【ワンピースネタバレ考察】ゴッドバレーには天竜人の墓があった?ゴッドバレー事件の真相を考察
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

ロジャーが全盛期になる前に暗躍していたとされるロックスが引き起こした事件であるゴッドバレー事件は、さまざまな謎が絡み合っています。しかし、第1086話にて少しずつこの謎が明かされそうになっています。

そこでこの記事では、ゴッドバレー事件について考察していきます。

ゴッドバレーとは?

ロックス海賊団とゴッドバレー事件
出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

まずはゴッドバレー事件が起きたゴッドバレーからおさらいしていきましょう。

ゴッドバレー事件が起きた場所

ゴッドバレーとは、38年前にロジャーとガープが手を組み、ロックス海賊団を壊滅したとされるゴッドバレー事件が起きた場所です。
本来敵対する立場であるロジャーとガープが手を組んだことや、天竜人嫌いのガープが天竜人とその奴隷を守るために戦ったことなど、数多くの謎が残された事件となっています。

この事件をきっかけに、ガープは「海軍の英雄」と呼ばれるようになりました。
しかし、当のガープはこの事件について語りたがっていないようです。

世界の王になるために重要な島?

ロックス海賊団の船長ロックス・D・ジーベックは「世界の王」になるという野望を持っていました。
そして、ゴッドバレー事件を引き起こしたことから、ゴッドバレーには「世界の王」になるために重要な島であると考えられます。

実際に天竜人やその奴隷が滞在していたことも何か関係があるのでしょう。

世界政府が隠したかった島

ゴッドバレーは、現在島そのものが無くなっていると言われています。
センゴクが言うには、ゴッドバレーは「世界政府が隠したかった島」のようで、実際に海軍のほとんどがゴッドバレー事件に関して知らなかったようです。

また、島そのものを無くしているということから、ルルシア王国を消した兵器と関連があると考えられます。

フィガーランド家とゴッドバレー事件

出典:『ONE PIECE』(Ⅽ)尾田栄一郎/集英社

 

次にゴッドバレーと関わりがあるであろうフィガーランド家について解説していきます。

フィガーランド家はゴッドバレーで活躍した”王者”

第1086話にて、神の騎士団の最高司令官であるフィガーランド・ガーリング聖の存在が明らかになりました。
さらに、ガーリング聖はかつてゴッドバレーで活躍した”王者”であるとも説明されています。

ここから、ゴッドバレー事件を語る上でフィガーランド家は外せないと考えられます。

おすすめの記事