キングダムネタバレ【最新話747話】確定速報|虎白公が戦場に?!

目次

今週のキングダムは休載です。2022年2月9日発売の週刊ヤングジャンプ9号に掲載されるキングダム第747話のネタバレ情報をご紹介します。

キングダムネタバレ最新話747話の考察

キングダムネタバレ最新話747話考察|李牧・桓騎のどちらかが逃亡する?

桓騎も李牧もどちらかが逃亡するのではないかと考えます。

桓騎が逃げる理由として、桓騎は他の武将と違って武功を上げるということにそこまで興味を持っていないという点が挙げられます。

その為、もう李牧を倒すのは無理だと判断した時点で呆気なく逃亡するかもしれません。

この当時、逃亡という行為は侵攻失敗、つまり戦争にも敗北という捉え方をしてしまうので、桓騎は秦の国に帰るのが難しくなります。

秦に帰れないとなると他の国に逃亡するしかないので、現時点でも桓騎は他の国に亡命する可能性も0はではありません。

そして李牧は、桓騎の攻撃で頭部に深手を負ってしまったので、ここでの戦いは諦めて逃亡すると考えます。

そんな李牧の退路をつくるのが少し前に登場した虎白公の軍の可能性も。

このタイミングで虎白公軍を自分のもとへこさせたのも、自分がピンチの時に退路を作ってもらうためにあらかじめ呼んでおいたもともとの李牧の作戦かもしれませんね。

キングダムネタバレ最新話747話考察|傅抵が桓騎を討つ?

前のキングダムの最後に李牧は傅抵に桓騎を狙うよう指示を出していました。

その為、おそらく桓騎と真っ先にぶつかる可能性があるのが傅抵ではないかと考えます。

しかし、今後の展開において、傅抵という李牧の側近が大将の桓騎を討つという可能性はあまりないのかなとも思います。

将軍と大将では武力の差も歴然ですしね。

しかし、傅抵が李牧や虎白公に桓騎を倒すチャンスを作り出す可能性は0ではありません。

ここで傅抵がいいアイシストを行えば桓騎もピンチになるかもしれません。

キングダムネタバレ最新話747話考察|黒桜の過去があかされる?

次回で黒桜の過去が分かるんじゃないでしょうか。厘玉との戦いの中で、傅抵が他人の気持ちを踏み荒らして来たと桓騎軍の事を非難すると、黒桜は踏み荒らしたのはそっちだと言っていました。

普通だったら李牧軍との戦いで仲間を大勢失ったから言い放った発言に感じるでしょう。しかし、裏を返せば黒桜自身の過去も絡めて言った発言なんじゃないかと思います。

黒桜は女性なので嫌な思いをしてきたのだと思いますし、桓騎に拾われていなければ酷い目に遭ったのかもしれません。

キングダムネタバレ最新話747話考察|厘玉達全員で桓騎を守る?

747話では厘玉達が桓騎を死守する事になるんじゃないでしょうか。桓騎は仲間を捨ててでも生き残りたくないと言っていたので、今いる仲間達の事を大切にしている証拠と言えます。

しかし、厘玉達にとって桓騎に拾われていなければ、生きていないでしょうし、命に代えても守りたいと思う筈です。それ故に李牧を討つ絶好のチャンスを無視して桓騎の元へと向かいました。

そして死守していくんじゃないでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|カギとなるのは虎白公?

今回のこの肥下の戦いでカギとなるのは虎白公軍だと思われます。戦いも最終局面に入っている今、突如として現れた虎白公軍。

楽華隊とぶつかるのか?と思われましたが、楽華隊とはぶつからず、李牧のもとへ向かってます。

ほとんど無傷の状態で李牧のもとへ向かおうとする虎白公軍は今後の展開に置いて重要な役割を持っているのではないでしょうか。

この虎白公軍の動き次第で戦いが大きく動き出す可能性があります。

キングダムネタバレ最新話747話考察|ゼノウが活躍する?

