【メイドインアビス】イルミューイとは?ヴエコやファプタとの関係や彼女願いを考察!
出典:メイドインアビス公式サイト

「メイドインアビス」のイルミューイとは、昔、ベルオスカ島がまだ未開の土地であった頃に島に住んでいた、原住民の女の子です。

彼女は、島を訪れたアビスの探掘隊「ガンジャ決死隊」に同行することになります。

なぜ、彼女は、ガンジャと行動を共にすることになったのかを解説しましょう。

アニメ「メイドインアビス」の続きの漫画をお得に読む方法
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」の放送が2022年に決定しました。アニメ2期を楽しみにしている方も多いですよね。
題名収録巻
メイドインアビス アニメ1期漫画1巻〜4巻26話「新たなるスタート」まで収録
メイドインアビス 劇場版「深き魂の黎明」漫画4巻27話「禁断の花畑」〜5巻38話「挑む者たち」まで収録
メイドインアビス アニメ2期「烈日の黄金郷」漫画6巻39話「還らずの都」〜
表の通り、アニメ1期の続きは原作漫画4巻から、劇場版の続きは原作漫画6巻から読むことをオススメします!
アニメの続きを漫画で先読みしたい方は、下記2サイトをお得に利用しましょう!
ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②新規登録で6回まで50%OFFセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③9000作品の漫画が無料読み放題!
U-NEXT
U-NEXTトップ画像
U-NEXTのおすすめポイント
①無料登録でアニメやドラマなど14万作品の動画が31日間無料で見放題!
②無料登録だけで漫画一冊購入できる600ポイントがもらえる!
③アニメや漫画やドラマなどオールジャンル楽しみたい人におすすめ!

【メイドインアビス】イルミューイとは?


イルミューイとは何者?

イルミューイとは、ベルオスカ島に住んでいた原住民の子供です。

褐色肌の小柄な少女で、言葉は原住民の独自の言葉で喋ります。

可愛らしい動物が大好きで、キャンプに紛れ込んでいたヤドネを可愛がっていましたが、アビスの原生生物に食べられてしまいます。

母親は原住民の中でも、身分の高い女性で、本編では未登場ですが、兄弟が沢山いたようです。


ガンジャ決死隊とどこで出会った?

イルミューイは、ベルオスカ島を訪れたガンジャ決死隊と出会いました。

当時、ベルオスカ島はまだ一部の人間にしか知られておらず、アビスについても幻の「黄金郷」がある所という程度の認知で、あくまでも噂話ていどくらいにしか信じられて居ませんでした。

ガンジャは、アビスの底にあるという黄金郷を探しに、海を超えてやってきたのです。

原住民はガンジャ決死隊と出会ったとき、アビスの底にある「ショウロウ(還らずの都)」という古代遺跡があるということを、隊員たちに教えたのです。

イルミューイは、そこでガンジャ決死隊に紛れ込むように、隊のメンバーとなり、ともに黄金郷を目指すことになるのです。

ガンジャ決死隊にどうして入隊した?

イルミューイの背中には刺青があり、原住民が使っている文字が彫られています。言葉の意味は「子供をつくることができない」と「アビスへ追放」です。

イルミューイは体質なのか他に原因があるのかは定かではありませんが、どうやら子供を生めない身体であったようです。

原住民達の世界では、子供を生むことが大事なことであったため、子供を産むことができないイルミューイはアビスへの捧げものとされてしまったのです。

そんな時、ガンジャ決死隊が島に現れて、原住民たちと接触してきたのです。イルミューイはガンジャ決死隊の隊員であるブエコに懐いてしまい、彼女について行ってしまったのです。

当初は、イルミューイの処遇に困っていたガンジャでしたが、ヴエコの説得と、アビスの案内が必要ということから、イルミューイを隊員として迎えいれたのです。

【メイドインアビス】イルミューイと周囲のキャラクターの関係


ヴエコとの関係

ヴエコは、ガンジャ決死隊の女性隊員の一人で、三賢とよばれる隊の中心メンバーの一人です。

彼女はアビスの位置を知らせる星の羅針盤という、アビスの遺物を持っていたために、三賢として選ばれたのです。

この星の羅針盤は、ベルオスカ島の原住民と接触した際、アビスや黄金郷の情報と引き換えに原住民に提供してしまったのです。

ヴエコとイルミューイが出会ったのは、この時でした。

ヴエコは孤児で、恵まれた環境下で育ったとは言えず、里親にいつも虐待されていたため、暗い眼差しをしていたのですが、捨て子となったイルミューイは、ヴエコに共感する何かを感じ取ったのか、彼女を気に入ってしまい、アビスまでついてきてしまったのです。

ヴエコは、自分についてきたイルミューイに驚きつつも、彼女を迎え入れました。

イルミューイにとって、自分を受け入れてくれたヴエコは、もう一人の母のような存在なのです。

ベラフとの関係

https://twitter.com/_Ash_Eiji/status/1268923516973244416?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1268923516973244416%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fanime-drama.jp%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D9162action%3Dedit

ベラフはガンジャ決死隊の中心メンバーである三賢の一人で、言語学の専門家です。

態度は尊大ながらも、誇り高くて実直な性格をしています。

どことなく、イルミューイとヴエコの関係を見守っているようでもありました。

ベルオスカ島の原住民の言葉もある程度理解しており、彼らの識字率の高さに驚いていました。


おすすめの記事