【ワンピース】ヤマトの正体から目的、強さを解説!麦わらの一味になるのか?
出典:pixiv@Living

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ワンピースのワノ国編で登場し「カイドウの息子(性別は女)」「自称:光月おでん」など、様々な理由で注目を集めたヤマト。

今回はそんなヤマトについて徹底的に解説・考察していきます!

ヤマトの正体とは?これまでの情報を一挙紹介

ワンピースワノ国編で登場したヤマトとは一体どんな人物でしょうか。

まずはこれまでの情報を振り返ってみましょう。

ヤマトのプロフィール

ヤマト
出典:pixiv@Suzu

 

名前ヤマト
誕生日11月3日
年齢28歳
身長263cm
血液型F型
星座さそり座
出身地不明
好物おでん、サーモン(生でまるかじり)
悪魔の実イヌイヌの実 幻獣種 モデル:大口真神(オオクチノマカミ)
通り名幼少期:鬼姫様
現在:(自称)光月おでん
初登場97巻 983話 ”雷鳴”
武器金棒「建(タケル)」
家族父:カイドウ

ヤマトはカイドウの息子?娘?

カイドウの息子だ!!!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

ヤマトは

  • 一人称が僕
  • 父カイドウから”息子”と呼ばれている
  • 光月おでん(男)を自称している
  • ワノ国での大戦後、男湯に入っている

など、ワンピース読者の中にはヤマトの性別がどっちなのか混乱した方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、ヤマトは現実世界でいうところの戸籍(?)上が”女”です。

幼少期はカイドウも娘として接しており、周囲からも鬼姫様と呼ばれていました。
しかしその後光月おでんを自称するにあたって、男として生きてきたようです。

微妙なニュアンスの違いですが、男になりたいというよりも、憧れるおでんが男だから男として生きたいという考えのようですね。

現在は「息子」「ぼっちゃん」などと呼ばれていますが、なぜカイドウを含む周囲も”男”として扱うようになったのか詳しいことは分かりません。

カイドウはヤマトに対し

「「おでん」を名乗るなら死ねヤマト」

と言っており、ヤマトも

「父は死んで構わない」

と言うような関係なので、多少の親心はあれど最終的には根負けしたため男として扱うようになったのではないでしょうか。

ちなみにこちらの記事では、ヤマトの父カイドウについて詳しく解説しています。
ヤマトが憧れる光月おでんの息子モモの助が食べた「人造悪魔の実」についても解説していますので、ぜひチェックしてみてください!

ヤマトとカイドウの種族=”鬼”説を考察

お前は鬼の子だ!!!
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

そんなヤマトとカイドウですが、ワンピース考察をしている人の間では「種族”鬼”説」が話題になっています。
理由は

  • 角がある
  • 巨大
  • 金棒を持っている
  • 強靭な体
  • 島の名前が鬼ヶ島
  • カイドウにとっての敵の名前がモモの助

等が挙げられますが、この説がより有力になったのがこちらのカイドウのセリフ。

「(ヤマトに対して)お前は鬼の子だ!!!」
「人間と仲良くはなれねェ!!!」

このセリフをそのままの意味で読み取った結果が”鬼”なのです。

この真相に関わる情報はまだ少なく「鬼というのは悪の象徴としての称号説」や「政府に作られた人工生物説」等もありますが、筆者としてはやはり鬼説を推していきたいと思います。

もう少し詳しく言うと

  • ヤマトとカイドウは「古代巨人族」の子孫
  • 古代巨人族が分岐して「巨人族」「魚巨人族」「鬼族」などになっていった

という説です。

古代巨人族として確定しているオーズやリトルオーズJrに比べて体のサイズが小さいことから、古代巨人族とは別の種族ではないかという考察もありますが、単純に他の種族の血が混じり「血が薄まった」からだと考えればつじつまが合うのではないでしょうか。

また、ビッグ・マムが言っていた「万国にいない3種」というのも古代巨人族や鬼族等は「巨人族」として1カウントと考えると合点がいきます。

ワノ国編は決着がつきましたが、ヤマトは現代の光月おでんとして今後の活躍が期待できますので、種族の謎が解明されるのが待ち遠しいです。

ヤマトの強さと悪魔の実の能力を解説

それではここからヤマトの強さと悪魔の実について解説していきます。

ヤマトの悪魔の実は『イヌイヌの実 幻獣種 モデル:大口真神(オオクチノマカミ)』

ヤマトの食べた悪魔の実は『イヌイヌの実 幻獣種 モデル:大口真神(オオクチノマカミ)』です。

この実は悪魔の実の中で最も希少とされる”幻獣種”の1種で、モデルとなった大口真神は狼を神格化した呼び名です。

現実での大口真神とは
  • 「火難」「盗難」「魔物」などの厄除けに強い力があるとされた
  • 大和国(現在の奈良県)ではその地の老狼が大勢の人間を食べた獰猛さから神格化された説
  • 田畑を荒らす獣を退治してくれるので益獣とみなされ信仰され神格化した説
  • 道に迷った日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を道案内したときに「災いを防ぎこの地を守護せよ」と仰せつかった結果大口真神になった
悪魔の実の能力
大口真神に変身できる神格化された白い毛のニホンオオカミに変身できる。
氷雪系能力を使える氷や冷気を操ることができる。

なお、ヤマトは空腹が理由で悪魔の実と知らずに食べており、カイドウもヤマトにこの実を「食わせるつもりはなかった」と話しています。

それほど希少な幻獣種の実については、以下の記事で解説しています。
ぜひチェックしてみてください!

おすすめの記事