キングダムネタバレ最新話795話【確定速報】秦軍最大規模の犠牲?!敵の追撃で脱出困難

2024年4月25発売の週刊ヤングジャンプ21号に掲載されるキングダム第795話のネタバレ情報と考察をご紹介します。

キングダムネタバレ794話のおさらい

キングダムネタバレ最新話794話①李牧の想い

李牧の元へ早馬が到着すると、王翦が撤退し敗走したことが伝えられる
王翦の首が挙がっていないことを確認し、確実に首を取るよう青歌に祈る
王翦の首を取れれば青歌は今後出陣せずに済むであろうと考える

キングダムネタバレ最新話794話②倉央ここまでか

秦軍本陣では、倉央が決死の思いで王翦を逃がそうと刃を振るっていた
青歌兵の回り込みが早すぎて振り切れずにいる現状
抜け道を必死に探す倉央の元に、左方から司馬尚軍の騎馬隊三百騎が現れる

キングダムネタバレ最新話794話③九死に一生!亜花綿現われる

倉央が敵に刃を向けられるも、亜花綿が現われ騎馬隊を一掃していく
亜花綿は危機的状況を見て、撤退の補助が出来るよう身を潜めていた
王翦が死ななければ根は残り、根が残れば復活できることを王翦に伝える
王翦は「沈黙しているのは復活への道筋について思考を巡らせているからだ」と一喝

キングダムネタバレ最新話794話④糸凌ついに息絶える

勝利の経験しかなかった倉央は、初めて見る敗戦の光景を眺める
糸凌を想い、「すまぬ糸凌、お前もこの中に・・・糸凌・・・」と涙を浮かべる
糸凌もまた、倉央を思いながら最期の言葉を口にし、息を引き取る
傅抵は取り残された王翦軍を殲滅すべく、戦場を駆け巡っていた
傅抵による追撃で王翦軍は壊滅してしまう

キングダムネタバレ最新話794話終了時の状況まとめ

番吾の戦い|各軍の構成

キングダム 番吾開戦前状況
出典:『キングダム』(C) 原泰久/集英社

 

秦軍(計25万)
中央軍(12万)・本陣に王翦軍5万
・倉央・糸凌軍3万
・田里弥軍1万
・亜光軍3万
遊軍(3万)・玉鳳軍2万
右翼(3万)・羌瘣率いる飛信隊2万
・王賁率いる玉鳳軍1万
・李信率いる飛信隊1万
左翼(7万)・楊端和率いる山の民連合軍7万

秦軍の構成25万のうち、20万は宜安攻めのときに無傷だった北東部隊が参加しています。

残りの5万は、おもに王翦と楊端和連合軍の兵です。

趙軍(計30万)
中央軍(10万)・司馬尚軍3万
・カン・サロ軍2万
・ジ・アガ軍2万
・楽彰軍2万
・フーオン軍1万
遊軍(4万)・李牧・カイネ軍1万
・傳抵軍3万
右翼(9万)・馬南慈軍3万
・馬風慈軍1万
・舜水樹軍3万
・骨珉伯軍2万
左翼(7万)・袁環率いる宜安軍7万

趙軍の構成は、李牧軍が最低数の1万と少なくなっています。

中央に配置されている「司馬尚軍」「カン・サロ軍」「ジ・アガ軍」は、秦軍にとって情報が圧倒的に少ない武将です。

番吾の戦い|各軍の戦況状況

秦軍左翼

山の民軍と趙連合軍が引き続き交戦中です。攻めに特化している骨珉伯軍に足止めされながらも、メラ隊が離脱に成功し番吾の城へ向かい、無事に到着しました。

秦軍中央

中央左翼側では、糸凌がジ・アガとの交戦で重傷を負いながらも、ジ・アガの首を取りました。ジ・アガの敗走を受けて、カン・サロが本気を出し申赫楽しんかくがく山秀さんしょうへ反撃。申赫楽しんかくがく山秀さんしょうの二人はカン・サロによって敗走します。

