アニメ「七つの大罪 神々の逆燐」第11話のネタバレと感想を紹介!
出典:「七つの大罪 神々の逆燐」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では12月18日に放送されたアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレや感想などをまとめてご紹介いたします。

「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話は、ある聖戦から描かれており、七つの大罪がコランドへ向かうまでの道のりです。キング羽の事や、ディアンヌの事を褒められていました。コランドにはゼルドリスがおり、メリオダスはそれに立ち向かうのです。そして七つの大罪は、次元の歪(じげんのひずみ)というのを目の当たりにします。

ゼルドリスは罠であった事を知り、そしてその正体はメラスキュラとなっており、メリオダスは連れ去られてしまうのです。置き去りにされた七つの大罪メンバーは一体どのような行動をとるのか!注目をしてみましょう!

「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話のネタバレあらすじ

コランドに着いた七つの大罪メンバーは、ゼルドリスと顔を合わせます。メリオダスは罠だというマーリンの教えを無視し、思うがままに攻撃をするのでした。予想通りゼルドリスは存在しておらず、メラスキュラの罠であったことが確定。そしてメリオダスはそのまま連れ去られてしまうのです。

しかしゴウセルはまだ近くに魔力が存在していることをメンバーに伝え、遠くへはいってない事を悟ります。暗い道を七つの大罪メンバーは進んでいきますが、キングが下を見るとそこには凄まじい量の骸骨が散らばっていたのです。コランドの人々の死体が蘇り、怨念がそのまま敵意になるものでした。

七つの大罪メンバーは骸骨を全く容赦することなく攻撃します。一方でメリオダスはメラスキュラと戦いをしていました。メリオダスはメラスキュラに何度も復活し続ける呪いというのは、本物であることを知ります。メラスキュラはメリオダスに破壊衝動を用いたなぞかけをしようと言います。

果たしてメリオダス、そして七つの大罪メンバーどうなってしまうのか!?

「七つの大罪 神々の逆鱗」第11話のネタバレ

ネタバレ①メラスキュラの罠

コランドに到着した七つの大罪一同は、ゼルドリスに遭遇します。メリオダスはゼルドリスに、エリザベスや過去の事等により深い恨みを持っていました。あっという間に戦闘態勢になり、ゼルドリスに攻撃をしようとします。しかし、それはメラスキュラの罠だったのです!

メラスキュラはメリオダスに対して、ゼルドリスにそこまで深い恨みを覚えていたことを知ることで、そのような罠を仕掛けていたことが明らかになります。七つの大罪メンバーはリーダーでもあるメリオダスが急にいなくなってしまった事で、一瞬不安がよぎります。

しかしゴウセルがそれを速やかにフォローして、近くにメリオダスの魔力があることを知らせるのでした。メラスキュラもゼルドリス同様に、長らく十戒にいる実力者。メリオダスと2人になったときには、メラスキュラの繭に吸収されているものが何か理解することができたらご褒美を約束。

その約束とは、エリザベスが記憶を取り戻した3日後に戻すと言い出します。その発言にメリオダスは怒ります。一方で七つの大罪メンバーにも危機が訪れていたのでした。

おすすめの記事