呪術廻戦ネタバレ222話|決戦を控えたそれぞれの様子、気になる伏線も登場!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

残りの指を取り込む宿儺。
意味深なモノローグを発する羂索。

12月24日までの、それぞれの様子が今回は描かれました。
しかしその中で、主に虎杖に関する描写で気になるところが多くあると、電子版配信直後から読者はザワついています。

五条vs宿儺の決戦を控えたこの局面で、いったい何が起きたというのでしょうか。

日常描写に紛れた謎が非常に気になる第222話「予兆」のネタバレです。

呪術廻戦前回221話のおさらい

いよいよ、五条悟を解放する準備が整ったのですが、天使が意外な「待った」をかけます。
天使が気にかけていたのは、獄門彊の中での五条の精神状態でした。
物理的な時間の流れが存在しない獄門彊の中で、五条がどのくらいの期間を過ごしたと体感しているかがわからないのです。

ことと次第によっては、五条が錯乱し、暴れる恐れもある、とのこと。

この指摘を受け入れ、解放は埼玉の木呂子鉱山で行われることになりました。
来栖が「邪去侮の梯子」を発動し、獄門彊・裏が光に包まれす。
しかし、その光が消えたあと、五条の姿はそこにはありませんでした。

失敗か?とザワつく一同でしたが、そこへ突然、地震が発生します。
虎杖たちは、五条の復活と無関係ではないと確信しました。

解放された五条は、羂索のもとへと姿を現します。
万一解放されたときに備え、厳重に対策していたのを容易く破った五条に、羂索は動揺を隠せません。

そこを、伏黒に受肉した宿儺が強襲。
一触即発の状況でしたが、お互いに「まだやるべきことがある」ため、決着は先延ばしになります。

五条はその日を、12月24日に指定。
それは、かつて本物の夏油傑が百鬼夜行を起こした日であり、命日となった日付でもありました。

呪術廻戦ネタバレ最新話222話の考察

呪術廻戦ネタバレ最新話222話の考察|羂索の言う「約束」とは

有力な術者を死後呪物化し、受肉体として現代によみがえらせた羂索。
五条も見抜いていましたが、何らかの縛りが、羂索と受肉体の間には存在しているようです。

そしてそれは、羂索が宿儺に言った「約束を果たしてもらう」というセリフと、関連している可能性が高いのではないでしょうか。

そもそも、死後の呪物化及び現代に受肉体として復活する、という一連の内容は、羂索には何のメリットもない話ですよね。
見返りとして、羂索が望む何らかのリターンを、受肉体たちは差し出す必要があるはずです。

何を条件に、羂索は彼らに復活のチャンスを与えたのでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ最新話222話の考察|謎の即身仏の正体

飛騨霊山の浄界から、羂索が持ち去ったと思われるミイラが物議をかもしています。
羂索が宿儺への手土産と言っている点や、目の数などから、宿儺では説が濃厚と思われていた、あのミイラ。

222話でこのミイラを取り込む際の宿儺の発言から、天元の可能性も浮上しています。

即身仏のような姿で飛騨霊山の浄界の地下に鎮座していたわけですが、天元の本体はそんなところにあったんですね。
気になるのは、ミイラ化していた理由です。
遺体が置かれていた環境にもよりますが、人体がミイラ化するのには長い年月が必要です。
もし、本当にあのミイラが天元の本体だったとして、じゃあいつから天元の肉体は飛騨霊山浄界の地下に鎮座していたのでしょうか。

また、即身仏のような状態であのミイラが置かれていたことも謎のままです。
即身仏というのは仏教の苦行のひとつで、ものすごくざっくり説明する「生きたままミイラになる」というものです。
実際、国内には苦行の末にミイラとなった高僧の即身仏が、大切に保管されている例がいくつもあります。

そして僧侶が即身仏となる修行をするのは、大抵の場合「民の苦しみが終わることを祈って」という理由によるものだと言われています。
人々の苦しみを一身に背負って、自ら苦しみの末に仏となる修行、みたいなものだと言えるものなんですね。

そういった意味合いを込めて、即身仏化した天元の本体が、宿儺に取り込まれた、という展開になったのが222話です。
そして天元は、結界術を使わせたら右に出る者が無いとされた人物でしたよね。

これはもしかすると、伏黒救出の布石になるのでは?という予想もできそうなのですが、どうなのでしょうか。

呪術廻戦ネタバレ222話

呪術廻戦ネタバレ222話|残る指の行方

残された宿儺の指のほとんどは、裏梅が回収していました。
宿儺にそれを献上しながら、「最後の1本だけ見つけられなかった」と裏梅は報告します。

宿儺曰く、それはおそらく五条が持っている、とのこと。
五条は、虎杖の刑の執行を延期するために、「指を全て取り込ませてから」という条件を上層部に出していました。
言い換えれば、すべての指を虎杖が取り込まなければ、いつになっても死刑執行がされることはありません。

