呪術廻戦178話ネタバレ|リカちゃん、完全顕現!!

ついに完全な姿を現した「リカちゃん」。
乙骨の本領はここから発揮されると言って差し支えないほど、強力な存在でした。
形成は瞬く間に逆転され、烏鷺も石流も押され始めます。
しかし、彼らにも奥の手はありました。
勝負はとうとう、領域による術式合戦へともつれこみます。

乙骨が本気を出す第178話「仙台結界⑤」のネタバレです。

『呪術廻戦』前回177話のおさらい

漠然とした渇きを抱え続けて来た石流。
彼は乙骨こそが、その渇きを満たしてくれるのではないかと期待します。
乙骨もまた、石流が高い実力を有した術師であることを感じ取っていました。
そこへ烏鷺も乱入し、相手ごと捉えた「面」を破壊する「宇守羅彈(うすらび)」で乙骨を攻撃します。

立て続いた強者との戦い、そして連続使用した反転術式により、乙骨にもいよいよ限界が訪れたかのように見えました。

しかし、乙骨にはまだ「使っていないもの」がありました。
スタジアムで非術師を守るよう指示を出していた「リカ」です。
しかし、烏鷺も石流も民間人を巻き込むことにためらいがないことを承知していたため、乙骨はスタジアムから離れた場所で戦おうとしていたのでした。
二人の実力を把握した乙骨は、それが不可能であることを悟ります。
そしてとうとう、乙骨は「彼女」を呼んだのでした。

「おいで、リカ」「全部だ」

『呪術廻戦』178話ネタバレ①|「リカ」、完全顕現

姿を現した「リカ」を前に、烏鷺も石流も動揺を隠せません。
烏鷺は、「リカ」が完全顕現したことで、乙骨が今まで全力を出していなかったことを把握しました。
石流は、乙骨自身の呪力が再び湧いていることを不審に思います。

そんな二人をよそに、「リカ」は無邪気に乙骨に問いかけました。
「憂太」「どれにする?」
言いながら彼女が乙骨に示したものは、体内に格納されていたたくさんの武器でした。
おそらくは呪具だと考えられます。

そして、長らく謎だった「リカ」の正体も判明しました。
折本里香が成仏したあと、乙骨に残された『外付けの術式と呪力の備蓄』が「リカちゃん」の正体だったのです。
指輪を通して接続することで、乙骨は以下の三つを行うことができるようになります。

・術式の使用
・「リカ」の完全顕現
・「リカ」からの呪力供給

石流が感じ取っていた呪力は、「リカ」から乙骨へ供給されたものだったんですね。
そして、177話ラストで乙骨が嵌めていた指輪は、この三つを可能にするためのものでした。

ただし、指輪を嵌めている間はこの行動を永続して行えるわけではありません。
接続可能時間は、五分間のみだからです。
つまり、「リカ」と共に乙骨が全力を出せるのは、五分間しかないということですね。
この限られた時間内で、石流と烏鷺の両者との決着をつけなくてはならないのです。

『呪術廻戦』178話ネタバレ②|形勢逆転

まずは烏鷺をターゲットに定めた乙骨。
迎え撃つ気満々の烏鷺でしたが、乙骨の呪言に足を止められます。
蛇ノ目と牙の印を目にし、咄嗟に耳を塞いだものの、呪言はその程度で防げるものではありません。
乙骨と「リカ」に挟み撃ちにされた烏鷺は、拳の乱打を浴びてしまいます。
吹っ飛んだ烏鷺を、「リカ」の補助で乙骨は追います。

そこへ、石流がグラニテブラストで乱入してきました。
砲撃を弾いたものの、「リカ」は怒りをあらわにします。
この攻撃を弾いた「リカ」が、乙骨かそれ以上に硬いことを石流は察知しました。

怒る「リカ」に殴り飛ばされるも、しっかり石流は殴り返します。
想定外の存在である「リカ」の出現をも、彼は楽しんでいるように見えました。

「まだまだ食べ盛り!!」
「モリモリいこうか!!」

『呪術廻戦』178話ネタバレ③|烏鷺の過去の一部が判明

https://twitter.com/jyujyushiro46/status/1504838913407733763?s=20&t=wZeqJjJCRib9FdOjhSj10w

