呪術廻戦ネタバレ216話|浴の完了!次の標的は伏黒津美紀!!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

家宝とする器物を呪具化する儀式だった“浴”。
用いるものを呪霊とすることで、宿儺の肉体を完成させる儀式とされたことがわかりました。

それによって、より深く伏黒の自我が沈められてしまったことも判明します。
さらに完全に伏黒の自我を沈めるため、宿儺は伏黒津美紀の破壊を画策。

彼女を器とし、蘇った術師・万と戦う運びになりました。
舞台は、仙台。
烏鷺と石流は呪いの王の到来を察知します。

石流のあまりにあっさりした退場も話題になった216話「浴」のネタバレです。

呪術廻戦前回215話のおさらい

到着した真希とともに、宿儺に猛攻をかける虎杖。
宿儺の方でも、真希がタダモノではないということは察知したようでした。
そして真希も、軽口を叩きつつ宿儺の強さを実感します。

肉体最強のふたりが本気で挑んでなお、宿儺の余裕は崩れず、形成も優位なまま。
宿儺は虎杖に向かい、またしても「つまらん」とまで言い放ちます。

そこへ裏梅まで到着し、最大出力の霜凪によって真希と虎杖は氷漬けにされてしまいました。

裏梅が宿儺を迎えに来たのは、準備が完了している“浴”を行う場所へ、宿儺を案内するため。
宿儺の方も、肉体を完成させるための“浴”を行おうとしていました。

鵺で飛び去るふたりを、凍結から脱け出した虎杖は追いかけようとします。
その表情を見下ろし、嘲笑う宿儺と裏梅。

虎杖は宿儺の勝ち逃げを許す形となり、宿儺は完全体となるべく動き出してしまいました。

呪術廻戦ネタバレ最新話216話の考察

呪術廻戦ネタバレ最新話216話の考察|羂索がポイントを欲する理由

宿儺と裏梅を仙台に送り届ける際、なぜか「ポイントちょーだい」と発言している羂索。

憶測の域を出ませんが、これはもしかすると「死滅回游を終わらせる」ために必要だからではないでしょうか。
これまでにも、死滅回游には裏ルールや総則にない条件などが、いくつも登場しています。

羂索にのみ適用される「ゲーム終了」の必要条件が、ポイントであっても不思議はないように思われませんか?
かつてレジィ・スターが言ったことが、案外真実なのかもしれないという気がしてきますね。

もちろん、並大抵のポイントではゲーム終了はできないものと想定されます。
そうなると、多くの得点を持っている者……鹿紫雲や乙骨が危険なのではないでしょうか?

些細な発言ひとつで複数の波乱と不安を予感させるあたり、非常に羂索らしいとも言えますね。

呪術廻戦ネタバレ最新話216話の考察|「オマエはつまらんな」の本当の意味

ことあるごとに、虎杖に向かって「オマエはつまらんな」と言い放つ宿儺。
ずいぶんと虎杖に対して当たりが強いというか、虎杖への態度だけ特徴があるように感じられます。

そもそも、虎杖の何が「つまらん」のでしょうか。
ファンブックによれば、宿儺に特に嫌いなものはなく、自分以外どうでもいいと感じているようです。
殊更に虎杖を嫌悪する理由がのちのち生じたのでなければ、「つまらん」の真意はなんなのでしょうか。

考えられることとしては、「虎杖がいわゆる“宝の持ち腐れ”な戦い方をしている」点でしょう。
虎杖は、割と自分を大事にしていないところが多く、おそらく自分の個性や能力も生かし切れていません。
呪力や呪いに関してもまだまだ理解が甘く、せっかく五条に特訓されたにも関わらず未熟なままです。

こういった虎杖の要素や性質を指して、宿儺は「つまらん」と言っているのかもしれません。

呪術廻戦ネタバレ216話

呪術廻戦ネタバレ216話|羂索の爆弾発言

https://twitter.com/takahawk9/status/1634955444975464450?s=20

冒頭でいきなり「死滅回游を終わらせる」と言い出す羂索。
何でも、「天元と人間の超重複同化」は、死滅回游を終わらせないと実行できないのだそうです。

しかし、もともと死滅回游は永続するように作られたものでした。
裏梅の口から、「羂索がそう作った」と語られていますから、これは間違いのない情報でしょう。

羂索曰く、「永続するゲームを終わらせる」という無理難題の縛りを自分自身にかけることで、死滅回游という理不尽なゲームを成立させていた、とのことです。

完全に理解するのはだいぶ難しい理屈ですよね、これ。
ですが、そのおかげで把握できた事実もあります。

「死滅回游という複雑なルールのあるものは、非術師には理解が難しい理屈で成立していた」
「羂索ほどの術師が、超難解な縛りを課さなくてはならないほど複雑かつ難しい理屈で死滅回游は動いている」