桓騎軍の一人であるゼノウが活躍する可能性があります。少し前に全身に矢を撃たれた姿のゼノウが登場しましたが、それ以降は登場していません。

しかし、ゼノウが亡くなったという知らせもないのでまだ生きている可能性が高いです。そこで桓騎のピンチにゼノウがくるのではないかと考えられます。

虎白公軍が李牧のもとへ到着してしまうと、一気に趙軍が有利となってしまい、桓騎はかなり危ない立場になります。そこでゼノウが登場して、桓騎を討とうとする虎白公を止めるでのないのでしょうか。

ゼノウが虎白公を止めている間に桓騎は逃亡を図り、囮となったゼノウはもしかしたら虎白公に討たれてしまうかもしれません。

キングダムネタバレ最新話747話考察|飛信隊や楽華隊が桓騎の援護に?

飛信隊も楽華隊も趙軍の足止めを受けており、桓騎の援護に行くことができていませんでした。しかし、両方、もしくはどちらかの隊が包囲網を抜けて桓騎の援護に向かう展開が予想されます。

包囲網を抜けて桓騎のいる所までいくのはかなりの至難の業。しかし、もし桓騎のところまでたどり着く事ができれば戦況が大きく変わるかもしれません。

キングダムネタバレ最新話747話考察|総大将の一騎打ち?

キングダム747話で注目されるのはやはり、桓騎と李牧の一騎打ちです。

今までキングダムでは総大将同士の戦いは周りは手を出さず見守るスタイルが多く見られていたので今回も周りの兵士たちは手を出さず見守る可能性があります。

そうなれば自然と総大将同士の一騎打ちとなります。

趙軍の指揮をとっていた李牧を討ち取る事ができれば、一気に趙軍の陣形を崩すことができます。しかし、ここで李牧を桓騎を討つ事ができたとしても周りのほとんどが趙兵。

桓騎は趙兵から逃げ切って秦が勝利し、この戦いの決着がつく展開も考えられます。

キングダムネタバレ最新話747話考察|桓騎を誰が討つ?

しかし、だとすると誰が桓騎を討つのか?ここまで引っ張っておいて、画面に出てきていない摩論や范善が何かして桓騎は逃げのびるというオチ?

これだけ包囲されて抜け出せるとか普通に考えてアリエナイですが、宜安城がもぬけのカラになってから、ここまでの展開を見ていると、普通に桓騎と数人の幹部なら逃げられるとしれっとナレーションで説明しそうなので絶対ないとも言えません。

この漫画変幻自在ですからね。

キングダムネタバレ最新話747話考察|桓騎は燕に亡命?

史実によれば、桓騎は李牧に勝てないと判断をし、その場を離れます。逃亡した桓騎はそのまま燕に亡命したと言われています。

逃げる事はこの時代ではありえないこと。ましてや各方面に散らばっている自分の軍までも見捨てて自分だけ逃げてしまっては秦国に帰ることもできないので戦地の近くの燕に亡命したと考えられます。

キングダムネタバレ最新話747話考察|増援が間に合う

747話では2人が一騎打ちをしている間に増援が間に合うんじゃないでしょうか。袁譚率いる軍勢がまだ到着している様子はありませんが、急いで戻ろうとしているのは間違いない筈です。

桓騎をこの手で討ち取ろうと意気込んでいるので、絶対に駆けつける筈だと思います。そして何とか間に合うんじゃないかなと思います。

同時に桓騎軍がより追い詰められる事になるんじゃないでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|昌文君の指示は?

秦国の軍師トップは李牧の戦略を読んでいたのでしょうか?赤麗での毒殺までは、秦軍は読んでいなかったと考えるのが普通ではないでしょうか。

諜報部員からの情報が届いたとしても、遠く離れた地の戦況を把握し、手を打つまでの時間を考慮すると間に合うのか。

趙軍に大きく戦力を削がれた秦軍の状況を巻き返すのは誰なのでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|偲央は死の真相が明らかに?

砂鬼一家は、那貴の偲央の存在についての質問に死んだと答えています。桓騎には大きな存在だった様な感じが受け取れますが、偲央の死には桓騎の怒りの元は隠されていることでしょう。

今の桓騎を突き動かす原動力はなんなのか…気になりますね。

キングダムネタバレ最新話747話考察|13歳以前の桓騎の生い立ちが明かされる?

