【ワンピースネタバレ考察】クロスギルドの仕組みは荒稼ぎできるようになっていた!?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

第1080話にて、コビーが黒ひげ海賊団傘下に狙われていました。

これは、コビーを捕らえることでクロスギルドから懸賞金をもらうため。では、クロスギルドはどのような仕組みになっているのでしょうか?

今回はクロスギルドの仕組みについて考察します。

クロスギルドとは?

クロスギルド
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

まずはクロスギルドがどのようなものなのか振り返っていきましょう。

クロスギルドはクロコダイルが考案した組織

クロスギルドは四皇に位置づけられたバギーがトップだとされていますが、クロコダイルが骨子を考えた組織です。

クロコダイルは海軍が無視できない組織にするためにミホークを誘い出し、資金繰りのためにバギーも参加した流れとなっています。

実際、クロコダイルとミホーク、そしてバギーという3人の元王下七武海が集まった組織であることから、世界政府すら無視できない組織となりました。

海兵に懸賞金をかける制度を始めている

クロスギルドは、海賊ではなく海軍のメンバーに懸賞金をかける活動を行っています。

従来の常識からすると、海軍を襲うことは何のメリットありませんでした。
そのため、攻撃された場合や緊急時などの場合のみ、海軍と交戦していました。

しかし、クロスギルドによる海軍懸賞金の制度が始まってから、海軍もまた狙われる立場になったのです。
つまり、海軍にとってクロスギルドの拡大は最も危険となっています。

クロスギルドの懸賞金制度

クロスギルドリーダー
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

次に、クロスギルドの懸賞金制度を詳しく確認していきましょう。

おすすめの記事