アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第5話のネタバレと感想を紹介
出典:「サイコパス3」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では、11月22日に放送されたアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第5話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

前回第4話では都知事選が解決。
今回の第5話では新たな事件へ。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第5話のネタバレあらすじ

第4話までの都知事選から一転して、いよいよ新しい事件の幕開け。今回の事件は信仰宗教関係の事件です。シビュラを信仰する宗教特区に自爆テロが勃発。国賽を隠れ蓑に蜜貿易する大量の「何か」を見つけます。以前に密貿易事件を捜査していた来良元監視官は事件の犯人を掴むことが出来ず、その途中で事故に遭い、現在は潜在犯隔離施設送りになっています。来良元監視官はこの事故の原因を「キツネの仕業」だと語るのでした。

アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第5話のネタバレ

ネタバレ①キツネの存在について

「色相を保ったまま犯罪を行うことが出来る組織」を「キツネ」と呼んでいます。来良元監視官は密貿易の捜査中に事故に遭い、相棒である前任監視官の伏瀬(ふせ)を亡くしています。どうやらインスペクター…もといビフロストが彼らを始末したようです。そして梓澤という男が関わっていることも明らかに。来良元監視官は最後に「公安局にもキツネはいる」と最後に言い残すのでした。
その後、イグナトフ監視官と慎導灼監視官は機密レベル2までの「キツネ」の情報の閲覧を許可されます。キツネについて調査してわかったことは「キツネは皆スカウトされている」ということ。そして慎導灼の父と、イグナトフの兄が関わっているということです。

ネタバレ②入国者信仰特区施設と爆発テロ

三郷ニュータウンでは入国者信仰特区新設が計画されていました。つまり「入国者専用の街づくり」を意味します。表向きは入国者の宗教活動が全面解禁となるセンセーショナルな移民改革。しかしその実態は隔離政策なのでした。実際のところ、宗教特区について賛成派と反対派で対立が起きていました。特区では宗教関係者が集うPRイベントが開催され、都知事となった小宮カリナが出席。政治家でもあり、アイドルの側面のある小宮カリナが歌を披露している最中にテロはおきます。エリアストレスを察知した一係は会場に着き、男にドミネーターを打ちますが無傷。そして腹の中に仕込ませていた爆弾で自爆するのでした。

おすすめの記事