この世界の片隅に
出典:「この世界の片隅に」公式サイト © こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

2017年に公開されたアニメ映画【この世界の片隅に】はクラウドファンディングで資金を集めて制作に至った作品になります!

そのためこの作品の完成を待ち望んでいた方もたくさんいたそうです!

聞いたことはあるけど、まだ観ていない読者のために

今回は【この世界の片隅に】のあらすじ・評価・感想、さらには無料動画の配信情報までご紹介します!

【この世界の片隅に】の基本情報・あらすじ

【この世界の片隅に】の基本情報

スタッフ

原作 こうの̪史代
監督 片渕須直
脚本 片渕須直
音楽 コトリンゴ
製作 「この世界の片隅に」製作委員会

登場人物・キャスト

登場人物 役割 声優
北條すず(ほうじょうすず) 本作の主人公 のん
北條周作(ほうじょうしゅうさく) すずの夫。軍法会議録事(書記官) 細谷佳正
北條円太郎(ほうじょうえんたろう) 周作の父。広海軍工廠(航空機の開発を行う工場) 牛山茂
北條サン(ほうじょうさん) 周作の母。普段静かで優しい 新谷真弓
黒村径子(くろむらけいこ) 周作の姉。すずに強く当たるが優しい一面も見せる 尾身美詞
黒村晴美(くろむらはるみ) 径子の娘。すずに懐いている 稲葉菜月
水原哲(みずはらてつ) 小学校時代の幼馴染 小野大輔

ここまで、【この世界の片隅に】のスタッフや登場人物・声優についてご紹介しました。

次はあらすじを紹介したいと思います。

【この世界の片隅に】のあらすじ

18歳のすずさんに、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい軍艦の名前を教えてもらったりする。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくるのであった。

次は【この世界の片隅に】の魅力をご紹介していきたいと思います!

【この世界の片隅に】の魅力

魅力①:おっとりした主人公北條すずがかわいい!

北條すずはかなりおっとりした性格で、絵を書くことが大好きな心の優しい女性です。

おっとりしているところがチャームポイントで、そのおっとりさは買い物の帰り道に自分の家がわからなくなってしまうほどです。

北條すずの表情や広島弁もかわいくてとても魅力的です。

【この世界の片隅に】北條すずが寝ているシーン

出典:「この世界の片隅に」公式サイト © こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

声優は「のん」さんが行っており、温かみのある声も役柄にぴったりです。

この広島弁での演技についてこのようなことを語っていました!

標準語でいけちゃうところとかあるんですけど、言葉自体は「何々しとる」とか関西弁っぽいところもある。なのに、イントネーションは標準語、みたいなところがあったりして難しかったです。でも可愛いなと思ったので、頑張ってしゃべりました。

「のん」さんの広島弁での演技は見どころです!

魅力②:ストーリー内のシンプルな作画表現

近年のアニメ映画は美しい背景を描いたり、光を多く使用したりダイナミックに描いたりすることがありますが、【この世界の片隅に】ではこのような作画表現はあまり使用されていません。

比較的にあっさりと背景が描かれています。

【この世界の片隅に】

出典:「この世界の片隅に」公式サイト © こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

この作画表現に対して、監督は優しい雰囲気になるように心がけ、あまり書き込まないように意識していたそうです。

そうすることによって肩の力を抜いてゆっくりと視聴することができるそうです。

画面から入っくる情報量が多すぎると画面がうるさくなってしまい、本来の書きたかった温かみのあるような作画にならないため地味目に描いたそうです。

だからと言って作画は大したことはないというわけではなく、一回見ただけではわからないような部分に作画のすごさが盛り込まれているため、何度も見返したくなるような作品にもなっています!

魅力③:厳しい戦時下をたくましく生きる

この映画の主役は戦争ではなく、その時代を生きる人々が主役となっています。

戦時中のため配給制限もかかり、物資も少ない状況です。

つらく大変な日々が続き、毎日をどう過ごすのかと不安になる日々です。

そんな中少しでも充実させようと工夫を凝らす北條すず。

例えば、雑草でご飯のおかずを作ったり、わからないことは町内会の勉強会や近所の人に聞いて回ったり、決して楽しくもないことを楽しそうに一生懸命頑張る姿にはきっと勇気づけられると思います。

【この世界の片隅に】の評価・感想

【この世界の片隅に】の口コミ

【この世界の片隅に】には様々な口コミが存在しますので、いくつか紹介したいと思います。

やはり、のんさんの声にはたくさんの高い評価がありました!

様々な感情が視聴している最中に襲ってくるそうです。

今では教育の現場でもこの映画を見せるそうです!

