【呪術廻戦】五条悟を徹底解説!イケメンな素顔や強すぎる能力、カッコ良い名言など!
出典:pixiv@時島シクカ

目次

呪術廻戦の中でも”最強”として特に人気が高いのが五条悟です。
アニメ2期でも大活躍しましたが、渋谷事変で訪印されてしまうというまさかの展開になっています。

五条悟の魅力や能力、名言や封印された後どうなったのかなどについて徹底解説します。

【呪術廻戦】目隠しの下はイケメン!五条悟という人物

五条悟のプロフィール

 

年齢28歳
身長作者曰く、190㎝くらい
生年月日12月7日
好きなもの甘いもの
嫌いなものアルコール
等級特級呪術師(日本に4人しかいない)
職種東京都立呪術高等専門学校 一年の担任

さらに付け加えると、呪術界御三家のひとつである「五条家」の現当主を務めています。

五条悟の性格

自分が”最強”な事、性格が悪い事を自覚しており、ひょうひょうとノリの軽い態度でよく周りを振り回しています。人を煽ったり怒らせたりするのが得意なのは、上層部の方たちとの絡みを見ていれば一目瞭然です。五条の同寮で同級生の硝子(しょうこ)にはクズ呼ばわりされており、後輩である七海(ななみ)には「尊敬はしていない」と言われる始末。

ただ、呪術界の若者(つまり生徒)の育成に力を入れている事は、教職を選んだ理由として五条自身も挙げており、本気で呪術界の改革を望んでいるようです。

五条悟の外見・目隠しの理由

見た目は白髪、碧眼、で身長は191㎝越えというモデル並みの体型をしています。加えて目隠しを外すと、まつ毛ばさばさの日本人離れしたイケメン顔が現れるという五条悟の素顔ですが…

さて、ここで疑問なのが、「なぜ目隠しをしているのか?」という事です。この理由はおそらく、「六眼(りくがん)」という五条家由来の能力が関係しているのでは、と思われます。

「六眼(りくがん)」とは、作者いわくめちゃくちゃ呪力が詳細に見える目の事だそうです。五条家の特異体質で、生まれ持つ者も希少だとされています。はっきりとした理由は、原作でも出ていないのですが、この能力が関係しているのは間違いないでしょう。

この「六眼」からの情報量が多すぎるため、それを制限するという役割も兼ねているのだろうと言われています。また、目隠しによってわざと自信の能力を制限し強化に努めているという説もあり、理由はひとつに限らないようです。

【呪術廻戦】チート過ぎる五条悟の能力とは?

無下限呪術とは?

無限を具現化させる術式

五条悟の無下限呪術は、本来至る所にある『無限』を『現実』に持ってくるという術式です。
2つの物体の距離が無限なら、その2つは影響に触れることはできません。

無下限呪術のバリアは、自分周りに無限の距離を作り出すことであらゆる攻撃が五条悟に届かなくなります。

他にも自分の下に無限を作り出すことで空中に浮いたり、逆に距離を無限に縮めて高速移動も可能です。
仮想の重量で敵を押しつぶすなど、攻撃にも利用できます。

無下限呪術を使いこなすには六眼が必須

五条悟は無下限呪術を所持しているだけでなく、六眼の保有者でもあります。
六眼は術式や呪力の詳細を視覚情報として、認識できる特殊な目です。

六眼の保有者は原子レベルでの緻密な呪力操作が可能で、呪力の無駄もほぼゼロになります。
無下限呪術は非常に扱いが難しいため、六眼保有者でなければ使いこなすことはできないようです。

また呪力の無駄がなくなることで呪力の消費量自体が極端に少なくなり、基本的に五条悟に呪力ぎれはありません。

無下限呪術と六眼の両方を保有した術師は数百年ぶりであり、五条悟が以下に貴重で優れた術師化がわかります。

五条悟の術式

術式反転『赫』(じゅつしきはんてんあか)

 

術式反転は、本来の術式効果と反対の能力を発動するという術式で、術式反転された無下限です。

原作の中で、術式反転『赫』は発散(はっさん)と呼ばれ、「近づくものがだんだん遅くなる」を「遠ざかるものがだんだん速く」にする力だと思っていただければわかりやすいです。

術式順転『蒼』(じゅつしきじゅんてんあお)

術式順転『蒼』は、所謂ブラックホールのようなもので、対象物を引き寄せる術式で強化した無下限のことです。原作では「収束」と呼ばれています。

これを使っている本人が「扱いが難しい」と言う程の威力で、物を破壊したり、潰したりともの凄く最強な力だと言えます。

虚式『茈』(きょしきむらさき)

 

虚式『茈』 は、先程紹介した『赫』と『蒼』を合わせた複合術式です。一つ一つの力が結構最強なのに、さらに足して使うというチート能力のひとつです。これで地形を吹き飛ばした場面もあります。

領域展開・無量空処

 

五条悟の領域展開は、相手の脳に無限の情報を流し込む無量空処です。
領域展開は呪術の極致と言われる技で、術式を付与した結界に相手を引きずり込みます。

脳は知覚→伝達→行動というサイクルを繰り返しますが、無量空処は無限に終わらない知覚と伝達を強要します。
無量空処を受けた相手は、膨大な情報を流し込まれながら行動できない状態に

膨大な情報を流し込まれた脳自体も、ダメージを負います
作中では特級呪霊の漏瑚が脳に大きなダメージを受けなかったため、行動不能になるだけの技と思われていました。

実際は10秒間無量空処を受けただけで両面宿儺が、目から血を流すほどのダメージを負っています。
人間の脳なら、短時間で再起不能になる恐ろしい領域展開です。

反転術式も使える

 

五条悟は、呪力を掛け合わせることで正のエネルギーを生み出す反転術式も使用できます。
反転術式は正のエネルギーで傷を治療する技ですが、さまざまな応用が可能です。

五条悟は禪院甚爾との戦いで、一度死亡し呪力の核心を得たことで反転術式を習得
反転術式を習得したことで、術式反転『赫』も使用可能になりました。

反転術式を常時脳に使用して回復させることで、脳の負担が大きい無下限バリアも常に発動した状態に。
反転術式も五条悟の最強を支える大きな要素になっています。

宿儺との戦いでは切断された腕を一瞬で元に戻しており、回復スピードも全呪術師でトップクラスです。

おすすめの記事