【ワンピース】ジョイボーイを総まとめ!正体やルフィとの関係、能力や強さは?
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

ワンピース長年の謎である『ジョイボーイ』彼は一体何者なのでしょうか。
そして、1043話ラストの「ジョイボーイが帰ってきた」とはどういうことなのでしょう。
今回はジョイボーイについて、徹底解説と考察をしていきます!

ワンピースの謎の人物である「ジョイボーイ」とは?


ジョイボーイとは「空白の100年」に実在していた人物です。
ジョイボーイについて考察していくために、まずはこれまでの情報を振り返りましょう。

ジョイボーイの初登場は何巻何話?

 

前述のようにジョイボーイは「空白の100年」に実在した人物で、その存在の多くは謎に包まれており、正体は未だ判明されていません。

そのため、ジョイボーイ本人が登場したことはなく、“ポーネグリフに名前が刻まれていた”ことで初めて読者の知る存在となりました。
その名前が初めて登場したのは第628話“大掃除”で、ロビンが魚人島にあるポーネグリフを読んだシーンです。

ポーネグリフについては後ほど解説しますが、ジョイボーイが登場するまでは

  • 「空白の100年」を語る石『真の歴史の本文(リオポーネグリフ)』
  • ラフテルに行く為の赤い石『ロードポーネグリフ』
  • 石(リオポーネグリフ)のありかを示す石『ポーネグリフ』

と考えられていました。

しかしジョイボーイの登場によって、上記に該当しない情報を持つポーネグリフの存在が明らかになったのです。
これまでとは毛色の違うポーネグリフと謎多き存在ジョイボーイの登場は、ワンピース読者に衝撃を与えました。


これまでに判明していること

ジョイボーイについてこれまでに判明していることは以下の通りです。

  • 「空白の100年」つまり現在のワンピース世界で900年〜800年前に存在していた。
  • 魚人島にジョイボーイから当時の人魚姫へ宛てたポーネグリフが存在する。その内容は「魚人島との約束を破った事への謝罪文」だとネプチューンから語られているが、“約束”の内容は判明していない。
  • ラフテルに至ったロジャーのセリフ「とんでもねェ宝を残しやがって…!!!」から、“ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”を残した人物とされている。

これだけみても、ワンピースの世界においてどれだけ重要な人物なのかがわかりますね。
そして、さらに重要視するべきポイントがこちらです。

  • 魚人島の王族には、『ジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる』という伝説が伝わっている。
  • おでんは『いつか“ジョイボーイ”が現れる日』のためにワノ国を開国しようとしていた。

このことから、ジョイボーイとは『「空白の100年」に実在していた人物』だが、『当時の人物とは別に世界にとって重要な人物の“称号”』でもあるということが推察できます。

空白の100年とは

そもそも「空白の100年」とは一体どんなものなのでしょうか。
ジョイボーイについて考察するためにも欠かせない「空白の100年」というキーワード。
ここで一旦、「空白の100年」について少し振り返りましょう。

「空白の100年」とはワンピース上の歴史において、その間の出来事が一切伝わっていない期間とその間の歴史そのもののことを指します。
この間に何があったのかを研究することは世界政府によって禁じられており、ロビンの故郷であるオハラもこの禁忌を破ったとして消されています。

また、オハラの学者クローバー博士は研究がバレた際、“五老星”相手に「空白の100年」について立てた仮説を報告しましたがその瞬間に射殺されてしまったため、世界政府にとって不都合なことが起きたのは確実でしょう。

シャボンディ諸島ではレイリーが「空白の100年」に何があったのかを知っていると話していましたが、同時に、自分達やオハラの学者達は急ぎすぎたのかも知れないとも語っていました。

ジョイボーイが存在した「空白の100年」は非常に重要なポイントですが、世界をひっくり返すには「真実を知る」だけでは足りないということかも知れません。

ジョイボーイの強さや能力は?

ワンピースの世界で非常に重要なポジションにいるジョイボーイですが、強さや能力はどれくらいのものだったのでしょうか。


ジョイボーイはゴムゴムの実の能力者だった?

 

ワンピースを考察している人の間では、ジョイボーイはゴムゴムの実の前任者だったのではないかと言われています。
その理由をまとめてみました。

968話:海王類のセリフ「2人の王がまた出会う」「今度はきっと上手くいく」

  • つまり、過去に2人の王が出会ってはいたが、上手くいかなかった?

576話・968話・985話:白ひげ・おでん・カイドウは、これから“世界を巻き込んだ大戦”が来ると予期している。また、おでんやカイドウはそれに対して対策(ワノ国を手に入れることや開国すること)しようとしていた。

  • 過去にも“世界を巻き込んだ大戦”が起こっていて、それがどのようなものだったのかを知っていたから?

