【ワンピースネタバレ考察】魚人族はニカに救われなかった種族?他種族と比較して考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

バッカニア族のように奴隷として虐げられてきた種族は、「解放」の象徴としてニカの伝説が残っています。
その中で唯一、魚人族にはニカの謝罪文だけが残されてきました。

なぜ魚人族はニカの伝説が残っていないのか?謝罪文の意味と共に考察します。

太陽信仰=太陽神・ニカの信仰が確定?

エルハブやシャンドラはニカを信仰している

 

以前から太陽神の信仰が残っている土地は幾つか登場していました。
それが巨人族が住むエルハブと、空島の黄金都市シャンドラです。

しかし、彼らの信仰する太陽神が、ニカの事かどうかは懐疑的とされていました。

ですが「ワンピース」1106話にて、とうとうエルハブがニカを信仰していることが明かされます。

これにより各地に残る太陽神信仰は全て、ニカの信仰を指していると確定したと考えていいでしょう。

ルナーリア・バッカニア族もニカを信仰

 

土地ではなく、種族にニカの伝説が残っているパターンも存在します。

例えば百獣海賊団に所属したキングのルナーリア族には、ジョイボーイの伝説が残っていました。

そしてくまの血筋であるバッカニア族にも、解放の戦士としてニカの名前が受け継がれています。

どちらも政府から虐げられてきた種族で、ニカは奴隷たちの「解放」の象徴とされてきました。

形を変えてニカの伝説が受け継がれている?

ニカの伝説は多くの種族に残されていますが、その内容は少し異なります。

例えばシャンドラではニカは「崇拝される対象」として、その土地に根付いていました。

しかしバッカニア族では崇拝の対象というよりも、「解放をもたらす伝説」として受け継がれています。

なぜ各地でニカの捉え方が違うのか?
筆者はニカと共に戦った種族か、救われた種族かで、伝来の仕方が変わったと考えています。

なぜジョイボーイは人魚姫に謝罪したのか?

各地にニカの伝説が残る中で、唯一太陽を信仰しながら、ニカの名前が残っていない種族がいます。

それが魚人島です。
王家にはジョイボーイの名前が残されていますが、他の魚人はニカは愚か、ジョイボーイの名前も知りません。

なぜ魚人島にニカの伝説は残されていないのか?考察していきます。

おすすめの記事