アニメ「七つの大罪 神々の逆燐」第12話のネタバレと感想を紹介!
出典:「七つの大罪 神々の逆燐」公式サイト

本記事では12月25日に放送されたアニメ「七つの大罪 神々の逆燐」第12話を見逃してしまった方のために、ストーリーのネタバレや感想などをまとめてご紹介していきます。

「七つの大罪 神々の逆鱗」第12話は、エリザベスが目覚めたという事をメリオダスが知ったとこから始まります。エリザベスは呪いにより、後3日間ほどで命を落としてしまう状態でした。メラスキュラは「エリザベスを自らの手で殺すのも面白い」とメリオダスに伝えます。

そんな中、エリザベスはディアンヌやキングに魔力を使い、回復をさせることに。果たして七つの大罪のメンバー、そしてメリオダスとエリザベスの運命はどうなるのでしょうか!?

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第12話のネタバレあらすじ


メラスキュラは罠を使いメリオダスにをある場所へ包囲した中で、七つの大罪メンバーはメリオダスの気力と戦うという思わぬ展開になっていました。それによりディアンヌやキング、他の七つの大罪メンバーも傷だらけの状態になります。

しかしそこに呪いにかけられていたはずのエリザベスが登場し、魔力でメンバーを回復させるのでした。エリザベスと共にいたエレインは彼女の魔力が凄まじい事を改めて実感します。エリザベスは本当の女神であったということに。そしてエリザベスはマーリンにメリオダスの場所を問います。

マーリンがエリザベスの事を「ねえねえ」と呼んでいる時代もあったことを皆知り、ムードは少し明るくなっていました。

そこに十戒のメラスキュラが登場するのです。メラスキュラはエリザベスの事を憎く恨んでおり、七つの大罪メンバーの事も強く批判します。そしてメラスキュラは遂に七つの大罪メンバーたちに罰を下すことを決意。大きな”大蛇”となり、七つの大罪メンバーに襲い掛かることになりました。

果たして七つの大罪メンバーの命運は!そしてメリオダスはいつ出てくるのか!

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第12話のネタバレ

ネタバレ①メラスキュラの大蛇!

メラスキュラは七つの大罪メンバーやエリザベスに罰を与える事に決めます。すると”大蛇”になり、メンバーを襲います。メラスキュラとなった大蛇は、最初にバンをターゲットにしました。バンはメラスキュラに飲み込まれそうになりますが、なんとか耐え抜くのでした。

バンを助けようとエレインが歯向かおうとします。しかしエレインは身体的にもダメージが残っており、到底戦える戦力ではありませんでした。バンは必死にエレインを説得しようとしますが、メラスキュラに攻撃されてしまいます。ディアンヌやキングもエレインに説得をしますが、全く効果なし。

正義力の強いエレインはバンを助けようとメラスキュラの元へ向かいます。メラスキュラもエレインに対しては、恋人でもあるバンを奪うことはできないと絶対的な自信を持っていました。しかし、バンは大蛇の口の中から光と共に一瞬でいなくなるのです。


おすすめの記事