アニメ「pet」第1話のネタバレと感想を紹介!
出典:TVアニメ「pet」公式サイト

本記事では、1月6日に放送されたアニメ「pet」第1話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

アニメ「pet」第1話のあらすじ


ここは相手の脳内や意識に入り込み、記憶などを操作できるスペシャリストが集う世界。人間は「ヤマ」や「タニ」を大切にすることで記憶は守られると言われていました。「ヤマ」や「タニ」は記憶をキープするための必要な要素であり、これが壊れると脳内がおかしくなってしまうのです。

健治の経営する店で働いていたヒロキは、桂木と同じ記憶を操ることができる能力者と判明します。しかしヒロキは、性格が破天荒で落ち着きがありませんでした。

それを見守るような形でたたずむ司は、ヒロキと共に”潰し屋”として働いていたのでした。潰し屋は人の記憶を自由自在に操り、都合がいい人間にしてしまうとんでもない職業だったのです。ヒロキと司が潰し屋であるということを健治はまだ知りませんでした。

経営者の健治は、親友の横田の脳内が支配されていることに気が付きました。横田の近くには桂木とその部下。横田は車ごと突っ込んで亡くなってしまうのです!

健治はヒロキと司の様子がおかしいことに気づき、自分の脳内も変な様子になっていることも把握します。すると健治は桂木に言われていた潰し屋という言葉を思い出すのでした...。

アニメ「pet」の動画配信サービスは?

アニメ「pet」は、下記の動画配信サービスにて、視聴することができます!

サービス名配信状況
Amazonプライムビデオ

アニメ「pet」第1話のネタバレ

ネタバレ①健治の謎の取引

ショップでバイトをしていたヒロキと司。そしてその経営者でもある健治は、二人の憧れの的となっていました。ヒロキは司と比べてかなりテンションが高めのチャラい男子。司は黒髪で冷静なエリートらしい雰囲気を漂わせる。そんな二人は服が濡れたことで着替えをしに二階へ行きます。

すると経営者でもある健治は赤い車を発見すると、その車に乗り込みサングラスをかけた男性と話しだします。車に乗っていたのは葛城であり、健治は彼の仕事を手伝っていたことが発覚するのです。健治は桂木と車のキーの交換をし、ある課題をかせられました。

夜に健治は海の中へ潜り、何かを散策していました。かなりの仕事量のせいか、一人ではかなり厳しいと独り言を呟くのでした。その任務を何とか一人で終わらせ、車で移動していると急にUターンをするのです。健治はまだ任務が終わっていない事を言い放ちました。

健治は桂木のスペアキーを返し忘れていたのでした。しかしそこには横田の姿があったのです。


ネタバレ②脳内が狂った横田

横田は桂木と何かされたせいか、子供のような状態に陥っていました。走ってもない車を150㎞で走っていると勘違いをし、本当に暴走を始めてしまうのです。それをみた健治は横田の後を車で追いますが、彼は車ごとそのまま飛び降りて死んでしまいます。

健治は桂木のスペアキーを返すのを忘れていたと電話で言いますが、とある公園で待ち合わせをするという事になりました。桂木は健治に今回の仕事のギャラを渡そうとします。しかし健治は激怒し、受け取りませんでした。健治はキーを隠したことを桂木に伝え、自分の身を守るような処置をとっていたのです。


おすすめの記事