グラブル第2期アイキャッチ
出典:GRANBLUE FANTASY The Animation Season2公式サイト

本記事ではアニメ「グランブルーファンタジー第2期」第9話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに見逃し配信情報をご紹介します。
前回第8話では星晶獣セレストを利用する者を倒し、フェリの記憶も戻ったことで「霧に包まれた島編」が終了しました。
今回第9話では舞台を新たな島に移して「ガロンゾ島編」が始まります。
グランたちはグランサイファーの補修のためにガロンゾ島に寄港することになります。
少年時代にガロンゾを訪れたこともあるラカムは再び降り立ったこの島でラカムとグランサイファーを知る不思議な少年に出会います。

「グランブルーファンタジー第2期」第9話のネタバレあらすじ

グランたちはグランサイファーの補修をするために船造りの聖地と呼ばれるガロンゾ島を訪れます。
船の補修のためには巨額の費用がかかりますが、それを請け負う船大工は契約書を取り交わすこともしませんでした。
それを不思議に思うグランたちですが、ガロンゾ島にはどんな約束でも必ず守るようにさせる神様がいると教わります。
その話を聞き、島に来た時から星晶獣の気配を感じていたルリアはその神様も星晶獣かもしれないと言います。
順調に船の補修が進みますが、ある日ラカムは不思議な少年に出会います。
ラカムやグランサイファーのことを知っている様子の少年ですが、ラカムは彼のことを知りません。
そこに帝国軍のポンメルンが現れ、魔晶によって少年の力を暴走させます。
ポンメルンは少年を船造りの星晶獣と呼び、その力でグランサイファーをまたたく間に朽ちた姿に変えていきます。
ラカムは少年を、ノアのことをかすかに思い出しますが、ノアの力の余波を受けて弱っていたラカムは帝国兵に昏倒させられてしまいます。
そのすきにルリアだけでなくグランとノアもさらわれてしまうのでした。

「グランブルーファンタジー第2期」第9話のネタバレ

ネタバレ① 約束の島・ガロンゾ

ガロンゾ島で交わした契約はたとえ口約束だとしても必ず守られます。
ガロンゾ島には古くから約束を守らせる神様がいるという言い伝えがあります。
それは単なる言い伝えの域を越えており、騎空艇の補修という巨額の費用が動く依頼でも契約書が必要が無い程です。
さらにシェロカルテが言うには約束が破られたことは一度も無いとのことです。
島に来てから星晶獣の力を感じていたルリアはその神様も星晶獣なのではないかと言います。
これまでも圧倒的な力を見せてきた星晶獣ならば、人の意思に介入して約束を必ず守らせるということも可能かと思われます。

約束に関する重要な描写として、幼少のラカムはノアに対して約束をしています。
「絶対に俺の手でグランサイファーを飛ばしてみせる。そうしたらお前も乗せてやるよ、ノア」
ガロンゾ島で交わした約束ですから、ラカムはこれも守らなければなりません。
この約束を守るために星晶獣に操られるかのように強制的に動くことになるのか、それとも約束は関係無しにグランやノアたちを救い出すためにラカム自身が立ち上がるのか。
後者の方が熱い展開になりそうですが、果たしてどうなるのでしょうか。

ネタバレ② 謎の少年・ノア

前回第8話ではノアは帝国に囚われており、今回は脱出するところから彼の出番が始まりました。
逃げ出したノアはグランサイファーに出会います。
彼はグランサイファーのことを知っているようであり、補修・改修をしたグランサイファーを見て次のように言います。
「伝わってくるよ、早く空を飛びたい」
「気に入っているみたいだ、グランサイファーも」
まるでグランサイファーと会話しているかのようです。
さらに彼はラカムのことも知っているようですが、ラカムは全く覚えがありませんでした。
その様子を見てノアは「やっぱり……」と落胆しつつも、「グランサイファーに危機が迫っている」とラカムに告げます。

その後に現れた帝国軍のポンメルンが魔晶を掲げた時、ノアは苦しみだして妖しく輝きながら風を巻き起こして周囲を吹き飛ばします。
そのノアのことをポンメルンは『船造りの星晶獣』と呼びました。

約束に関する星晶獣がいることはほのめかされていますが、《船造りの星晶獣》と呼ばれたノアはそれとは別の存在のような気がします。
ノアが何かしらの力を持っているのは間違い無いのですが、彼はどのような星晶獣なのか、それとも別の存在なのか、今後のポイントです。

ネタバレ③ ノアとグランサイファーの過去に何があった?

ノアはグランサイファーのことを見て「懐かしいな。嬉しいよ、また君に会えて」と言いましたが、考えてみるとそこも引っかかりを覚えるところです。

「幼少のラカムと出会った時にグランサイファーを見たのでは?」と考えそうになりますが、その当時のグランサイファーは飛べずにポート・ブリーズにあったはずなのでそれは違います。
ノアがポート・ブリーズまで行ったとも考えられますが、もう一つの可能性として空を飛べた頃にグランサイファーがガロンゾ島を訪れたのではないかという線もあります。
その根拠は全く老いていないように見えるノアの容姿です。
ラカムが少年の頃の話なので十数年は前のことになると思うのですが、その頃と現在を比べてもノアの容姿は変わっていません。
ノアが星晶獣か他の何かかは分かりませんが、不老であること、ひいては不死であり、長い時を過ごしていることを示しているように思えます。

ノアが過ごしてきた長い時の中でグランサイファーに何があったのか。
ノアの正体が明かされることで、グランサイファーについても過去が解き明かされるのではないでしょうか。

「グランブルーファンタジー第2期」第9話の感想

筆者感想

前回と打って変わって今回は戦闘シーンがほとんどありませんでした。
今回は伏線を丁寧に張っていたという印象です。
というのも、グランブルーファンタジー第2期はブルーレイソフトが全7巻で各2話収録の全14話です。
第1期の時のように1話分はブルーレイソフト特典と考えますと放映、配信は全13話になるのではないかと思われます。
そうなると残りは4話、今回始まった「ガロンゾ島編」で第2期は終了するのではという計算です。

今回から本格登場となったノアにまつわる謎の数々がクライマックスに繋がっていくのでしょう。
さらに、上の方では書ききれなかったのですが、オイゲンがシェロカルテに依頼したある人物の足取りもこのガロンゾ島を最後にわからなくなったとのことです。
今回登場しなかった黒騎士やスツルムたちの動向も気になります。
前回までさかのぼると、フリーシアの言っていた『プロジェクト』『アマルティア島第四騎空団』『捨てられし船』のいずれのワードも今回は登場しました(捨てられし船についてはノアに何か絡んでいるかも?)。

これらの謎が解き明かされて大いに盛り上がるクライマックスを迎えるために、今のうちに過去の回も見直してみたいところです。

みんなの感想・口コミ

ラカムとノアをしっかり描いた回なので当然ですが、この二人が話題の中心になっています。
ただ、ちょっと気になるのが主人公のグランの方の描写が薄くなってしまったところです。
ルリアと共にさらわれてしまいましたし、残り話数の少ない第2期で再び活躍することができるのか。

ただ、今週は出番が少ないながらもちゃんとグランを見て褒めている方もいらっしゃいました。
細かいところに気づく素晴らしい観察眼です。
筆者もこうなりたいものですね。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事