鉄血のオルフェンズ第1期アイキャッチ
出典:『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』公式サイト

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」は2015年10月から2016年3月にかけて放送されたオリジナルアニメです。
第1期に次いで第2期も制作され、その後も各種イベントやプラモデル、ゲーム等の商品展開が続いている大人気作品です。
本記事では、そんな大人気アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」のあらすじや、魅力、感想、評価、さらには無料で動画を視聴する方法をご紹介します。

『長編シリーズなので最初に概要を知っておきたい』
『独特な世界観だと聞いて気になっている』

そんな方々のためにもわかりやすくご紹介します。
この記事を読んで、宇宙でたくましく成り上がっていく少年たちの戦いをご覧ください!

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」とは?

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の概要

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」は2015年10月から2016年3月にかけて放送されたガンダムシリーズのテレビアニメです。
火星で過酷な労働を強いられていた少年たちが大人たちに反逆し、宇宙で成り上がっていくストーリーです。

『ガンダムシリーズ』と書きましたが、本作は独立した世界観で描かれています。
そのため、他のガンダムを観ずに鉄血のオルフェンズから観ても問題無く楽しめます。

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」のあらすじ

 

 かつて「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから、約300年。

地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。仮初めの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。

主人公の少年、三日月・オーガスが所属する民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(以下:CGS)は、地球の一勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女、クーデリア・藍那・バーンスタインの護衛任務を受ける。しかし、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織ギャラルホルンの襲撃を受けたCGSは、三日月ら子供たちを囮にして撤退を始めてしまう。少年達のリーダー、オルガ・イツカはこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗を翻してクーデターを決意。オルガにギャラルホルンの撃退を託された三日月は、CGSの動力源として使用されていた「厄祭戦」時代のモビルスーツ、ガンダム・バルバトスを用いて戦いに挑む。

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の主要登場人物

 

三日月・オーガス
声優:河西 健吾

鉄華団に所属する少年。おおらかな性格で、あまり細かいことを気にしないが、仲間のためならばいかなる犠牲も厭わない。 鉄華団の中でも機動兵器の操縦技術に長け、ガンダム・バルバトスのパイロットを任せられる。

 

オルガ・イツカ
声優:細谷 佳正

鉄華団のリーダー的存在。リーダーシップに優れ、少年たちからの信頼が厚く、本人もそれに応えようと努力している。特に三日月とは幼少の頃から一緒で、兄弟以上の信頼関係を築いている。少年たちが虐げられることなく暮らせるようになるため、CGSへのクーデターを経て鉄華団を立ち上げた。

 

クーデリア・藍那・バーンスタイン
声優:寺崎 裕香

火星の独立運動に関わる少女。地球のアーブラウ政府と独自に交渉するために地球を目指す。それまでの護衛をCGSに依頼した。
かつて『ノアキスの七月会議』という独立運動家をまとめた会議を成功させ、各方面から注目を集めている。

 

名瀬・タービン
声優:鳥海 浩輔

テイワズの運送部門を担当する下部組織、タービンズを率いる。木星圏では武闘派として知られ、代表であるマクマード・バリストンからの信頼も厚い。

 

 

ガンダム・バルバトス

300年前の「厄祭戦」に用いられていたガンダムフレームの一機で、長い間CGSの動力炉として使用されていたモビルスーツ。ギャラルホルンの襲撃にあったCGSの少年たちが急遽起動させ、三日月が乗り込んだ。「厄祭戦」から長い年月が経っているため、装甲は劣化し、本来の性能は発揮できていない。大型の鎚矛を武装とする。

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の主題歌

OP曲
歌手名:MAN WITH A MISSION
曲名:Raise your flag

 

歌手名:BLUE ENCOUNT
曲名:Survivor

 

ED曲

歌手名:MISIA
曲名:オルフェンズの涙

 

歌手名:TRUE
曲名:STEEL-鉄血の絆-

 

