東京リベンジャーズネタバレ256話|春千夜はもう1人のタイムリーパー?!

2022年6月8日発売の「週刊少年マガジン」28号の東京卍リベンジャーズ本誌第256話のネタバレをご紹介します。

東京リベンジャーズネタバレ256話


東京リベンジャーズネタバレ256話|鶴蝶が重傷を負う!

前回第255話で三途春千夜に斬られてしまった、鶴蝶。
その生死が考察業界で色々議論されてきましたが、なんと鶴蝶は死亡が確定したわけではないようです。

しかし鶴蝶は重傷を負ってしまい、戦闘不能に。
三途春千夜とタケミチの前で、鶴蝶は膝から崩れ落ちてしまいました。

結局タケミチVS鶴蝶の戦いに、決着がつくことはありませんでしたね…。


東京リベンジャーズネタバレ256話|東京卍會を解散した日の秘話

三途春千夜は、マイキーが東京卍會を解散した日のことをフラッシュバックさせました。

そこには「オレだけはオマエの味方だ マイキー」という、三途春千夜の姿が…。
マスクを外しているので、ムーチョを殺した後のことだと考えられます。

しかしこのときは、もう三途春千夜は東京卍會にいなかったはず…。
やはり三途春千夜は深い闇をもっていそうですね。

東京リベンジャーズネタバレ256話|タケミチが列車をとめる?

鶴蝶を倒した、三途春千夜。

三途春千夜は列車を動き出し始めますが、それをタケミチと鶴蝶が止めにかかります。
そしてタケミチが操縦席のレバーを持った時、なんとビジョンが発生します。
そこには三途春千夜に刺されるタケミチの姿が映っていました。

なんとかビジョンのおかげで危険を回避できた、タケミチ。
あまりにもありえないタケミチの行動をみて、三途春千夜はタケミチタイムリーパーなのかと言います。

しかしその後、その言葉の真意は不明なままタケミチと鶴蝶は三途春千夜を列車から降ろすことに成功します。

果たして2人は、列車をとめることができるのでしょうか。

東京リベンジャーズネタバレ256話のまとめ

第256話では、前回死亡予想が立てられていた鶴蝶が無事であることがわかりました。
しかし、ドラケンも戦いの後に本当は深い傷を負っていたことが判明していたので、まだまだ安心しきれませんね。

そして三途春千夜の過去の回想から、三途春千夜が異常なほどマイキーに心酔していることが明らかになりました。
もしかしたら、マイキーを悪に染めていったのは三途春千夜なのかもしれませんね。
また三途春千夜の〝お前もタイムリーパーなのか〟という意味深な発言の真相も気になります。

普通に考えたら三途春千夜がもう1人のタイムリーパーということになりますが、読者の予想外の展開をみせるのが東京リベンジャーズの面白いところです。

来週の展開も楽しみですね。

東京リベンジャーズ257話の確定情報が出てきましたら、随時情報を更新していきますので、お楽しみに。


おすすめの記事