BEASTARS
出典:アニメ「BEASTARS」公式サイト

本記事では、12月5日に放送されたアニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第9話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

前回第8話では隕石祭準備中に停電になり、ハルの身を案じて暗闇の中探しに行くレゴシ。草食動物は暗闇で目が利きません。怖がるハルはルイの名前を呼んでレゴシに抱き着くという内容で終わりました。

ハルへのどうしようもない恋心を自覚し始めたレゴシ。草食動物と肉食動物の恋は聞いたことがありません。しかし日を追うごとにハルへの気持ちは強く、そして確かなものだと確信に変わっていきます。しかし、ハルとルイの関係、そしてお互いが思い合っていることも気づき始めます。

アニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第9話のネタバレあらすじ

いよいよ明日は隕石祭。学校中は準備で大忙しです。そんな中、レゴシはハルへの想いを諦めることにします。

停電の時にレゴシはハルの気持ちを知ってしまいました。ハルとルイの関係を邪魔しないために、自分は身を引くことを決意。玉砕を覚悟で最後にハルに告白することを決心し、明日の隕石祭で待ち合わせをしようと約束を取り付けます。ところがハルが肉食動物に攫われてしまいます。

ハルを襲ったのは「シシ組」という反社会組織。警察や市長も見て見ぬ振りをする協力な組織でした。

アニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第9話のネタバレ

ネタバレ①レゴシのハルへの気持ち

肉食獣が草食動物の学生を襲った事件から時は流れ、隕石祭の準備に学生たちは大忙しです。そんな中、前回の8話では突如停電になりレゴシはハルを探しに行きます。

しかしハルは暗がりの中レゴシをルイと勘違いして抱き着くのでした。ハルの無事が何よりだと声をかけるレゴシでしたが、彼は全てを悟りました。二人が思い合っていること、そして草食動物と肉食動物はやはり相容れない関係であるということ。

レゴシは全てを分かっている中でハルに思いを告げに会いに行きます。しかしハル自身も先日の自分の失態を前に気まずさを感じているのでした。レゴシの言う好きというワードを聞こえぬ素振りをして、違う話に切り替えようと避けるハルですが、レゴシはハルの腕を掴んで真剣な眼差しで説得します。

自分は無害でありたいから二人の邪魔はしないし、1回しか言わないからしっかり思いを聞いて欲しいと。そして明日、隕石祭の当日に同じ場所で会おうと約束を取り付けるのでした。
しかしレゴシと別れた直後、ハルは誘拐されてしまいます。

ネタバレ②誘拐されたハルと「シシ組」について

ハルが誘拐されたことは生徒の一人が発見し、警察に連絡しようとしますが、通りかかった市長に全て私に任せなさいと言われその場を任せます。生徒も安心して市長に一任しますが、ハルを攫った犯人が「シシ組」であると気づいた市長は逆らわないことが一番の選択だとこの事件自体を黙殺します。

「シシ組」と呼ばれるこの組織はライオンによる反社会組織です。警察もシシ組の犯行には手を焼いている様子で、市長もシシ組については避けて通っているようです。

また、次期ビースター候補のルイに市長は声をかけます。シシ組には関わるな、関わらなければお前の過去をなかったことにしてやると共犯者に仕立て上げます。ルイ自身、ハルが誘拐されたことに動揺はしたものの市長からの交渉に承諾し握手を交わすのでした。

なぜならルイにはハルを天秤にかけてでもビースターとなり、必ずトップに立つという強い信念があるからです。

ネタバレ③ルイの過去

「4番」それがルイの元の名前でした。ルイは幼き頃、闇市で売られていた商品でした。当時言葉も文字も知らないルイでしたが檻から出た者は死ぬのだということは理解をしていました。

仲間が買われそうになる度、庇って守っていた正義感の強い「4番」を見て財閥の資産家であり雄鹿のオグマに買われます。生まれつき子供が生めない体のオグマは商品ではなく子供として彼を受け入れ「ルイ」と名付けるのでした。

