呪術廻戦180話ネタバレ|仙台結界決着!乙骨勝利!!

ついに石流vs乙骨の一騎打ちとなった仙台結界の戦い。
強者がひしめく激戦区を制したのは乙骨でした。
その決戦の模様は、どのようなものだったのでしょうか。
また、石流たちは今後どうなるのでしょうか。

戦いの決着が描かれた第180話「仙台結界⑦」のネタバレです。

『呪術廻戦』前回179話のおさらい

乙骨・烏鷺・石流の3名が同時に領域展開を発動し、領域の押し合いになるかと思われたそのとき。
単為生殖によって生まれていた黒沐死が、突如復活しました。
相性の悪い烏鷺が黒沐死に反応し、均衡が崩れてしまいます。
注意を逸らした烏鷺は片腕を失い、さらには石流の追撃も受けて崩れ落ちました。
領域展開の直後は術式が焼き切れて使用が困難であり、烏鷺の「空を操る」術式が使えなかったのが敗因となりました。

もちろんこのとき、乙骨も術式は回復していません。
その一方で石流は、術式を使わずともグラニテブラストを発射することができます。
邪魔者がいなくなった石流は、乙骨との一騎打ちに臨みます。
迎え撃つ姿勢の乙骨でしたが、このとき彼の術式はまだ回復していませんでした。

『呪術廻戦』180話ネタバレ①|石流に答える乙骨

乙骨も、呪力の高出力指向放出をすることができます。
ただし、「リカ」が完全顕現している間のみ。
残り時間はわずかな上に、最大出力では石流にやや劣ります。
そのため、乙骨はより早く呪力を溜め、石流が最大出力に達する前に攻撃する必要がありました。
しかし、石流の思いが、乙骨にそうはさせませんでした。
石流がこのとき願っていたのは、「全力同士のぶつかり合い」です。

石流が400年以上もの長い間渇望していたのは、「誰かと全力を出し切って戦うこと」だったのでしょう。

石流の眼差しから、この思いを読み取った乙骨は、「1回だけですよ」と言ってこの思いに応じたのでした。
戦いそのものに意味を見出す、ということをしない性質の乙骨が、石流の気持ちを汲み取ったため、最高出力同士の撃ち合いとなったのです。

『呪術廻戦』180話ネタバレ②|術式回復!乙骨の反撃

押し負けたかに見えた乙骨ですが、第二波がありました。
歓喜する石流の前に出てきたのは、しかし「リカ」の方です。
乙骨本人は、ブラストと同時に飛び出していました。
第二撃は「リカ」単体での攻撃だったのです。
石流にとって多少の想定外ではありましたが、防ぎきれないものではありません。
以前に「リカ」がしたように、呪力の砲撃を腕で防御したのです。
威力が高くなかったことも、石流の有利に働きました。


おすすめの記事