中央後方の秦軍本陣では、王翦軍と司馬尚軍がついに対峙。さらに楽彰やカン・サロも本陣へ到着し、秦軍は再び劣勢となります。

そして王翦を逃がすために自らの命を持って亜光と田里弥が戦死。もはやここまでかと思われるも、亜花綿の到着により、王翦は倉央と撤退します。

秦軍右翼

羌瘣率いる飛信隊が袁環軍と交戦中で、援軍に来た玉鳳隊が乱戦に追加されました。

土塁の砦へ行軍していた信率いる飛信隊が右翼へ帰還したことで、王賁は急ぎ本陣へ向かっている途中です。

秦陣営の登場人物

配置名前人物
中央
王翦おうせん六代将軍で無敗の男
軍略の才で上り詰めた李牧と並ぶ偉才
亜光あこう王翦軍の第一将
防御力が高く崩れない陣形が特徴
司馬尚に討ち取られ戦死
田里弥でんりみ王翦軍の第三将
王翦軍随一の知将で殺傷部隊としても活躍
楽彰から受けた傷により戦死
倉央そうおう王翦軍の第四将
先人を切って自ら剣を振るう特攻タイプの将軍
糸凌しりょう倉央軍の副将で倉央とは男女の関係
圧倒的なスピードで部下を置き去りにしてしまう
カン・サロに受けた傷で戦死
遊軍王賁おうほん玉鳳隊の隊長で王翦の息子
幼い頃より鍛えられた槍で正確な突きで的を圧倒
右翼
しん飛信隊の隊長
奴隷出身で天下一の大将軍になることが目標
同期の蒙恬もうてん王賁おうほんとは肩を並べ成長し合っている
羌瘣きょうかい飛信隊の副長で信からプロポーズを受けている
呼吸を使う巫舞と呼ばれる剣術を使う
左翼 楊端和ようたんわ六大将軍で山の民を率いる王女
戦闘力の高い山の民を武力で束ねている
バジオウ山の民軍の副将で楊端和へ厚い信頼を持つ
高い身体能力と突出した攻撃力で山の民一の戦闘力
キタリ山の民軍内メラ族の族長
番吾の戦いでは壁を助け出すために戦線を離脱

ついに王翦を総大将、楊端和を副将軍として、番吾の戦いの火蓋が切られました。

秦軍は李牧の巧妙な罠に困惑しつつも、趙国を落とすべく尽力を尽くします。

趙陣営の登場人物

配置名前人物
中央司馬尚しばしょう趙の最強の武将の一人
難民・流民が集まりできた青歌城(国)の城主
カン・サロ青歌軍の第一将を務める
司馬尚に次いで青歌最強の武将
楽彰がくしょう青歌軍の第二将を務める
宜安の戦いで飛信隊と交戦
ジ・アガ青歌軍の将軍
宜安の戦いで狼孟軍副将を務める
青歌一の剛腕を持つと言われている
糸凌に討ち取られ戦死
遊軍李牧りぼく趙国三大天
明晰な頭脳を持ち巧妙な策で戦う
秦国にとって最大の脅威
カイネ李牧軍
李牧の護衛を務め密かに思いを寄せている
傳抵ふてい李牧軍
カイネに好意を抱くも相手にされていない
右翼骨珉伯こつみんはく李牧が不在の間雁門軍の将軍を務める
高い攻撃力を持ち宜安の戦いも参戦
舜水樹しゅんすいじゅ李牧軍の副官で李牧に次ぐ智将
観察力が鋭くわずかな情報で戦況を把握
馬南慈ばなんじ李牧軍の副官で李牧軍随一の猛将
「雁門の鬼人」の異名を持つ
馬風慈ばふうじ李牧軍で馬南慈の息子
骨珉伯とともに宜安の戦いに参戦
左翼袁環えんかん宜安軍将軍
落ち着いた言葉遣いで部下思い

趙軍は前回の宜安の戦いで、壁含む毒に倒れた秦軍を捕虜として捕まえています。その後、捕虜たちに大掛かりな罠を作らせていたのです。

さらにこの番吾の戦いこそが李牧の「本命」だったということが、李牧と馬南慈との会話で判明します。

王翦の首を徹底的に取りに行くことで、秦国の侵攻を止めようと考えていたためです。

次のページからは最新話のネタバレが記載されているので、ネタバレを知りたい方のみご覧ください。
おすすめの記事