ヒロアカネタバレ387話|荼毘を止めるため、轟冷が参戦!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年5月8日発売の週刊少年ジャンプ24号に掲載の「僕のヒーローアカデミア」第387話のネタバレをご紹介します。

ヒロアカネタバレ387話

ヒロアカネタバレ387話|Mr.コンプレスは生きていた!

Mr.コンプレスは自らの個性を使用し死柄木を助けるため大けがをした状態で、捕まっていました。そんなMr.コンプレスの生存状況が、今回で明らかになります。

生死が心配されていましたが、異能解放戦線幹部の外典と拘束された状態で外典が語る氷叢一族に関する話を聞いている様子が描かれていたのです!

Mr.コンプレスが生きていて、一安心しましたね。さらに今回で新たな情報も明らかになりました。お互いに特殊な一族出身である外典とMr.コンプレス…

外典の氷叢一族に関する話から、轟冷と遠い親戚にあたる人物であることも判明したのです!

ヒロアカネタバレ387話|荼毘VSエンデヴァー

群訝山荘跡に場面は変わります。ここではエンデヴァーとそれに迫りくる荼毘の様子が描かれます。エンデヴァーの右腕はいつのまにか灼けてなくなっていました。

AFOとの戦いでそのほかの部分もボロボロな状態です。一方荼毘の方はもう意識がなく、子どもの頃に発していた言葉を叫び続けながら自らを燃やし個性を出し続けています。

高温な状態でエンデヴァーに突っ込む荼毘。エンデヴァーまでも容易に灼いてしまう熱を身にまとっていながら、荼毘はなぜここまで保ってこられた理由が判明します。

なんと荼毘の心臓に母親である冷の個性が発動していたのでした。荼毘自身の大爆発を止めることができないと判断したエンデヴァー。

一人で死なせないため・他の人を巻き込ませないために荼毘を抱え上空へ飛び立とうとします。

ヒロアカネタバレ387話|轟冷が参戦!

上空へ飛び立とうとするエンデヴァーですが、疲労困憊と大けがの状態の為すばやく上昇することができません。それどころかとうとう荼毘自身に亀裂が入り始めます。

大爆発寸前・絶体絶命となったその瞬間、なんと母親である轟冷が参戦してきます。驚きを隠せないエンデヴァーですが、冷は火傷を負いながらも荼毘に個性を使用するのでした。

ヒロアカネタバレ387話まとめ

今回のヒロアカでは、轟家の母親である冷が登場しました。自滅寸前の荼毘を救えるのは、冷の個性しかないでしょう。

物語は終盤に差し掛かってきていますね。全員が笑って終わる未来は待っているのでしょうか。ヒロアカがハッピーエンドで終わらなかったら、全読者が病んでしまいそうですね。笑

来週のヒロアカも楽しみです。

おすすめの記事