【ワンピースネタバレ考察】バッカニア族の特性は魂にある?Dの意志と共に考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

バッカニア族には体の強さ以外にも、ある特性が備わっています。
その特性はベガパンクですら、科学的に説明ができない事態を引き起こしました。

今回はそんなバッカニア族の特性について考察していきます。

バッカニア族の特性は魂にある?

くまが植物状態でも動けた理由

 

くまには「完全停止スイッチ」が仕掛けられています。

押されると植物状態になる代物で、2度とくまが動き出すことはないはずでした。

しかし、サターン聖にスイッチを押されたはずのくまは、自らの意志でボニーの元に駆けつけます。

それどころか自身の主である天竜人のトップ、サターン聖を殴り飛ばす姿すら見せました。

この科学の力を跳ね除けたくまの行動は、バッカニア族の特性にあるとベガパンクは語ります。

ベガパンク曰く科学的にはあり得ない

 

ベガパンクからすれば、くまが天竜人に歯向かうことは愚か、動くことすらあり得ないことだと語ります。

完全停止スイッチを押されると、意志はなく命令すら届かない植物状態となる。

そのため、科学的に動き出す理屈も、ボニーの元まで辿り着けるはずがありませんでした。

ベガパンクも「愛ゆえ」と、科学的に説明することを放棄しています。

魂の特性がバッカニア族の迫害される理由?

筆者はバッカニア族の持つ魂の特性こそ、世界政府に迫害される理由だと考えています。

なぜなら意志を縛り付けることができないバッカニア族は、世界政府にとって最も忌むべき存在だからです。

世界政府はDの意志を淘汰するなど、自分達に都合の悪い思想を排除してきました。

それでもニカのように、世界政府の意志に縛られず、思い通りにならない存在が現れます。

そしてバッカニア族はニカのように、科学で人格を封じても縛ることができない魂を持っている。

だからこそ、世界政府が躍起になって滅ぼそうとしたのではないでしょうか?

そう考えると、サターン聖が執拗にくまの人格を消そうとしたのにも納得がいきます。

Dの意志がバッカニア族を動かしている?

おすすめの記事