【この世界の片隅に】の筆者評価

筆者の評価も記載しておきますので参考にしてください!

筆者評価:46点/50点
作画
音楽
ストーリー
独自性
メッセージ性

・作画 48点/50点

落ち着いた作画になっていて、肩の力を抜いてゆっくりと視聴できる作品となっています!

・音楽 45点/50点

アニメ内で使われている音楽は静かで独特な空気感を放っていました!

落ち着いた音楽も多いことが特徴です!

・ストーリー 45点/50点

優しく温かみのあるストーリーとなっています。

それだけではなく、戦争に対する残酷さもしっかりと学べるストーリーになっています。

少しだけ残念なのは、広島弁や戦時中に使われていた言葉などが少し独特すぎて理解しずらいというとこです。

公式サイトでは、アニメ内で登場した言葉が紹介されていますので是非見てみてください。

・独自性 45点/50点

戦争を題材にした作品で、庶民の生活にフォーカスした作品はあまり多くはありません。

庶民の生活風景などを学ぶことができます!

・メッセージ性 48点/50点

今は普通にできることが昔はできなかった。今その幸せを噛みしめて生きていかなければならない。

私はこの映画からこのようなメッセージを感じ取れました。

【この世界の片隅に】の感想(ネタバレ有)

ネタバレを含みます。

物語の終盤。

日本が戦争に負けたことをラジオで知らされます。

その瞬間に北條すずの心の中にため込んでいたものが一気に流れるだすように、悔しがり泣きだします。

普段おっとりしていて優しい北條すずがここまで感情をあらわにすることはなかったのでとても印象的で、胸が締め付けられるような気持になりました。

それだけではなく、戦争によってたくさんの人が亡くなってしまいます。

もちろん北條すずに関係してきた人も何人かなくなってしまいます。

大切なものを亡くしてもこの世界を生きていかなくてはいけないというところにとても残酷さを感じました。

しかし、この過酷な戦争を生き残ることができた人たちで助け合って生きると決めたラストは心が温まり、前向きに生きていくことの大切さや命の尊さを再認識することができました。

これからの世代へ戦争を伝えて行くと同時にこのアニメも後世に残したいと思うアニメ作品でした。

【この世界の片隅に】の動画配信情報

アニメ【この世界の片隅に】の動画配信情報一覧表
サービス名 月額料金(税別) 作品数 無料体験期間 配信状況
U-NEXT 2,189円 14万本 31日間無料
TSUTAYA TV 2,658円 非公開 30日間無料
FODプレミアム 976円 767本 1か月間無料
dTV 550円 312本 31日間無料
VideoMarket 550円 3,823本 入会月無料
注意
こちらの情報は2019年10月時点のものです。
ご自身で見たい作品があるかお確かめの上ご登録してください。
【この世界の片隅に】を見るならU-NEXTがおすすめです!
ここからはU-NEXTの特徴やお勧めの理由をご紹介します!

U-NEXTの特徴

U-NEXTの特徴①
見放題動画140,000本、新作などのレンタル動画20,000本を配信しています!
U-NEXTの特徴②
動画だけではなく、書籍や雑誌もかなり充実!
書籍:42万冊以上(漫画22万冊、書籍17万冊、ラノベ3万冊)
雑誌:70誌以上
U-NEXTの特徴③
有料会員の方は毎月、1200ポイントが配布されます。(無料期間会員の方は600ポイント)
「1ポイント=1円」として利用することができます。
このポイントで新作映画や新作漫画を購入することが可能となります。
注意
上記の情報は2019年10月時点の情報です。

U-NEXTがおすすめな理由は?

U-NEXTでは31日間無料で体験することができます。

その期間内であれば、U-NEXT内の他の作品も楽しむことができます!

U-NEXTでは【この世界の片隅に】だけでなく、片渕須直監督作品がたくさん配信されているので要チェックです!

U-NEXTで配信中の片渕須直監督の作品
・名犬ラッシー
・BLACK LAGOON / BLACK LAGOON The Second Barrage
・名探偵ホームズ
まだU-NEXTを試したことがない方は、以下のボタンより詳細を確認してみてください!

【この世界の片隅に】を観てこの作品の温かさに触れよう!

いかがだったでしょうか?

戦争と聞くと残酷な描写が多く見ずらいというイメージがあるかもしれませんが、【この世界の片隅に】は温かい場面が多く、比較的優しく戦争について学ぶことができます。

戦争を2度と起こさないために、ぜひこのアニメを見て、命の尊さや戦争の残酷さについて学んでみてください。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!

 

DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事