1037話:五老星のセリフ「(ゴムゴムの実は)過去何百年も“覚醒”する事などなかった」

  • 逆に考えると、何百年か前には“覚醒”していた?

どうでしょう?
これらの考察が当たっているとすれば、

  • 「空白の100年」には大戦があり
  • ジョイボーイはゴムゴムの実を覚醒させていて
  • ジョイボーイが大戦における重要人物だったから
  • 大戦とゴムゴムの実の存在を世界政府が隠した

ということではないでしょうか。
ゴムゴムの実と五老星の関係については、以下の記事でも考察しています。

ジョイボーイはどれくらい強かった?

ジョイボーイがゴムゴムの実の前任者だったのでは?という説について考察してみましたが、強さはどれくらいだったのでしょうか。
ワンピース世界の中心人物とも言えるジョイボーイですから、かなり気になるところですよね。

しかし、残念ながらジョイボーイが強かったかどうかを判断する情報は未だ出てきておりません。
その理由はやはり「空白の100年」と言われるほど、歴史ごとその存在を世界政府に隠されてしまったことでしょう。

ただ、もし本当にゴムゴムの実(ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”)の前任者でしかも覚醒までしていたとするならば、やはり現在のルフィかそれ以上に強かったと考えられます。

また、世界政府がわざわざ大掛かりに存在を隠したことこそが、『ジョイボーイが強かった』ことの証明のように思えます。
『ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”』の真の力を手に入れたルフィの強さについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ジョイボーイと繋がりの強いキャラクターは?

謎多きジョイボーイですが、ワンピース作中ではジョイボーイについて知っている人物が何人か登場しています。

その中で特に繋がりが強く、健在のキャラクターたちとジョイボーイの関係性を見ていきましょう。


カイドウとキング

 

まずは四皇であるカイドウとその部下キングです。
この2人は作中で健在であるキャラクターの中でも、ジョイボーイについてかなり詳しい方だと思われます。

その理由は、キングの回想で登場したカイドウとキングの会話です。
また、それ以外でもカイドウ自身がジョイボーイの名前を口にしています。
その情報で重要と思われるポイントをまとめてみました。

1036話:キングの回想から、キングはカイドウのことをジョイボーイだと思っていた

  • キングはジョイボーイの人物像について知っている。

1014話:カイドウのセリフ「お前もジョイボーイにはなれなかったか」から

  • ジョイボーイだけでなく、「なれなかった人」も知っている。

これらの情報を、古代文字を読むことができないはずのカイドウとキングが知っているということは、

  • 伝説などで他の国よりも詳しく伝わっている
  • 実際に会ったことがある
  • ジョイボーイに詳しい存在が身近にいた

ということが考えられます。

少なくとも、現在”現役で戦いの前線に立つ”キャラクターたちの中では、ジョイボーイについて1番詳しいでしょう。

ネプチューン

次に解説するのはネプチューンや魚人島との関係です。

既に本記事でも触れていますが、ジョイボーイは魚人島にあったポーネグリフで初めて読者の知る存在となります。
そして、ジョイボーイが「空白の100年」に存在していたこともネプチューンの口から明らかになりました。

また、この時以外にもネプチューンからジョイボーイと関係するセリフがでています。
それらの考察を以下にまとめました。

  • オトヒメの夢見る世界は、遠い先祖が試みて無念のまま潰えた夢そのもの
  • この遠い先祖と一緒に夢を叶えようとした人物が、ジョイボーイであると考えられる。
  • ノアの方舟は数百年もの遥か昔に交わした”偉大なる人物”との約束を待っている。
  • ジョイボーイたちが交わした約束には、ノアの方舟が必要であると推測できる。

どうやらネプチューン自身と直接繋がりがあるようではないですが、「これまでに判明していること」でも触れたように、王族にだけジョイボーイに関する伝説が伝わっていることから、ネプチューンは今後のワンピースの展開で重要な役割なのかもしれません。

ズニーシャ(象主)

 

現時点のワンピースにおいて一番ジョイボーイと近い存在なのは、やはりズニーシャでしょう。
1040話にてモモの助のセリフから、『ズニーシャとジョイボーイは仲間だった』ということが判明しています。

ズニーシャとは、ミンク族が暮らす「モコモ公国」を背中に乗せたまま新世界を歩き続けている、巨大な象のことです。

ジョイボーイが存在した800年前に何かしらの罪を犯したことが歩き続けている理由であり、1000年以上前から存在していることが判明しています。
そのため、罪”とはジョイボーイに関することではないかという考察が有力です。

そして、本記事冒頭でも紹介した「ジョイボーイが帰ってきた」というセリフは、ルフィが「ヒトヒトの実 幻獣種 モデル”ニカ”」を覚醒させたのと同時に、ズニーシャが発した言葉です。


おすすめの記事