バスケアニメの新時代!「黒子のバスケ第1期」の魅力・感想・評価を総まとめ!
出典:Amazon.co.jp

アニメ「黒子のバスケ」は週刊少年ジャンプにて連載された藤巻忠利の初連載漫画を原作とした作品になります。
黒子のバスケ第1期は、2012年4月から9月にかけて「BS11」や「アニマックス」などで放送されました。

週刊少年ジャンプのバスケ漫画といえば「スラムダンク」を思い浮かべる人も多いかと思いますが、「黒子のバスケ」は全く違った魅力を持っており、個性的な漫画として大人気です!

今回は、そんなアニメ「黒子のバスケ」の第一期の魅力や感想・評価、さらにはアニメを無料で視聴する方法などご紹介していきます。

バスケ漫画は「スラムダンクでいいや」と思っている人や「アニメはちょっと…」と思っている人にこそ是非観てもらいたい作品です。

アニメ「黒子のバスケ」第1期の基本情報・あらすじ

Blu-ray 予告PV

「黒子のバスケ」第1期の基本情報

「黒子のバスケ第一期」は藤巻忠利の初連載漫画「黒子のバスケ」の漫画作品を原作とするアニメで、単行本で言うところの9巻までが収録されています。

2012年4月から9月まで「BS11」や「アニマックス」などで全25話が放送されました。

バスケアニメには「スラムダンク」という超王道の漫画があったにもかかわらず、その作品に勝るとも劣らない魅力を持っており、是非アニメでの視聴をおすすめします!

「黒子のバスケ」のあらすじ

「帝光中学バスケ部」、全中三連覇を誇る輝かしい歴史の中でも、10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれていました。

そして、そんな「キセキの世代」5人が一目置いていた選手がもう一人、幻の6人目がいました。

ストーリーを現在に戻し、アメリカ帰りの粗削りなパワ-プレイヤー高校生・火神大我。彼の入学先、誠凛高校バスケ部で出会ったのは、超地味な少年「黒子テツヤ」でした。

黒子テツヤはバスケは上手くはないが(むしろ下手)、さらに存在感もなさすぎる黒子に幻滅する火神だったが、何を隠そう彼こそが「影が薄すぎる故の、見えないパス回し」を武器とする「キセキの世代」の幻の6人目(シックスマン)でした。

火神とともに打倒「キセキの世代」を誓う黒子。高校のバスケ部を舞台に「影」黒子と「光」火神の快進撃が始まっていきます。

「黒子のバスケ」の登場人物

黒子 テツヤ(くろこてつや) 声優:小野賢章

本作品「黒子のバスケ」の主人公で、帝光中学バスケ部の「キセキの世代」幻の6人目(シックスマン)です。普段から眼前の相手にも気づかれないほどに極端に影が薄く、無表情で自己主張も控え目、ジョークや声を張る事も苦手です。

しかし、基本的には礼儀正しく、冷静沈着で言いたいことは率直に言う性格を持っています。そのため、熱くなりやすい火神をたしなめ、平常心を取り戻させる役割を担っています。

怒る事は少ないが、非道な行いやチームメイトの侮辱に対しては激昴し感情を表に出し、言葉遣いも荒くなります、勝ち目の薄い試合でも最後まで諦めない根っからの負けず嫌いな一面もあります。

 

火神 大我(かがみたいが) 声優:小野友樹

誠凛高校の1年生で黒子の相棒。ポジションはPF(パワーフォワード)。アメリカ帰りの帰国子女で二股に分かれた眉毛と恵まれた体つきが特徴的で、帰国当初はアメリカと日本のバスケの実力の違いに失望していたが「キセキの世代」達との出会いにより日本の高校バスケの頂点に立つことを決意します。

アメリカ仕込みのバスケスタイルとその類まれなるバスケセンスと体つきでキセキの世代からも一目置かれる存在となります。

 

相田 リコ(あいだりこ) 声優:斎藤千和

誠凛高校バスケ部監督兼マネージャーを務める2年生。スポーツジムを経営する相田景虎を父に持ち、小さいころからアスリートのデータや肉体に触れていた為、「読み取る目(肉体の能力が数値化されてわかる)」という能力を持っています。

そのため、相手の体つきを見るだけで身体能力の詳細や疲労度、けがの有無まで見極めることができる。他にも作戦立案、スケジュール管理、トレーニングメニューの作成などほとんどの事を担当している。

 

日向 順平(ひゅうがじゅんぺい) 声優:細谷佳正

誠凛高校バスケ部主将を務める2年生。ポジションはSG(シューティングガード)。普段は眼鏡をかけて地味で温厚な風貌だが、1度スイッチが入ると挑発的な毒舌家の本性を見せます。

いかなる場面でも自信を失わない誠凛高校バスケ部の精神的支柱でもあります、また、スイッチが入った時の集中力は凄まじく、シュート成功率も格段に上昇します。

 

黄瀬 涼太(きせりょうた) 声優:木村良平

元帝光中学校バスケ部の「キセキの世代」の一人で、海常高校へ進学しバスケ部に所属します。見目麗しい見た目が特徴的で中学時代からモデルも兼任するほどの美貌を持っています。

どんな相手選手でも自身の身体能力の範囲内で相手の技をコピーする「模倣」という技を持ち、瞬時に相手の技を習得することができます。

 

緑間 真太郎(みどりましんたろう) 声優:小野大輔

元帝光中学バスケ部の「キセキの世代」の一人で、秀徳高校へ進学しバスケ部へ所属します。アンダーリムの眼鏡を掛け、いかにもインテリという雰囲気を醸し出している風貌です。

「キセキの世代」のなかでも随一の3Pシューターで態勢を崩されなければほぼ100%シュートを決める、またコート全域がシュート範囲になっており逆コート側からシュートしても決めてしまうほどのシューターです。

 

青峰 大輝(あおみねだいき) 声優:諏訪部順平

元帝光中学校バスケ部の「キセキの世代」のエースでキセキの世代の中でも随一のスコアラー(得点屋)です。桐皇学園高校のバスケ部に所属しています。

色黒で青髪が特徴的で、練習すらまともにせず試合にも自由に出入りしているが、それが成り立ってしまうほどの実力を持っている「型のないシュート」と称されるシュート方法でフォームなどにとらわれないシュートを得意としている。

おすすめの記事