アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレと感想を紹介!
出典:アニメ「psycho-pass」公式サイト

電子書籍を買うならRakuten Koboがお得です!

Rakuten Kobo
楽天kobo
おすすめポイント!
①400万冊の品揃え・ジャンルも豊富!無料作品も充実
②初めてのご購入でポイント70倍!その他お得なキャンペーンやクーポン多数!
③楽天ポイントが貯まる・使える!

本記事では、11月29日に放送されたアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話を見逃してしまった方の為に、ストーリーのネタバレと感想をご紹介します。

前回第5話ではイグナトフと如月が潜入捜査をするメンバーにとしてシビュラに選るという内容で終わりました。

今回の第6話ではいよいよ潜入捜査の幕開けです。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレあらすじ

今回は新刑事課一課が2チームに分かれて捜査をします。まず、ホロを纏って潜入捜査をするイグナトフと如月。

二人の目的は

①姿を眩ませたテレーザ陵駕を見つけ出すこと。

②自爆事件に使用された爆弾の情報を得ること。

③ヘブンズリープの教祖、仁世の操作。

その一方、大五話でテレーザ陵駕の家宅捜査の際に見つかったデータを解析したところ、隠し倉庫から大量の「何か」を運んでいることがわかった。

残りのメンバーは問題のその貸倉庫に向かう。

「PSYCHO-PASS サイコパス3」第6話のネタバレ

ネタバレ①イグナトフと如月の潜入捜査

イグナトフ監視官は公認宗教団体「ヘブンズリープ」の教祖代行ヴィクトル・ザハリアスのホロを纏い、如月はその妻のホロを纏ってヘブンズリ-プへ潜入捜査をします。

何の疑いもなくトーリからセキュリティキーを受け取り、二人は人気のないところでホロを解除しながら捜査を続行。

捜査の途中で植物人間として延命措置を受けている多くの人たちを見つけます。

彼らは色相の濁った人間を早急にクリアな色相に変化させる「エターナル・ホワイト」特別な治療法があると言います。

この治療法というのが人間を有ストレス欠乏症にし、植物状態にして生かす処置でした。

また、その特別な措置を行ってる一室で自爆犯たちのカルテを発見します。

そして、そのカルテにはニュータウンに患者達が移ったことと、次期教祖トーリ・アッシェンバッハのサインが記されていました。

つまり全てはトーリによって行われた事件だったのではないかとイグナトフは推測しますが、より強い証拠を集めるべく教祖の自供と爆弾の現物を探すために捜査を続行。

イグナトフはセキュリティパスを使って教祖のもとへ足を運びますが、その姿がホロであることが判明。奥に扉があり、隠し扉の中には本物の教祖が植物状態になった状態で見つけます。

しかし、そこで二人は捕まってしまい、意識を失います。目を覚ました時、その場には梓澤康一の姿があり、トーリは「サード」と呼ばれるインスペクターでした。

おすすめの記事