髪を媒介にした新たな式神を捌きながら、烏鷺は乙骨へとこう叫んでいました。
「いつだって藤原(オマエら)だ!!私の道を阻むのは!!」
「そんなに恐ろしいか!!」
「私が何者かに成るのが!!」
このように烏鷺が言う背景には、彼女の過去が関係していました。

もともと彼女が所属していたのは、「藤氏直属暗殺部隊 日月星進隊」です。
それは、滅私奉公を強いられ、闇に生き、名を持つことさえ禁じられた者たちでした。
要するに、個別の名前を持たずに藤氏に尽す存在であれ、とされてきた者たちだったんですね。
もちろん、烏鷺もそのひとり(というか、隊長)でした。
彼女が「烏鷺亨子」という名前を得たのは、同族殺しを犯した人物がいたからです。
その人物は、自分の身代わりとして処刑させるために、直属暗殺部隊の隊長に「烏鷺亨子」という名を与えた、ということでした。

以前、烏鷺が言っていた「一度目の人生に悔いのない者が、やり直しを望むはずがない」という主旨の発言の背景が、少し理解できる情報でしたね。

さて、口上を述べる烏鷺ですが、乙骨の放った式神が描いた軌跡が、そのままダメージとして傷を負わせてきたことで「あること」に気づきもしました。
式神の軌跡が領域となるこの術式は、乙骨に倒された仙台四強のひとり『ドルゥヴ・ラクダワラ』のものでした。

他人の術式を使う乙骨を見たことで、烏鷺は「乙骨の術式は模倣(コピー)である」と判断したのでした。

『呪術廻戦』178話ネタバレ④|領域展開

乙骨vs烏鷺の戦いに、「リカ」vs石流も合流します。
再び、自分のために生きることを否定する言葉を、乙骨は烏鷺に投げかけました。
しかし、烏鷺はその言葉を受け入れられません。
「誰かのために生きろ」
「何者にも成る必要はない」
彼女はずっとそのように言われ続け、挙句命を落としたからです。
そして、かつて烏鷺にそう言い続けていたのは、「何者かに成った者」でした。
乙骨と烏鷺、両者の主張はそれぞれ、相手に届きそうにありません。
そのやりとりを遮ったのは、石流が自身の胸を叩く音でした。

この局面において、言葉でのやりとりよりも彼らがぶつけ合うべきは他にある。
それこそが「領域展開」でした。
烏鷺、乙骨、石流の三者は、同時に領域展開を発動します。

領域同士のぶつかり合いは、より洗練された領域が競り勝つものでしたね。
果たして、この戦いを制すのは、誰なのでしょうか。

『呪術廻戦』178話の感想と考察!

いかがでしたか?

乙骨の(ものとと思われる)術式の登場、そして「リカ」の正体判明など、読者が気になっていた内容がだいぶ判明しました。
一方で、烏鷺の1度目の人生の悔いも、その一部が判明しましたね。
彼女が2度目の人生を、自分のために生きたいと強く思う気持ちも、理解できるものでした。
それを受け入れられない乙骨と、そんな乙骨に苛立つ烏鷺の対比も興味深いです。
また、悔いを残している烏鷺と、特に悔いのない石流という構図も面白いですね。
術式以外にも、キャラクターの主張や思いが感じられる展開となっています。
そのためツイッターなどのSNSでも、仙台結界の戦いの注目度が高まっている様子が見られました。
もちろん、特に注目されているのは乙骨です。

今回、いくつかの情報が明らかになったとは言え、疑問や新たな謎が浮上していることも事実です。
特に乙骨については、「模倣」が本当に彼の術式なのかを疑問視する読者が多く見られました。

物語の行方はどうなるのでしょうか。
そして新たな謎はいつ解けるのでしょうか。

次回以降を楽しみに待ちたいですね。


おすすめの記事