呪術廻戦ネタバレ239話|高羽の” 超人”は最強!?羂索撃破なるか!

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

2023年10月23日発売の週刊少年ジャンプ47号に掲載される『呪術廻戦』239話のネタバレと展開予想や考察をご紹介します。

呪術廻戦ネタバレ238話のおさらい

呪術廻戦ネタバレ最新話238話①|両面宿儺は「完全無欠」

  • 真の姿を現した両面宿儺
  • 鹿紫雲曰く両面宿儺は「完全無欠」と判断せざるを得ない
  • 両面宿儺の特徴は以下の3つ
  1. 腕と口が常人の倍あり絶え間なく呪詞と掌印を続けられる
  2. 神武解かむとけ、飛天の2つの呪具を駆使している
  3. 一切の身体機能を損なっていない

        呪術廻戦ネタバレ最新話238話②|両面宿儺が鹿紫雲を圧倒!

        • 両面宿儺が鹿紫雲を圧倒する
        • 両面宿儺はかなりの速さを誇る鹿紫雲をスピードで圧倒
        • 4本の腕で次々に鹿紫雲に攻撃を浴びせていく
        • 鹿紫雲を吹き飛ばしたあとすぐに呪詞を詠唱し特大威力の”解”を放つ
        • 「世界を断つ斬撃”解”」こそが、五条に致命傷を与えた一撃だと明らかになる

        呪術廻戦ネタバレ最新話238話③|両面宿儺の強さは唯一無二!

        • 多くの猛者たちが認められたい、自分が何者かを確かめたいために鹿紫雲に挑んできた
        • それらを自らの手で屠ってきたその行為こそ「慈愛」であると説く宿儺
        • 宿儺は”俺たちは強いというだけで愛に応えている”という言う
        • それでもなお孤独を憂う鹿紫雲に”贅沢者”と言う
        • しかし宿儺は愛を理解した上で”愛など下らん”と考えていた
        • 宿儺は他者に満たしてもらおうなどとは考えていなかった
        • 喰らいたいときに人間を食らい、目障りならば殺す、面白ければ遊ぶ
        • その殺戮は慈愛ではなく、あくまで「暇つぶし」であると断言する

        呪術廻戦ネタバレ最新話238話④|虎杖登場!日車とのタッグで宿儺に挑む!

        • 宿儺の発言の刹那、展開されていた秤の領域が崩壊する
        • 中から現れたのは楽しそうな様子のとそれを睨みつける裏梅
        • さらに日車虎杖も登場
        • 宿儺は”来たか” ”小僧 貴様に 何ができる”と言うところで終了

        呪術廻戦238話のネタバレ詳細を知りたい方は下記よりご覧ください。

        呪術廻戦ネタバレ239話

        呪術廻戦ネタバレ239話①|羂索の暗躍

        場面は変わり、描かれたのは岩手県御所湖ごしょこ結界。
        新宿決戦と時を同じくして、死滅回遊のプレイヤーを狩る羂索の様子が描かれました。

        最初のシーンで狩られているのは「ロール髪でメイド服のような姿をしたお嬢さま」らしき死滅回遊プレイヤー。
        死滅回遊のルール変更により狩られることを察知して逃げていたところ、羂索けんじゃくと鉢合わせます。

        ロール髪のプレイヤーは死滅回遊のルール変更に納得がいかない様子で文句を垂れていましたが、それに対して羂索はこのように説明します。

        「味が薄ければ足す 濃ければ嵩ます 君たちは私にとって調味料や水みたいなもんでね 特に感情は乗っかってないよ」

        呪術廻戦ネタバレ239話②|羂索はプレイヤーの位置を特定可能

        ロール髪のプレイヤーは羂索に殺される直前、このように質問します。

        「何故泳者の居場所がお分かりになるんですの?」

        それに対し羂索はこのように答えます。

        「受肉タイプには呪物 覚醒タイプには呪印をそれぞれ施したんだ それを辿るくらいのことはできるさ」

        そこに「もう死んでるぜ」と言いながら現れたのは、死滅回遊のプレイヤー黄櫨はぜのき東京第二結界で高羽と戦った受肉タイプのプレイヤーです。

        羂索は冗談めかしく黄櫨に「友達になろう」と持ちかけますが、黄櫨は辟易とした様子でそれをあしらいます。

        呪術廻戦ネタバレ239話③|羂索VS黄櫨!もちろん勝者は…

        手元のタブレットのようなもので五条の死を確認する羂索と黄櫨。


        黄櫨にとっては、「羂索を狩る」という意味で五条が勝ったほうが都合が良かったようです。

        その後羂索は自分の周りには監視役の呪霊が忍ばせてあることを説明します。
        監視基準の一つが「新宿の”呪力総量”の動きに変化があるか?」であることから、自分の方に新宿から誰も向かってきていないことを羂索は確信。
        黄櫨と2人きりであることを示唆します

        次の瞬間、大量の呪霊が黄櫨を強襲。

        その後、一瞬で黄櫨の命を奪ってしまいました。

        呪術廻戦ネタバレ239話④|高羽登場!羂索も予想外の展開

        「はーるばる来たぜ 函館ーい!!!」

        このセリフと共に登場したのが、行方のわからなかった覚醒タイプのプレイヤー高羽たかば
        予想外の人選に驚いた羂索でしたが、「岩手ね」と冷静に突っ込んだあとすぐに高羽を倒しにかかりました。

        「覚醒タイプにはあまり興味がない」

        こう言い放ち、すぐに高羽を倒したつもりの羂索。しかし、ここで高羽の術式「超人」が発動します。

        「こっこのくそ坊主 殺す気かーーーっ!!! かくごしやがれーーーーー!!!」

        と何事もないかのように怒鳴り散らす高羽を見て、羂索は困惑します

        「攻撃が効いていないのではなく……効いていないことになったような……!?」

        ついに、羂索VS高羽の戦いが幕を開けます。

        呪術廻戦ネタバレ239話まとめ

        239話では、場面が新宿から岩手に移りました。

        239話のポイントは以下の通りです。

        1. 羂索のプレイヤー狩りの詳細
        2. 羂索はプレイヤーや新宿の術師たちの動きを監視中
        3. 高羽の登場
        4. 高羽の術式「超人」に羂索すら困惑

        ついに行方のわからなかった羂索・高羽の動向が描かれましたね。

        240話では、ついにこの2人の戦いが描かれるようです。

        おすすめの記事