エンディングテーマ
曲名:All Alone With You
アーティスト:EGOIST

 

カッコ良い主題歌は評判も良いです!ぜひ主題歌も注目して下さいね。

PSYCHO-PASS(サイコパス)1期の魅力は?


魅力①近未来を深く考えさせられる世界観

シビュラシステムに管理された世界観は、近未来の現実世界でも考えさせられるテーマとなっていてとても興味深いです。

シビュラシステムの世界は、まだ犯罪を犯していないが、将来犯罪を犯すであろう人を犯罪係数という数値で把握することができ、一定の数値を超えた人間は潜在犯として逮捕されます。数値が異常に高い人は処刑されるのです。

このシステムのおかげで、世界中の犯罪事件は劇的に減りましたが、犯罪係数は伝染し、大事な人を傷つけられた被害者の犯罪係数は上がってしまうのです。

潜在犯としてまだ罪を犯していない人間を区別する世界。
シビュラシステムに感知されない例外的な人間の存在やシビュラシステムを悪用しようとする組織など、様々な問題を抱えたシステムではありますが、もし近未来の現実世界にも導入されたら、私達はどう向き合っていけば良いのか深く考えさせられる内容です!


魅力②槙島聖護と狡噛慎也の因縁

狡噛は槙島に同僚を殺されてからずっと槙島を追ってきました。

そしてまた事件を起こした槙島が目の前に立ちふさがります。
槙島は犯罪係数の上がらない冤罪体質で、公安のトップからは生け捕りを命じられます。しかし、狡噛はその命令を破り、憎い槙島を殺そうとして、捜査から外されることになります。
公安と対立してまで槙島を殺そうと追い続ける狡噛の執念がとても熱くて感動します!

槙島もシビュラシステムに支配された世界ではなく、人が本来持っている意思に基づいて行動することに価値を見出しており、殺人を除けば一理あると考えさせられる内容です!

魅力③常守朱の成長

最初、常守朱が新任監視官として入った時は、臆病で仕事にもためらいがあり、向いていないのじゃないか。とまで言われていた彼女ですが、仕事に対する信念や芯を貫き通す強さを持っていました。

そんな彼女も数々の現場を経験していく内に仲間に認められ、最初の臆病な一面も感じられないぐらいにたくましくなっていきます。
臆病だけどどこまでいっても自分の信念を曲げずに成長していく常守の成長する姿は必見です!

PSYCHO-PASS(サイコパス)1期の口コミ・評価


サイコパス1期の口コミ

実際に見た人達の口コミを紹介します!

面白い!という評判が多いようですね。

細かいキャラの心理描写や近未来を表現した独特な世界観がとっても人気なようです。

サイコパス1期の筆者評価

筆者評価:41点/50点
ストーリー
作画
声優
音楽
キャラクター

ストーリーの全体だと、常識はずれな存在の槙島が登場してからかなり面白くなったという印象を受けました。
前半は個人的に少し退屈に感じる場面もありましたので、序盤にもう1つあっと驚くことがあっても良かったと思います。
槙島が登場してからの展開は本当に熱く、続きがどんどん見たくなるような展開になっています!


おすすめの記事