という点です。
参加しているにすぎない泳者たちが、終わらせようとすること自体が不可能な作りであるとも解釈できますね。

さて、肝心の終わらせ方ですが、裏梅が興味なさすぎたようで、言及されていません。
そもそも、羂索が死滅回游の終了より優先して裏梅たちに同行したのには理由がありました。

肉体を完成させる儀式である“浴”。
それを見物するために、どうやら禪院家に来たようです。

呪術廻戦ネタバレ216話|“浴”の詳細と目的

本来“浴”は、「家宝として秘蔵する器物を、外敵から守るために呪具化する」ための儀式とのこと。
蠱毒で厳選された生物を濾し潰すことで得られる呪力の溶液に器物を漬けこむ儀式だそうです。
期間は、十月十日。
妊娠期間と同じだけの月日を要するあたり、生まれ変わらせる儀式という意味合いがありそうに思われます。

ちなみに「蠱毒」は、古来から伝わる有名な呪法です。
中国より伝わったとされ、壺などに複数の毒虫や肉食昆虫を入れ、密閉して放置。
数日後、生き残ったものを用いるという強力な呪詛です。

これを呪霊で再現し、抽出した溶液に浸かること。
それが、宿儺の言う「浴」でした。
その目的は「器の自我をより深く沈める」ため。

器を魔に近づけることにより、伏黒恵の魂(自我)をより深くへ沈めるのだそうです。

呪術廻戦ネタバレ216話|次の標的

浴を終えた宿儺が真っ先に探したのは、万の居場所でした。
飛び去った彼女は仙台に出向いたことが判明します。
なんでも、仙台(会津)は万の故郷とのこと。
1000年ぶりに受肉したら、真っ先に故郷を訪ねてみるのが人の常……。
だそうですうが、羂索の発言ですから、少々信ぴょう性に欠けますね。
裏梅や宿儺も、同じような反応を示しています。

羂索に言わせれば「万の片思い」でしかない戦いに、宿儺が応じるのには理由がありました。

伏黒津美紀の破壊です。

万の器となっている津美紀を破壊することで、伏黒恵の自我を完全に沈めようとしているのです。

呪術廻戦ネタバレ216話|呪いの王、仙台に到着

仙台結界にて。
宿儺の到来を、烏鷺と石流は即座に察知していました。

「スイートが過ぎる」と息をのむ石流。
「呪いの王が来た」と呻き、頭を抱える烏鷺。

強烈な存在感に、烏鷺たちほどの実力者すら圧倒されています。

そんな宿儺と、遭遇する形となった石流。
「三枚に卸すつもりだった」という宿儺の斬撃を、一度はかわしました。

しかし、グラニテブラストを放つ暇もなく、次の宿儺の攻撃で石流は倒れます。
乙骨と互角以上の戦いを見せた石流ですら、宿儺の前では足止めにすらなれませんでした。

待ち構えていた万は、「そっちの子にしたのね」と、宿儺が器を変えたことを察知しているらしい発言を見せます。
宿儺も宿儺で、「こちらの方が面がよかったものでな」と軽口を返しますが、空気は緊迫していました。

宿儺vs万の戦いがいよいよ始まります。
しかし、双方の器は伏黒恵とその姉の、伏黒津美紀です。

まさに悪夢、と言うしかないような戦いは、いよいよ次回から本格的に開始となります。

呪術廻戦ネタバレ216話のまとめ

いかがでしたか?

以前から詳細情報を気にしている読者の多かった“浴”がいよいよ明らかになりましたね。
大方の予想通り、蠱毒が絡む儀式でしたが、本来は器物に用いる儀式であるという点が引っかかる印象でした。

伏黒の肉体を器物と見なし、呪具化することで、宿儺に最適化した器にする。
そういう意図が込められているようにも思われてなりません。

その陰で、しれっと爆弾発言をするあたり羂索らしいと言わざるを得ませんね。
死滅回游に関しては、どうやらレジィ・スターの読みが的中していたようです。

そして、忘れたと思われていた万も、宿儺と戦うことになるようです。
しかしあくまで、宿儺が重要視しているのは器の津美紀というあたり、万の扱いというか、強さも想定できそうな感じです。

注目したい宿儺vs万戦ですが、これが終わったらますます伏黒の救出は絶望的になりそうな気しかしないのですが、どうなのでしょうか。

おすすめの記事