【呪術廻戦】釘崎野薔薇(くぎさきのばら)とは?術式や過去、死亡説・生存説を考察!
出典:pixiv@時島シクカ

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

高専一年生の中で紅一点の釘崎野薔薇。
呪術廻戦アニメでも、渋谷事変編で衝撃的な死亡シーンが描かれました。

生存説は多いですが、意外な形で釘崎野薔薇が復活するかもしれません。
釘崎野薔薇の死亡説・生存説・復活の可能性について徹底考察します。

呪術廻戦の最新刊をお得に読むなら
ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【呪術廻戦】釘崎野薔薇とは?

プロフィール

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

名前釘崎野薔薇(くぎさきのばら)
誕生日8月7日
身長160㎝未満
学校東京都立呪術高等専門学校 1年生
等級3級呪術師
出身地東北の田舎(盛岡まで4時間かかる)
好きなもの流行りもの・スイカ
嫌いなもの浅漬け
趣味ショッピング
ストレス乾燥

主人公である虎杖悠二(いたどりゆうじ)と伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の同級生として登場し、1年生では紅一点の存在である釘崎野薔薇。「田舎が嫌だったから」という理由で上京を決意する。

揉めはしたものの、祖母の推薦というかたちで東京都立呪術高等専門学校に入学。同じ東北出身の虎杖悠二とは意気投合しており、東京観光に目を輝かせるあたりは、地方民らしい姿も見せている。

容姿・性格

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

容姿は、切りっぱなしのボブヘアで、色はハイトーンのオレンジベージュ。なんでも、地毛ではなく、染めているとのこと。瞳の色は単行本だと赤茶色、アニメだと茶色で、身長は高過ぎず低過ぎず、スタイルは良い方。

さっぱりとした勝気な性格で、口は悪いが、芯が強く、自分をしっかりと持っているタイプ。虎杖悠二や伏黒恵に対しては、当たりが強く図々しい一面も見せているが、それは同級生だからこそ。思っていることがすぐに顔に出るので、喜怒哀楽が分かりやすく素直。先輩の禪院真希(ぜんいんまき)を特に慕っており、彼女が禪院家に認められるよう手助けしたいと発言する場面もありました。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の能力

釘崎野薔薇の術式

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇の術式は、「芻霊呪法(すうれいじゅほう)」。使用するのは、金槌(かなづち)・藁人形(わらにんぎょう)・五寸釘(ごすんくぎ)の3つ。敵や対象物に、金槌で五寸釘を打ち込み、呪力を流すという術式。相手を「呪う」という意味では如何にもな方法で、古い術式とされており、呪術界の保守派には受けが良いとのこと。

能力①共鳴り(ともなり)

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

「共鳴り(ともなり)」とは、敵の身体の一部を藁人形に重ね五寸釘(呪力)を打ち込み、対象の本体を攻撃する方法。これは必ずしも藁人形である必要はなく、人形(ひとがた)であれば可能。敵の本体が離れていても、共鳴りなら遠隔攻撃が可能なため、術式が広範囲に。敵との実力差や、使用する体の部位の希少価値によって、攻撃力が変化する。

能力➁簪(かんざし)

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

「簪(かんざし)」は、五寸釘を相手に打ち込み、呪力を流して攻撃する方法。これは、釘崎野薔薇が基本的に使っている攻撃手段です。五寸釘を増やせば増やすほど、流し込める呪力が大きくなるので、なんと大木を倒すほどの攻撃力になる時も。

また、呪力を流すタイミングは釘崎野薔薇次第なので、時間差攻撃も可能。遠隔攻撃のひとつでもあります。

能力③黒閃(こくせん)

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

「黒閃(こくせん)」とは、誤差0.000001秒以内に打撃と呪力が衝突し、それによって出来た空間の歪みにより呪力が黒く光る事を指します。この時、威力は平均の2.5乗に。

狙って出せる呪術師はいないと言われるほど難しい技なので、本人も出そうと思って出せるわけじゃなく、大変レアなもの。釘崎野薔薇の「黒閃」は、単行本7巻61話の八十八橋での受胎九相図の兄弟たちとの対戦で初めて発動しました。

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の過去

「沙織」の存在

出典:『呪術廻戦』(Ⅽ)芥見下々/集英社

 

釘崎野薔薇の過去シーンによく登場する「沙織ちゃん」。存在が初めて分かったのは、単行本5巻41話の場面でした。

彼女は釘崎野薔薇が小学1年生の頃、東京から引っ越してきた7歳年上のお姉さん。聖母のように優しく、家に招き入れてくれては、お菓子やお茶をふるまってくれていました。釘崎野薔薇はそんな「沙織ちゃん」が大好きでした。

しかし、地元の人たちは「田舎者を馬鹿にしている」といった被害妄想から、沙織ちゃん一家に嫌がらせをするように。段々とエスカレートしていく嫌がらせ、挙句の果てには車に落書きするような悪質なものもありました。耐えきれなくなった沙織ちゃん一家は、逃げるように引っ越す、という結果を迎えてしまうのです。

そんな状況を目の当たりにした釘崎野薔薇は、ますます地元を嫌うようになります。釘崎野薔薇の「田舎嫌い」はこれが原因でもあるのです。

おすすめの記事