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の魅力

魅力① 宇宙の任侠 テイワズ

テイワズは木星圏での開発、運送を主な業務とする巨大企業です。
オルガが立ち上げる組織、鉄華団もこの傘下に入るのですが、ここの文化が非常に独特です。
鉄華団がテイワズの傘下に入るのに際し、タービンズの名瀬が仲介に入ります。
ここである儀礼が行われるのですが、その内容が和装で盃を交わして義兄弟になるというものです。
宇宙を舞台とするSFアニメでありながら、その姿はまるで日本の任侠映画です。
そして、その任侠は見た目だけでなく思考も義理人情に熱いものです。
このSFアニメと任侠ものを掛け合わせた独特の世界観が鉄血のオルフェンズならではの魅力です。

魅力② 鉄華団の成り上がり

鉄華団が成長していく様子も「第1期」の見どころです。
物語の当初、三日月たちは民間警備会社CGSで劣悪な環境で労働を強いられていました。
CGSがクーデリアの護衛を請け負ったところ、彼女の命を狙う軍事組織ギャラルホルンの襲撃を受け、物語が動き出します。
CGSは子どもたちを囮にして撤退しますが、これを機にオルガはクーデターを決意します。
三日月はCGSの動力源として使われていたモビルスーツ、ガンダム・バルバトスに乗って襲いかかってきたギャラルホルンを撃退します。
その勢いのままCGSも乗っ取り、オルガを団長とする《鉄華団》と名を改めました。
CGSから引き継いだクーデリアの護衛任務の中で数々の苦難を乗り越え、テイワズの傘下にも入り、その実力を知らしめていきます。
前項で書いた任侠ものの世界観と合わせて、底辺から力強く這い上がってくる「成り上がり」の精神が本作の根幹にあります。

魅力③ 鉄と鉄がぶつかり合う力強い戦闘シーン

言うまでも無いことではあるのですが巨大ロボット、モビルスーツの戦闘も魅力的です。
本作の特徴をあげるのであれば、ビームのようなものはほとんど登場せずに剣や槍を使って戦います。
本作のモビルスーツの装甲はビームに高い耐性を持っています。
そのため戦いの中心がビームによる射撃ではなく、鉄の塊で斬る、押しつぶすといった近接戦闘となっています。
この鉄と鉄がぶつかり合う重厚なアクションが本作ならではの戦闘の魅力です。

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の感想

前項でも触れましたが、やはり本作の魅力は鉄華団が成り上がっていくストーリーです。
本作の大人から過酷な労働を強いられている子どもたちという図式は極端かもしれませんが、どんな集団にも身分、権力の上下関係といったものは存在します。
良好な関係を築けていれば問題はそうそう起こらないものですが、どこかで自分が上から押さえつけられる息苦しさを感じて日々を過ごしている人もどこかに、この記事を呼んでいる方の中にもいるのではないでしょうか。
そういった人々にとって、成り上がりの物語は胸がすく思いになるものであり、本作もその一つです。

その成り上がりを象徴するのは他でもない第1話、ガンダム・バルバトスの出撃シーンです。
起き上がるのでもなく、空から降りてくるわけでもなく、地下の動力室から土煙を巻き起こして飛び出し、その勢いのままに巨大な鉄塊を敵機に叩きつけます。
その姿は、最底辺から成り上がってこの世界に抗おうとする鉄華団が進む道をそのまま体現するものでした。

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の口コミ・評価

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の口コミ

物語の途中で少なくはない犠牲者も出たのですが、最終的にはそれほど暗い話にはなりませんでした。
「第1期」は鉄華団がクーデリアを守り抜くという仕事を無事成し遂げた成功の物語です。

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の筆者評価

総合評価:46点/50点
ストーリー
作画
音楽
独自性
メッセージ性


・ストーリー:9点/10点
繰り返しになりますが、鉄華団の成り上がりには胸がすく思いでした。
日頃、抑圧されているストレスを自分も跳ね除けてみせようと勇気を与えてくれる作品でした。
ただし、終盤のキャラクターの生死に関しては、話の都合で死亡したり生存したりするように見えてしまう部分もあったのが少し惜しいです。

