【ワンピースネタバレ考察】シャンクスの正体は天竜人で確定!?フィガーランド家について考察!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

「ワンピース」1086話にて、「神の騎士団」の最高司令官であるフィガーランド・ガーリング聖が登場。
その家系がシャンクスに関連するものだったことで、話題を呼んでいます。

今回はそんなフィガーランド家の正体について解説・考察していきます。

シャンクスはフィガーランド家の天竜人!

「FILM RED」劇中で言及されていた

シャンクス
出典:「ONE PIECE」(C)尾田栄一郎/集英社

 

086話にてフィガーランド家の天竜人が現れましたが、実は2022年に公開された「FILM RED」にも、その名前は登場していました。

作中で「シャンクス」の娘と判明したウタに対して、五老聖は「フィガーランドの血筋」だと言及していました。
なぜ五老聖がウタの血筋を知っていたのか?それは親であるシャンクスの血筋を知っていたからではないでしょうか?

つまり、ウタがフィガーランド家=シャンクスもフィガーランド家という図式が成り立つのです。

五老聖がシャンクスを無視出来なかった理由

五老星とシャンクス
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

そして1086話にて、シャンクスと同じ血筋と思われるガーリングが登場したことで、シャンクスが天竜人だと確定したと言っていいでしょう。

同時に、シャンクスが五老聖に特別扱いされていた理由も分かります。

海賊でありながら五老聖と面会可能で、特別に時間を取ってもらえる理由。
それはシャンクスが「天竜人を裁く天竜人」の血を継いだ存在だからに、他ならないでしょう。

フィガーランド家はなぜゴッド・バレーにいた?

天竜人は普通は下界に降りない

ここからは「なぜフィガーランド家はゴッド・バレーで活躍していたのか?」について、考察していきます。

まず前提として、天竜人は聖地マリージョアから出ようとはしません。
彼らには「下界は汚れた場所」という価値観が根付いていて、仮に降りるとしても宇宙服のようなものを纏います。

そんな天竜人であるフィガーランド家は、なぜゴッド・バレーにいたのか?
それはゴッド・バレーが、天竜人にとって保管庫のような役割を持った島だったからではないでしょうか?

ゴッド・バレーは「大切だが側に置きたくないもの」の保管庫?

ガープとゴッドバレー事件
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

しかし、ゴッド・バレーを天竜人の保管庫と考えると、1つ疑問が湧きます。

皆さんは「保管したい」と思うものの保管庫を、わざわざ汚れた下界に作りますか?
筆者なら自分の身近な場所に作ります。

しかし、それが「近くにあったら嫌なもの」だったらどうでしょう?

大切だけど、家の横にあったら嫌な物。
例えば死者を弔っておく、墓は自分達の居住区から離れた場所に作りませんか?

フィガーランド家はゴッド・バレーの番人だった?

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ここから、「ゴッド・バレーは天竜人の墓」だったという前提で話を進めます。

まず天竜人のような「神」とされる存在のお墓は、ただ埋葬するだけ済むものではないでしょう。

古代エジプトで王は「神の化身」と扱われ、埋葬の際にも副葬品として宝の山を墓に入れました。
同じく「ワンピース」の世界で神とされる天竜人も、死後は多くのお宝と共に埋葬されると推察できます。

しかし、あの世界では日夜、宝を目指して彷徨う海賊がのさばっています。
そして宝の山であるゴッド・バレーは、格好の的になるでしょう。

そこで、「天竜人の墓を守る存在」として活躍したのが、フィガーランド家だったのではないでしょうか?

おすすめの記事