アニメ「七つの大罪 神々の逆燐」第15話のネタバレと感想を紹介!
出典:「七つの大罪 神々の逆燐」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では、1月22日に放送されたアニメ「七つの大罪 神々の逆燐」第15話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想、さらに動画配信情報をご紹介します。

前回第14話では、チャンドラーがメリオダス奪還のために七つの大罪メンバーの目に立ちはだかりました。最後はゴウセルとキングの合体技を放つという内容で終わりました。今回の第15話では、そのチャンドラーと七つの大罪メンバーが更なる戦いを繰り広げます。

命を狙われたエリザベスと七つの大罪メンバーは、メリオダスを守り抜くことはできるのか注目です。

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第15話のあらすじ

ゴウセル
出典:TVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」公式サイト

 

ゴウセルとキングの合体技をチャンドラーにぶつけようとしていました。しかしゴウセルは、チャンドラーの行動や技をしっかりと把握。チャンドラーはメリオダスの師匠でもあることから「フルカウンター」を使用可能ということをキングに伝えます。

ゴウセルは自分の合図で放てば必ず命中すると断言し、キングはその時を待っていました。チャンドラーは一度”フルカウンター”を使用し、合体技を跳ね返します。しかしそれは幻覚であり、本当の合体技はその次に放たれました。チャンドラーは真正面からその技を受けてしまうのです。

それでもチャンドラーは復活。バンや小さくなったディアンヌも協力しますが、戦いは激しさを増していきます。ゴウセルはチャンドラーに”絶対命令”という技をかけられてしまい、何も抵抗ができない状態に陥いります。キングはチャンドラーとひたすら打ち合いを続けていました。

果たして、七つの大罪メンバーの運命は!そしてメリオダスを守り抜くことができるのか!

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」の動画配信サービスは?

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」は、下記の動画配信サービスにて、視聴することができます!

サービス名配信状況
U-NEXT
hulu
FODプレミアム
Amazonプライムビデオ
dアニメストア
dTV
NETFLIX

アニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」第15話のネタバレ

ネタバレ①七つの大罪メンバーの猛攻!

ディアンヌ
出典:TVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」公式サイト

 

七つの大罪メンバーは、メリオダスの師匠でもあるチャンドラーとの戦いを余儀なくされていました。巨人族なのに小さくされてしまったディアンヌや、人間でも不死身なバンも戦いに加わっていきます。ゴウセルとバンの合体技を受けて、チャンドラーを倒したかとメンバーは感じ取ります。

その合体技の影響で、敵がどんどん集まってきてしまう事態になります。キングはそれを撲滅しようと技を放ちますが、ゴウセルは死んだ敵の中から生きる生気を感じ取っていました。その中から出てきたのは、技を受けたはずのチャンドラー。

合体技は絶大な威力を誇っていたが、なんでまだ生きているのかゴウセルは不思議に思います。チャンドラーは合体技を受ける前に、防御バリアをはっていたことから助かっていた事実を伝えました。チャンドラーの矛先はエリザベスへと傾き、”ドラゴンクロー”を放ちます。

そこに現れたのは小さくなったディアンヌ。巨人族ならではの防御技を繰り出し、なんとか阻止して見せました。七つの大罪メンバーはチャンドラーに対して、力を一つにして少しずつ体力を削っていくことに専念することになります。

おすすめの記事