どしゃぶりの雨の中、山間の山道に倒れていた少年時代の桓騎が描かれていました。偲央は、顔を見て「美しい子」と、言っています。

身なりは普通ですが、過去にはどんな環境で育ってきたのでしょうか?13歳で剣の使い方にも慣れていて、訓練か実戦経験がなければ盗賊の大人を相手に一方的に勝てません。

前話から引き続き、桓騎の出生から偲央に出会うまでが気になります。せっかく桓騎がいない間に、生い立ちが判明し出したところで、宜安城に桓騎が到着し頓挫してしまいましたね。

一体いつ明かにされるのでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|李牧とカイネが離脱する?

李牧とカイネが離脱するんじゃないかと思います。李牧は今の状態では武将と戦う事は出来ませんし、カイネの事も心配している状態では集中も出来ないでしょう。

それ以上にカイネの状態が深刻と言えます。更には李牧の身も危ない状況にあるのです。それ故に離脱するんじゃないでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|厘玉が馬南慈と傅抵を相手にする?

李牧を仕留めそこなった厘玉が代わりに馬南慈と傅抵を相手にするのではないでしょうか。厘玉は李牧を仕留めるためには、2人を撃破しないといけません。

2人は厘玉の突破を許したら李牧の身が危険に晒されます。それ故にお互いに負けられない戦いとなるでしょう。

そして激しくぶつかり合う事になるんじゃないかと思います。

キングダムネタバレ最新話747話考察|黒桜が厘玉を援護する?

厘玉は馬南慈と傅抵と戦うことになるでしょう。馬南慈と傅抵は手強いですし、2対1なので厘玉にとってはかなり厳しいと思います。

それ故に黒桜が援護するんじゃないかなと思います。このままだと李牧を逃がす事になってしまいますし、このチャンスを逃したくはないでしょう。

厘玉を援護し、彼に李牧を追わせるんじゃないかと思います。

キングダムネタバレ最新話747話考察|李牧は挟撃から脱出できる?

趙軍は、李牧を助ける為に必死に退路を作っています。身代わりになったカイネを救った李牧は、2人でこの境地から逃げ出せるのでしょうか?

周りの援軍は、飛信隊・楽華隊によって足止めされるでしょう。よって援軍は期待できず、自力脱出しかありません。傅抵がどういう働きをするかにかかっていますね。

キングダムネタバレ最新話747話考察|傅抵と馬風慈が身代わりに?

傅抵と馬風慈の登場で、李牧は死地から脱出できそうな雰囲気があります。しかし、もう趙軍には周囲の援軍は期待できないでしょう。

それは、飛信隊・楽華隊が周囲の趙軍の援軍を潰す事でしょう!そうなると李牧を逃す為に、カイネの様に身を挺して守でしょう。

傅抵はカイネを好いている様ですね!(カイネは李牧を好いている様です。)よって、カイネの為に傅抵が身代わりになって死んでしまうのではないでしょうか。

信が手こずっていた傅抵を、対峙している厘玉が討ち取れるのでしょうか。

キングダムネタバレ最新話747話考察|カイネは無事?

弓矢からカイネを守るために奮闘すると思われる李牧。カイネは守られながらも、李牧のために何も出来ていないこの状況に苦しむでしょう。

それ故に何とか立ち上がって、李牧と共に頑張るんじゃないかと思います。首にダメージを受けているので、長い時間は頑張れないと思いますが、そこはモチベーションで何とかするでしょう。

そして味方が来るまで、耐えると思います。

キングダムネタバレ最新話747話考察|李牧が狙うのは「数の有利」?

李牧はこの宣安の戦いを半年以上前から準備に準備を重ねて参りました。この圧倒的な戦力を以て秦国を打ち破ろうとしています。

絶対的な数の有利な前では、下手な小細工は一切通用しません。強いていうならどれだけ犠牲を少なく勝利を収めるかといったことくらいでしょう。

いくら飛信隊が直感的に動こうが、楽華隊が攻めてこようが、準備をしっかり行ってきた自軍には勝てないと踏んでいます。

おそらく今後一時的とは言え、秦国が優勢になり逆転の目が見えそうになる事はあっても李牧は追い討ちをかけてくるでしょう。

未だに姿を現さない司馬尚、李牧と同等の力を持っていると言えるこの大将軍を一体どこでぶつけてくるでしょうか?奥の手をまだ持っている李牧の方が未だ優勢言わざるを得ません。

おすすめの記事