アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレと感想を紹介!
出典:アニメ「psycho-pass」公式サイト

本記事では、11月29日に放送されたアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

前回第5話ではイグナトフと如月が潜入捜査をするメンバーにとしてシビュラに選るという内容で終わりました。

今回の第6話ではいよいよ潜入捜査の幕開けです。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレあらすじ


今回は新刑事課一課が2チームに分かれて捜査をします。まず、ホロを纏って潜入捜査をするイグナトフと如月。

二人の目的は

①姿を眩ませたテレーザ陵駕を見つけ出すこと。

②自爆事件に使用された爆弾の情報を得ること。

③ヘブンズリープの教祖、仁世の操作。

その一方、大五話でテレーザ陵駕の家宅捜査の際に見つかったデータを解析したところ、隠し倉庫から大量の「何か」を運んでいることがわかった。

残りのメンバーは問題のその貸倉庫に向かう。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレ

ネタバレ①イグナトフと如月の潜入捜査

イグナトフ監視官は公認宗教団体「ヘブンズリープ」の教祖代行ヴィクトル・ザハリアスのホロを纏い、如月はその妻のホロを纏ってヘブンズリ-プへ潜入捜査をします。

何の疑いもなくトーリからセキュリティキーを受け取り、二人は人気のないところでホロを解除しながら捜査を続行。


おすすめの記事