子供を甘やかさない主義のオグマはルイを一度肉食獣が沢山いる中に刃物ひとつ持たせて自分の力で切り抜けてみろと放り込みます。するとルイは自分の首に刃物を当て、死ぬことを選択します。食われるくらいなら死んでやるという決断でした。

そんなルイの姿をみてオグマは誇り高い決断であると感心します。そしてオグマは悔しさも悲しみも全て強さに変えるのだと言い、ルイを抱きしめるのでした。

ネタバレ④殴り合うレゴシとルイ

ハルがシシ組に攫われたという噂を聞いたレゴシは一番にルイに伝えに行きます。しかしルイはよくあることだとレゴシの言葉を受け流すのでした。

レゴシから見たルイは完璧な男でした。オオカミとトラの争いを収束させて、最高の女性を手に入れて、亡くなった後輩を人知れず弔っている姿に尊敬していました。自分は何かを解決しようとするといつも野蛮なやり方になってしまうのに対し、ルイは完璧であり、ビースターに相応しい獣はルイしかいないとそう思っていました。自分のような存在がハルとルイの関係を壊してはいけないと諦め、レゴシ自身も納得していました。

しかしルイはハルが攫われたことを聞いても何の興味も示しません。好きな女の子なのになぜ助けようとしないのだと問うレゴシに対して、助けたいならお前が助けにいけばいいと冷たく言い放ちます。

そんな薄情なルイの姿を見てレゴシは激怒し殴りかかります。ハルへの想いを捨ててしまおうと諦めていた感情に再び火がつき、そして最後にルイに向かってハルは俺がもらうと言い残すのでした。

アニメ「BEASTARS(ビースターズ)」第9話の感想

筆者感想

レゴシの変化や成長が著しく、そしてかっこいい9話のように感じました。消極的で害のないように自分を偽って大人しく過ごしていたレゴシでしたが、ハルに出会って、隠れていた部分が露わになるように積極的で熱くかっこよかったです。まるで別人のように感情的に行動的に振舞っていて、ルイに対しても自分の思っていることを伝えられるようになったことに感動しました。最後の一言は特に響きました。

一方、ルイの過去については壮絶で、辛い気持ちでいっぱいです。だからこそ今の強がりで完璧な誇り高いルイが存在しているのだと納得してしまいました。好きな女の子を助けることよりも自分がトップに立つことを選択したことも、頷ける気がします。

どちらの気持ちも辛く悲しいのはわかりますが、この二匹はきっとお互いを理解し合うことが出来ないのだと思ってしまいました。草食動物と肉食動物はやはり理解し合うことは難しいのでしょうか。

そして「シシ組」や闇市の存在を知るとやはりこの世界は肉食獣が主導権を握っているのだなと改めて感じました。
攫われたハルちゃんは食材として自分が最高であるアピールをしろと服を脱ぐことを強要され、美食家のシシ組のトップに脅されます。ライオンしかいない組織に捕らわれる怖さは測り知れませんが、いつも堂々としているハルちゃんの不安げな声音や表情を見ているとこれもまた辛いです。警察も「シシ組」の名前を聞いて捜索は難しいと諦めてしまう程の相手ですが、この後どうなるのでしょうか。レゴシが助けに行くのでしょうか。早く助けてあげて欲しい!次回も目が離せません!

みんなの感想・口コミ

https://twitter.com/hasuke_hobby/status/1202593607292608514?s=20

皆さんやはりルイの壮絶な過去には驚いている様子。いくらそのような過去があるからとは言えど、レゴシの行動こそ正しいものに感じます。

今後の3人の関係がどのように変化するのか、そしてハルちゃんを無事に救うことができるのか…。次回も気になるところです。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え世界最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000タイトルが読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②割引やポイント還元等のキャンペーンが充実
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事