・作画:10点/10点
モビルスーツの戦闘シーンの描写が優秀でした。
他作品でよく見られる射撃の応酬による爆発ではなく、鉄と鉄のぶつかり合いによって機体が歪んで破壊されるという本作ならではの力強い描写が見どころです。

・音楽:9点/10点
1クール目の主題歌を特にオススメしたいです。
自分たちの存在を示して力の限り進み続けるオープニングテーマ、
犠牲者へ手向けるエンディングテーマ。
犠牲を生みながらも進み続ける鉄華団に相応しい詩です。

・独自性:10点/10点
宇宙を舞台にしながらも任侠映画を感じさせるどこかちぐはぐな世界観。
巨大なモビルスーツを操りつつも、その武器はある意味で原始的な鉄の剣や槍。
独自性の塊のような作品です。

・メッセージ性:8点/10点
大人に搾取される子どもたちという面で社会への問題提起にもなりうる作品ではあったと思います。
しかし、本作は問題提起よりも娯楽作品に徹し、少し現実離れしたサクセスストーリーになっています。

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期 」の動画を無料で観る方法は?

有料動画配信サービスの無料期間を利用しよう!

有料動画配信サービスの無料お試し期間を利用すれば、なんと!「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」を無料で視聴することができます!さらに無料期間中であれば、他の気になる作品も視聴することができるのです!

※無料期間中に解約しなければ有料となってしまいますので、ご利用期間・ご利用方法にはご注意ください。

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の動画配信情報

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」の動画配信サービス一覧表

サービス名 配信状況 月額料金(税込) 作品数 無料体験期間
U-NEXT 2,189円 約14万本 31日間
FODプレミアム 976円 約3万本 1か月間
dアニメストア < 440円 約2,900本 30日間
注意
こちらの情報は2019年12月時点のものです。
登録する際は今一度、ご自身でお確かめになってから登録するようにしてください。

各動画配信サービスの特徴は?

「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」観るなら下記3つの動画配信サービスがおすすめです!
各動画配信サービスの特徴を簡単にご紹介します。自分に合うものを見つけて、動画を楽しんでください!

U-NEXTの特徴

  • 月額2,189円だが、課金用のポイントが1,200円分もえらる!
  • 作品数が16万本以上!特に新作映画やドラマに強いので、新作を観たい人におすすめ!
  • 最大4人まで同時視聴可能!家族などで使えばかなりお得!
  • 約70誌以上のファッション誌や週刊誌が読み放題!ポイントで漫画の購入も可能!

FODプレミアムの特徴

  • 人気ドラマやアニメなどのフジテレビ番組が見放題!
  • 海外ドラマや映画も見放題で視聴可能!FODオリジナル作品も見逃せない!
  • 毎月最大1,300円分のポイントをゲットできる!月額料金以上におトク!
  • アニメ好きにはたまらないノイタミナ作品が豊富です!
  • 100誌以上の人気雑誌が読み放題!期間限定で無料で読めるコミックもあります!

dアニメストアの特徴

  • 業界最安値!月額440円(税込み)で利用ができる!
  • 名作から最新作まで約2,900作品のアニメが見放題!
  • 最新作の見逃し配信が充実!
  • 声優のフォロー機能やタグ検索が優秀!

アニメ「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」を観て子どもたちの成り上がりを目撃しよう!

以上、「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第1期」のご紹介でした。
SFと任侠ものをかけ合わせている点で非常に独特な作品ですが、搾取される子どもたちが大人たちに、弱者が強者に立ち向かう物語という点では普遍的な魅力を持っています。
第1期は鉄華団の成り上がりを描きましたが、続編の第2期はどのような作品になっているのでしょうか?
第1期とはまた違った魅力のある作品ですが、第2期を楽しむ前提としてどうしても第1期の知識が必要になります。
第2期を十分に楽しむためにもまずは第1期をチェックしておきましょう!

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事