【呪術廻戦】特級術師、乙骨憂太とは?能力・術式の強さから現在の活動までご紹介!
出典:pixiv@SIBATO

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

アニメ放送で大人気となった『呪術廻戦』
『乙骨憂太』は本編の前日譚に当たる0巻や劇場版の主人公で、本編でも大活躍する人気キャラです。

今回は、乙骨憂太の人物像や過去から現在までの活動、術式の強さなどについて、徹底解説していきます。

【呪術廻戦】特級術師『乙骨憂太』とは?

まずは、乙骨憂太とはどういう人物で、どういう性格なのかを紹介していきます。

乙骨憂太のプロフィール

乙骨憂太
出典:pixiv@L

 

乙骨憂太は、東京都立呪術高専の2年で、禪院真希や狗巻棘、パンダと同学年にあたります。

4人しかいない特級呪術師の一人。
膨大な呪力をもつ特級過呪怨霊に取り憑かれているため、呪術高専入学時から特級呪術師になりました。
これは過去にない異例の事でした。

家族は、非術師の両親と妹がいます。
両親とはトラブルがあって現在疎遠ですが、妹とは連絡をとっている模様です。

また、最強の呪術師『五条悟』とも遠い親戚であることがわかっています。

乙骨憂太は冷静で仲間想いの性格

乙骨憂太
出典:pixiv@SIBATO

 

性格は、常に冷静かつ優しく仲間想いで、友達や身近な人が傷つけられた時は感情的・攻撃的になります。

しかし、過去のつらい経験からか、時には非情な選択をする事もあります。
愛のためであれば、冷酷にもなれるということですね。

容姿は、前日譚(0巻)と本編で髪型が異なります。
0巻では黒色で前髪を下ろしていて、伏黒恵の髪型と似ていますが、本編では黒色で前髪を上げています。

【呪術廻戦】特級術師『乙骨憂太』の術式・能力

続いて、乙骨憂太の過去の0巻時点での過去の術式と、現在の術式について説明していきます。

過去の乙骨憂太の術式・能力

乙骨&里香
出典:pixiv@味噌乃

 

過去の乙骨憂太は特級過呪怨霊の『祈本里香』に取り憑かれており、祈本里香の力で戦っていました

祈本里香は呪霊であると同時に乙骨の外付けの術式であり、最愛の人を「最愛の人の魂を抑留する縛り」によって圧倒的な力を得ています。
祈本里香が持つ底なしの呪力も、乙骨の呪力が縛りで増幅されたもののようです。

祈本里香は乙骨本来の術式・模倣を無制限で使用可能で、反転術式を使って禪院真希と狗巻棘を治療するシーンもありました。

狗巻棘の呪言をコピーした際は何の反動もなく呪言を使用しており、術式が本来持つデメリットを受けずに術式を使えるようです。

現在は里香と似て非なる呪いのリカを使役

乙骨憂太 祈本里香
出典:pixiv@SIBATO

 

現在の乙骨憂太は、祈本里香とは似て非なる呪いのリカを使役して戦っています。
成仏した祈本里香が残した外付けの術式で、呪力も備蓄されています。

外見も祈本里香とは微妙に異なり、縛りが無くなったことで以前ほどの圧倒的な力はありません。
石流龍と正面から呪力を撃ち合った際は、押し負けていました。

普段は腕と頭部のみを顕現させた状態になっており、祈本里香の遺品の指輪を乙骨が付けることで完全に顕現します。

完全に顕現した状態では、リカからの呪力供給やコピーした術式が使用可能になります
ただし、リカが完全顕現できる時間は5分だけです。

 

本来の術式は模倣(コピー)

乙骨憂太と狗巻棘
出典:pixiv@SIBATO

 

乙骨憂太はリカを完全顕現させることで、本来の術式である模倣(コピー)を使用できます。
コピーした相手と同じ術式を使用可能で、死滅回游では以下の術式を使用していました

  • 狗巻棘の呪言
  • ドルゥヴ・ラクダワラの式神術
  • 烏鷺亨子の空を操る術式

祈本里香が成仏する前は無制限でコピーした術式を使用していましたが、現在は何らかの制限があるようです。

また、リカが完全顕現できる時間が5分のため、コピーした術式も5分間だけ使用できます。
九十九由基によると、術式の複数所持は脳への負担が大きすぎることも明かされました。

リカが外付けの術式になっているのも、乙骨憂太の脳に負担をかけないためと思われます。
術式をコピーする条件はリカが術師の体の一部を食べることのようですが、明言はされていません。

自力で反転術式を使える

乙骨憂太の反転術式は自分以外も治せる
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

現在の乙骨憂太は、リカと接続せずに反転術式を使えるようになっています。
また、自分に対して反転術式を使えるだけでなく、反転術式のアウトプットが可能。

反転術式の正のエネルギーで他人の傷を治療できる術師は、現時点で両面宿儺・家入硝子・乙骨憂太の3人だけしか登場していません。

また、反転術式を呪霊に使用した場合は、負のエネルギーの塊である呪霊に対して一撃必殺と言えるほどの威力があります。

ただし、底なしの呪力を持つ乙骨憂太も反転術式を連続利用して呪力が底をつきそうになっており、膨大な呪力を使用する技です。

詳細不明ながら領域展開を習得済み

領域を展開する乙骨憂太
出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

乙骨憂太は領域展開も習得していることが、死滅回游で明らかになりました。
乙骨憂太は烏鷺・石流との戦いで、3人同時に領域展開を使用しています。

しかし、領域の押し合いになっているところに黒沐死が乱入したことで、全員の領域が不発に終わりました。

現時点で、乙骨憂太の領域展開の名前や能力は不明です、
乙骨憂太は領域を展開する際の掌印は茶吉尼天の印でした。

おすすめの記事