五条はこれを狙い、あらかじめ指を1本確保しておいて、虎杖の死刑を実質なかったことにしていたのではないか。

宿儺はこのように推測していましたが、これが事実かどうかはまだ確定していないのが現状です。
もっとも、裏梅が探し回っても見つけられなかったのですから、五条が隠し持っていたとしてもおかしくはないでしょう。

呪術廻戦ネタバレ222話|羂索のモノローグ

足りない指の分は、例の即身仏で補えると宿儺は言います。
飛騨霊山浄界から羂索が持ち出した、あのミイラです。
どうやらあの場所に設置したのは、羂索もしくは天元だと宿儺は考えたようです。
宿儺の発言から、どうやら即身仏として祀られていたらしいことは、確定のようです。

一方の羂索は、コガネに「術式を剥奪され死んだ泳者」の人数を尋ねていました。
コガネ曰く、61名の泳者が該当するそうです。
他人に勝手に命を賭けられてしまったにも関わらず、行動せず命を落とした人々。
彼らに、やや冷たい言葉を羂索は投げつけます。

「まずは一歩踏み出す、自分の理想に一歩近づく」
「その実感を知らないまま死んでいく人間を私は嫌悪するよ」

冷徹なようで、どこか羂索の信念のようなものを感じさせるこの言葉は、実は天元へと向けられたものでした。

呪術廻戦ネタバレ222話|そのころの虎杖陣営

(ほぼ)同期の面々が、3人になってしまったと語る五条。
家入は「まだ一人半端になってるやつがいる」と言いますが、おそらく夏油のことでしょう。

七海の話が出て恐縮する伊地知に、「デカい仕事が残っている」と五条は言います。
どうやらこのあと、補助監督である伊地知にも何か役割があるようです。
生き残っていた猪野も、七海の件で話があるとのことで、伊地知に会いに来ていました。

クアラルンプールから戻っていたらしい冥冥は、早速元気に金儲けしています。
以前から、呪術規定違反スレスレの賭け試合は行われていたのですが、規定変更で客層が広がったのだそう。
そのため賭けを行わずとも、「五条vs宿儺」のライブビューイングのようなチケットを販売するだけで、大儲けできるらしいのです。

ちなみに冥冥はこのために、自身の術式をフル活用していました。

そんな話をする冥冥の前で、虎杖と日下部が修行?をしていましたが、何か様子が変です。

虎杖が日下部に「そろそろ掴めよ、虎杖」と声をかけているのです。

彼らに何が起きているのかで、読者は深夜から大いに盛り上がっていました。

呪術廻戦ネタバレ222話|12月24日

12月24日。

五条と宿儺が戦う裏で、羂索は残存している泳者狩りを行うつもりです。
真希や乙骨、秤といった実力者が、五条と戦って疲弊した宿儺を叩くだろうと羂索は予想していました。
だから自分はフリーで動ける、というのが羂索の考えです。

死滅回游を終わらせ、天元と人類の超重複同化を行う準備をぬかりなく行うつもりでいるようです。

対して、パンダや秤たちは五条にどう声をかけるかでわちゃわちゃしていました。
「今まで、勝って当たり前の人間だったから、応援しようという気が湧かない」とのことです。
仲間内における五条の扱いが、わかりやすく表れていますね。

そこへやってきた五条は、術式全開でピリピリしていました。
構わず声をかけた虎杖に、五条も笑顔で応じます。

思いっきり、五条の背中を叩く虎杖。
それにならって、五条の背を叩く(または蹴る)真希やパンダたち。

日車や日下部、家入、髙羽、そして脹相たちに見送られ、ついに五条は出陣します。

最強同士のタイマンが、いよいよ開始される運びになりました。

呪術廻戦ネタバレ222話のまとめ

いかがでしたか?

一見すると日常回のように見えましたが、気になる描写が多く盛り込まれた内容になっていましたが、気が付いていますか?

日下部と虎杖の件を筆頭に、ラストシーンでの五条の表情など、電子版が配信開始となった深夜から、主にSNSでは話題が紛糾していました。
本当に入れ替えの術式なのか、だとしたら誰の術式なのか。
五条と虎杖が入れ替わり、虎杖が宿儺と戦うつもりなのであれば、これはこれで気になる流れになります。

羂索の泳者狩りに関しても、真希・乙骨・秤といった実力者以外の泳者も虎杖側にはいます。
ひっそり再登場が描かれた日車や、これまでずっと明るい話題を振り撒いてくれた髙羽など、無事を祈りたいキャラが多い、との声も見られました。

気になる要素はいろいろありますが、ついに次回は五条と宿儺の激突です。
冥冥が観戦チケットを売りさばき、大儲けにつながるほどの話題となっている様子が、作中でも描かれた戦いです。

どんなことが起こるのか、注目していきましょう。

おすすめの記事