。
虎杖はこれを「自分がやった」と認め、ジャッジマンは虎杖に対し極刑を宣告しました。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』166話ネタバレ①|「処刑人の剣」

今回の呪術廻戦は、日車の回想から始まりました。
司法修習生だったころ、日車は検察官や弁護士ではなく、裁判官にならないかと打診されていたのです。
日車がこの提案を断り、弁護士となった理由も今回明かされていました。

場面は現代に戻り、虎杖との死闘の続きが始まります。
前回、疑いを素直に認めた虎杖には、極刑宣告がされていました。
今回は日車による弁護が始まるものだと、多くの読者が予想していたところです。
しかし、ジャッジマンが下した「有罪」は、確定してしまっているようでした。
おそらく、疑いをかけられたものが罪を認めた場合、日車の反論を挟まずに罪が確定する、ということなのでしょう。
そして、虎杖が言い渡された「没収」を付加された「死刑」は、ジャッジマンが科す最も重い罪であることも判明しました。
さらに日車には、「処刑人の剣」という武器が与えられます。
これは、斬られたものは例外なく、必ず死に至るという強力な武器でした。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』166話ネタバレ②|眩しい虚無

罪を認めた虎杖と対峙しながら、日車の自問は続いていました。

「人の心に寄り添う」
「それは人の弱さを理解するということだ」
「被害者の弱さ 加害者の弱さ」
「毎日毎日毎日毎日」
「ずっと食傷だった」
「醜い。他人に歩み寄る度そう思うようになってしまった」

弁護士になってからの、日車の苦悩が見て取れますね。
「食傷」は、「同じものが続いて食べ飽きること」という意味の言葉です。
同時に「何度も何度も同じことが起きて、飽き飽きしてしまうこと」という意味も持っています。
罪を犯した人間に深く関わらなくてはならないのが、弁護士の職務の特徴ですよね。
164話で日車自身が発言していた「皆真実を述べるなら、裁判など必要ない」という言葉を改めて噛みしめた読者も見られました。
少しでも自分にとって都合の良い結果が出るように、嘘を吐いたり認めなかったり、そういう人間を日車はたくさん見てきたのでしょう。

だから日車は、虎杖に向けてこう言い放ったのです。
「明かりを灯したところで!!」「また眩しい虚無が広がっている!!」と。

『呪術廻戦』166話ネタバレ③|証拠の中身

再び、場面は日車の回想へと移ります。
裁判官にならなかった理由は、「出世に興味のない自分には向いていません」と言っていた日車。
司法修習生だったころの日車は、他の生物にはない人間だけが持つ「穢れ」を尊ぶべきだと思っていたのでした。
ごまかしたり、言い逃れをしようとしたり、そういうことをする生き物だからこそ尊ぶべき。
それが日車の考え方だったのですね。

一方で虎杖は、大量殺人という重い罪を認めました。
が、日車はこれは虎杖の仕業ではないことを知っていたのです。
ジャッジマンから提出された証拠の情報は、開封前から術師である日車には共有されていることが判明しました。
そして、今問われている渋谷事変での件における証拠は、「宿儺について」というもの。
日車は証拠を通して、虎杖の中に「両面宿儺」という「悪魔」がいることを知っていたのでした。
当然、渋谷の件は宿儺が行ったものであることも、証拠から把握しています。

「オマエは殺してない!!」

にもかかわらず、罪を認めた虎杖に対し、ついに日車は術式を解きました。
この瞬間、虎杖の痛烈な一撃が日車に入ります。
まともに攻撃を受けた日車は、文字通り吹っ飛ばされました。

『呪術廻戦』166話ネタバレ④|決着!日車、100点を譲渡

「無罪だ。君に罪はない」

虎杖に吹っ飛ばされた日車は、「刑法39条1項だ」と言いだします。
宿儺に肉体を乗っ取られていた虎杖は、「制御能力を欠いた」状態であり、「心神喪失」であるとみなしたのです。
当然、自発的に制御能力を放棄したわけでもないことを日車は見抜いていました。
よって、無罪。
虎杖の無罪を日車は認めたのです。
それが、術式を解いた理由でした。

ちなみにこの場面は、多くの読者から「この展開を待っていた!」という声が上がった場面でもありました。
「やったの宿儺じゃん」「漏瑚が一気に大量の指を飲ませたからでしょ」という声は、先週の時点で多く見られた反応です。
このため、虎杖の無罪を信じていた読者たちは、今回のこの展開に大歓喜でした。
SNS上でも、そう言った反応を多く確認することができました。

しかし、それでも虎杖は「でもやっぱり、俺のせいだ」と言っています。
原因は自分の弱さにある、と言う虎杖に、日車は「初心に還った」と返します。
やはり、虎杖の言うような「弱さ」を持つ者の側に立つことが、日車が弁護士を志した理由だった、ということなのでしょう。
そして、そんな虎杖に日車は「100点をやる」と告げています。
虎杖の真っ直ぐな性格が、日車の心を動かした結果が出た形になりました。

『呪術廻戦』166話の感想と考察!

いかがでしたか?

日車戦が決着し、虎杖は日車が取得した100点を使わせてもらえるようですね。
今回はそれだけでなく、虎杖の理解者がひとり増えたということも大きな前進になりました。
しかもその人物が、呪術の才能のある大人であるということも大きなポイントですね。
そして、弁護士という肩書を持つ人物が、虎杖の無罪をはっきり宣言してくれた点も重要と言えるでしょう。
日車がこのまま虎杖の味方として行動してくれれば、死滅回游の攻略も少しは楽になりそうですね。

ただ、日車戦は決着しましたが、気になることはまだまだ残っています。
まずは、伏黒の安否ですよね。
麗美の策略でレジィと遭遇した伏黒は、今どうしているのでしょう。
虎杖たちよりも先に結界に入っていた乙骨の動向も気にかかります。
同じく、別行動をしている秤とパンダも今どうしているのでしょうか。

次号休載とのお知らせがあったものの、まだまだ死滅回游編からは目が離せそうにありません。
休載を挟んでの次回に描かれるのは、いったいどのようなエピソードなのでしょうか。

今後もとても楽しみですね!

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事