不死川実弥アイキャッチ
出典:『鬼滅の刃』(C)吾峠呼世晴/集英社

鬼殺隊を支えるのが柱と呼ばれる実力者たち、そんな柱の一人が不死川実弥です。
荒々しい雰囲気の不死川実弥ですが、実際はどのような人物なのでしょうか?

また不死川実弥には弟がいるのですが、弟との関係も気になるところですよね。
そこで今回は不死川実弥の過去や柱としての強さに迫ってまいります。

【鬼滅の刃】不死川実弥とは?

まずは不死川実弥が一体どのような人物なのかみていきましょう。

不死川実弥のプロフィール

 

誕生日:11月29日
年齢:21歳
身長・体重:179センチ・75キロ
出身地:東京府 京橋區(中央区、京橋)
趣味:カブト虫を育てる
好きなもの:おはぎ


風柱「風の呼吸」の使い手

不死川実弥は鬼殺隊の最高位「柱」の中でも「風柱」を務める「風の呼吸」の使い手です。
風の呼吸は基本の五つの呼吸の一つになります。

苛烈な連撃と軽快な身のこなしが特徴です。

不死川玄弥の兄

不死川実弥には弟がいます。
それが炭治郎と同期の不死川玄弥です。

目元や雰囲気などがどこと無く似ていますよね。

【鬼滅の刃】不死川実弥の過去

柱に上り詰めるほどの実力者である不死川実弥は、いったいどのような過去を過ごしてきたのでしょうか。
ここからは彼の過去を見ていきましょう。


七人兄弟の長男として生まれる

不死川実弥は七人兄弟の長男として生まれました。
実弥の母親は朝から晩まで働き、暴力的な父親からも子供達を守る立派な母親だったようです。

父親が人に恨まれて亡くなってから、実弥は弟の玄弥とともに家族を守っていく約束をするのでした。

母親が鬼となり玄弥以外の兄弟を失う

 

ある日、遅くになっても帰ってこない母を実弥が探しに出かけます。
家では玄弥が妹、弟達と待っていました。
帰ってこない母を心配する妹、弟たちをなだめる玄弥でしたが夜明け近くになっても実弥と母は帰ってきません。

皆が心配しながら待つ中、突然扉を激しく叩く音が鳴り、「母ちゃんだ!!」と妹と弟が走り出しました。
静止する玄弥をよそに妹と弟が扉を開けると、飛び込んできたのはなんと鬼となった母親だったのです。

あっという間に妹、弟たちが襲われていきました。
そこに実弥が駆けつけ、鬼となった母を外へ連れ出し、玄弥に逃げるように伝えます。

玄弥が実弥を追うと、血だらけで鉈を持って、横たわる母を呆然と見つめる実弥が立っていました。
玄弥は、母が鬼だった状況を理解できず、母を失った悲しみから「なんでだよ!!なんでだよ!!なんで母ちゃんを殺したんだよ!!うわあああ人殺し!!人殺しーっ!!」と実弥を罵ってしまうのでした。

こうして、玄弥以外の兄弟はこの一件で皆息を引き取ってしまったのでした。


粂野匡近(くめのまさちか)との出会い

 

自身の母を手にかけてからというもの、実弥は単独で鬼と戦うようになりました。
鬼殺隊や日輪刀の存在を知らなかった実弥は、山ほどの刃物で武装し、鬼と戦い捕らえ、陽光で灼き殺すという、自殺行為とも言える方法で鬼を倒していたのです。

ある時、当時鬼殺隊として同じ鬼を追っていた粂野匡近と出会います。
彼は、実弥が危険な方法で鬼と戦っていることを知り、育手を実弥に紹介してくれたのです。

柱への昇格

こうして、鬼と戦う術を身につけた実弥は、ある時匡近とともに任務に当たります。
二人で下弦の壱を倒しましたが、その戦いで匡近は命を落とし、実弥だけが柱となったのです。

初めての柱合会議に参加した実弥は、お館様に向かって、自分の手を汚さず一番高いところから指図だけする、自分たちのことを駒としか思っていないのだろう、武術もかじっていない人間がトップにいるのは虫唾が走る、と次々と罵声を浴びせたのです。

お館様は、実弥を咎めようとする他の柱達を制止し、実弥の言葉をすべて聞いた上で「ごめんね」と謝罪しました。
そして、穏やかに、自分もできることならば剣士になりたかったが、どうしても体が持たなかったこと、隊士たちが駒だとするならば、同じく自身も駒でありすでに代わりもいる、自分は偉くもなんともないのだと続けました。

さらに、驚く実弥に対し、「匡近が死んで間も無いのに呼んでしまってすまなかったね、兄弟のように仲良くしていたから尚更つらかったろう。」と匡近の名前を出して実弥を労ったのです。
当時花柱であった胡蝶カナエから、お館様が亡くなった隊士全員の名前と生い立ちを全て把握していると教えられ、お館様の偉大さを実感しました。

お館様から匡近の遺書を渡された実弥は、お館様の言葉、そして匡近の思いに涙を流したのです。

【鬼滅の刃】不死川実弥の強さと呼吸

数々の困難を乗り越えてきた不死川実弥がどのような強さを身につけたのか気になるところですよね。
ここからは彼の強さに迫ってまいります。

強力な稀血

 

実弥は「稀血」という珍しい血の持ち主です。
稀血の人間は、鬼が食べると50人人間を食べるのと同じほどの力を得ることができます。

さらに、実弥の血は稀血の中でもさらに珍しく、その匂いを嗅いだものは酩酊する効果があります。
上弦の壱である黒死牟でさえも、実弥の血の匂いを嗅いだ際、足元がおぼつかなくなるほど強力なものでした。

不死川実弥の日輪刀

不死川実弥の日輪刀は緑色で、刀身全体に鋭く刺々しい模様があります。
鍔は風車を連想させる形をしており、鎺(はばき)には菊の花があしらわれています。

風の呼吸

先ほども触れた通り、不死川実弥は風の呼吸の使い手です。
風の呼吸の型を見ていきましょう。

風の呼吸:壱ノ型 塵旋風・削ぎ(じんせんぷう・そぎ)

 


おすすめの記事