東京リベンジャーズネタバレ264話|マイキーの知られざる過去!

2022年8月3日発売の「週刊少年マガジン」36号の東京卍リベンジャーズ本誌第264話のネタバレをご紹介します。

東京リベンジャーズネタバレ264話


東京リベンジャーズネタバレ264話|エマとドラケンの出会い

第264話では、エマとドラケンの出会いが描かれています。ドラケンがマイキーの家に訪れた時、たまたま玄関にエマがいました。

エマはドラケンを一目見て「怖そう」と思います。しかしドラケンはエマが持っていた荷物を代わりにもってくれるのです。

エマはそんなドラケンに惹かれます。このドラケンの笑顔はやばいですよね…(笑)つまりエマはかなり前からドラケンのことを思っていたということになります。

出来ることなら、この大恋愛を実らせてから天国へ旅立ってほしかったですね。


東京リベンジャーズネタバレ264話|真一郎の死

そして真一郎が死亡してしまった、あの日に関しても第264話では描かれています。真一郎の遺体を目の前に、立ちすくむ3人…。

ここでもマイキーは、エマと万作の前では泣きませんでした。マイキーは1人の空間で、号泣していたのです。子供の頃に両親の死と兄の死、さらに友人の死を経験していたら、闇落ちしてしまうのも頷けますね…。

なんといっても、過去が過酷すぎます。

東京リベンジャーズネタバレ264話|春千夜の目的

そして春千夜の目的も今回明かされます。なんと春千夜は、マイキーの右腕になることを夢見ていたのです。なのでずっとマイキーの右腕だったドラケンのことを、逆恨みしていました。

もしかしたら、ドラケンの死に春千夜が1枚かんでるかもしれませんね。そうでないことを祈るばかりです…。


東京リベンジャーズネタバレ264話|東京卍會創設メンバーが集合

https://twitter.com/SoumiRoy1/status/1553234681981595649?s=20&t=gLsLMdW3zPM5l9EHXIX-lw

マイキー、ドラケン、一虎、パーちん、三ツ谷、場地の、東京卍會創設メンバーの物語も第264話で描かれます。パーちんはこの頃からかなり貫禄がありますね。笑

こうして5人からはじまった東京卍會は、どんどん東京に名を馳せていき、大きな暴走族チームとなったのでした。

東京リベンジャーズネタバレ264話まとめ

小6になったマイキーは、ドラケンをはじめとする強い仲間をどんどん集めていきました。こうして東京卍會ができあがったのです。

しかし真一郎の死をきっかけに、マイキーは東京卍會を大きくすることに決めます。こうして河田兄弟、八戒、千冬などが集まり、タケミチが入る前の東京卍會が出来上がったのでした。

そして、次回は稀咲とタケミチとの出会いが描かれます…。やはりこの2人との出会いが、マイキーの運命を大きく変えることになったようですね。

東京リベンジャーズ265話の確定情報が出てきましたら、随時情報を更新していきますので、お楽しみに。


おすすめの記事