呪術廻戦177話ネタバレ|リカ解禁のフラグが立った!!

近接戦闘に持ち込んだものの、石流の攻撃力は高く、乙骨は苦戦します。
さらに烏鷺まで戦いに加わり、乙骨も石流もダメージが蓄積していく展開になりました。
石流が戦う理由も判明するなかで、消耗した乙骨は、ついに『リカ』を使う決意をします。

いよいよ事態が大きく動く予感が高まる第177話「仙台結界④」のネタバレです。

『呪術廻戦』前回176話のおさらい

「空間を面としてとらえ、捻じ曲げる」という烏鷺の術式に、翻弄される乙骨。
烏鷺の目的は、「2度目の人生」というチャンスを生かすことでした。
自分のために必死になって戦う烏鷺の考え方を、乙骨は理解できません。
そんな乙骨に烏鷺も怒りをあらわにします。
そこへ突如、砲撃が加えられます。
様子を見ていた石流が攻撃してきたのでした。
乙骨は、石流の民間人を巻き込むことにためらいのない姿勢を、烏鷺は泳がせておく必要のなくなった石流を、それぞれ排除する方向で動き始めます。
一方の石流は、「グラニテブラスト」という砲撃タイプの術式を駆使し、乙骨と烏鷺へ攻撃を加えます。
しかし、石流の隙をついた乙骨が、距離を詰めることに成功。
乙骨vs石流の、近接での戦闘が始まります。
また、攻撃を回避した烏鷺は一時的に姿を消し、乱入のタイミングを見計らっているものと思われました。

『呪術廻戦』177話ネタバレ①|内心を語る石流

石流もまた、「2度目の人生」を得た術師であることが判明します。
1度目の人生で石流は、「一見『何の不満もない人生』を送った」ことを告白しました。
骨のある相手との戦い。
素敵な異性との出会い。
どちらも手に入れていたことを、石流は乙骨に語ります。
「正直、悔いが残るかって言われるとそうでもねぇ」
石流自身は、自分の人生をそのように評価していました。

176話で語られた、烏鷺の戦う理由とは対照的ですね。

では、そんな「特に悔いのない」人生を送った石流は、なぜ回游に参加したのでしょう。
彼はその人生に、「漠然とした渇き」があったと言っていました。
皆が「何が不満だ?」と言いたそうな顔で見てくるほど、充実していたように見える石流の人生には、欠けていたものがあったのです。

それは「デザート」でした。
石流なりの表現ですが、これはつまり先ほど出てきた「漠然とした渇き」を満たしてくれるもの、という意味ですね。
彼が求めていたのは、「腹八分目」の満足ではなく、満腹になること・充足感ことだったということです。

『呪術廻戦』177話ネタバレ②|押され始める乙骨

次の瞬間、乙骨と石流の拳の打ち合いが始まりました。
お互い、膨大な呪力量を持つ者同士の殴り合いです。

乙骨は、石流の呪力出力の高さと、瞬発力が高いことに気づきます。
キレの鋭い石流の攻撃は、ちゃんと防御しないと乙骨ですらダメージを受けるほどの攻撃力を誇っています。

石流は、乙骨の呪力総量の多さと、それに裏付けされた耐久力を感じ取っていました。
自身の火力で殴っても、なかなか乙骨にダメージが通りません。
その状況を石流は、まるで巨大な水槽をノックしているようだ、と感じていました。

「何が、不満かって?!」
「満ちてねぇから不満なんだろ!!」

このように思っている石流は、乙骨が自分のデザート、つまり「漠然とした渇き」を満たしてくれる者であることを期待します。
弾き飛ばした乙骨を追いかけた石流は、容赦なく「グラニテブラスト」を叩きこむのでした。

『呪術廻戦』177話ネタバレ③|「宇守羅彈(うすらび)」

グラニテブラストを、素手で乙骨は弾きました。
そのまま殴り掛かるも、押し返された乙骨は空へ放り投げられます。

そこに突如、烏鷺が姿を現しました。
彼女が狙っていたのは「人物(乙骨)」ではなく「空の面」を叩くことです。
相手ごと、捉えた「面」を、薄氷を割るように破壊する烏鷺の技、「宇守羅彈(うすらび)」で、乙骨は付近にあった建物に叩きつけられました。

戦いに水を差された形となった石流は、当然烏鷺に攻撃を加えます。
しかし、同じ要領で空間を捻じ曲げた烏鷺は、石流の砲撃をそのまま石流本人へと打ち返しました。

自身の技を受けてなお、石流は余裕そうな表情を見せます。
しかし、ダメージは確かに蓄積している様子も確認でき、どこまで「本当に余裕」なのかは判別できません。

烏鷺の介入によって、乙骨も石流も一気に形勢不利へと追いやられました。

余談ですが、ここで烏鷺と石流がそれぞれ相手を罵った言葉は、なかなか衝撃的な内容でした。
特に烏鷺は、以前に描かれた様子からも、口の悪さが見て取れます。
烏鷺本人の性質によるものなのか、器となった人物の影響なのかが、少し気になるところですね。

『呪術廻戦』177話ネタバレ④|「おいで、リカ」

連戦の乙骨は、ダメージの蓄積がかなり大きくなっていました。
強敵と戦う中で、反転術式を使っていたことも要因です。
石流は乙骨の「底」が見えたと感じていました。
おそらくは烏鷺も同様でしょう。

石流はこの状況に立たされた乙骨を、「閉店間際のスッカスカのウインドウ」になったケーキ屋に例えていました。
満足のいく結果を得られる相手ではなさそうだ、と判断したということですね。
その石流の思いは、「オマエじゃなかったのか」という言葉に現れていました。

強者ふたりを前にした乙骨は、ある決意を固めていました。
積極的に一般人を狙いはしないものの、巻き込みに躊躇のない石流。
得点の区切りから、術師とのみ戦っているのであろう烏鷺。
この2名を同時に相手にするにあたり、乙骨には思惑がありました。
民間人のいるスタジアムから、距離を取ることです。
しかし状況は、それを許してくれないということを悟り、乙骨は「ある決断」をします。

「おいで、リカ」「全部だ」

ついに乙骨は、リカを使う決意を固めたのでした。
次回はとうとう、長らく謎に包まれていた「リカちゃん」が動きます。

『呪術廻戦』177話の感想と考察!

いかがでしたか?

悔いがあったからこそ戦う烏鷺と、特に悔いはないけれど「渇き」を満たしたい石流。
どちらの術式も強力であり、乙骨ですら簡単に倒せない相手であることが、週を追うごとに確認されます。
特に烏鷺の術式は、防御からそのまま攻撃に転じることもできる性質を持っています。
攻守を同時に担うことのできるこの術式を、攻略するにはどうしたらよいのでしょうか。

そして今回のラストでとうとう、「リカ」の登場が確定しましたね。
劇場版で活躍し、成仏したはずの「里香ちゃん」と、本編に登場した「リカちゃん」には、どのような関連があるのでしょうか。
「特級禍呪怨霊」であり、「呪いの女王」とも呼ばれた「里香」と、同じ名前で呼ばれている「リカちゃん」について、これまで説明はありませんでした。
また、乙骨が「全部だ」と言っていることも気にかかります。
これは、「リカちゃん」が全力を出すことを意味しているのでしょうか。
それとも、他の何らかの意味を持つ言葉なのでしょうか。

気になる次回、ついに「リカちゃん」の全貌が明らかになります。
乙骨は、そして石流と烏鷺がどうなるのか、ぜひ見届けましょう。


おすすめの記事