【チェンソーマン】パワーはかわいいヒロイン!可愛いシーンや理由を一挙解説!
出典:『チェンソーマン』(C)藤本タツキ/ 集英社

人気漫画チェンソーマンでも高い人気のヒロインパワーちゃん。
かなり問題のある性格ですが、見た目がかわいいだけでなく、不思議な魅力を持つヒロインです。

今回の記事ではパワーちゃんの可愛いシーンや理由についてご紹介します。

【チェンソーマン】かわいい悪魔!パワーとは

パワーちゃんのプロフィール

 

名前パワー
年齢不明
身長170cm
所属公安退魔特異4課
種族魔人
声優ファイルーズあい

 

パワーちゃんは、公安退魔特異4課に所属する血の魔人です。

一見かわいい美少女に見えますが、頭に2本の角が生えています。
魔人としては理性が高いため、公安のデビルハンターとして採用されています。

非常に理不尽で無茶苦茶な言動が多いですが、殺人衝動が抑えられる魔人は珍しいと言われているため、理性が高いのは間違いないようです。

かなり問題のある性格ですが、憎めない不思議な魅力のあるキャラクターで、第1回人気投票で1位になるほどの人気を誇ります。

血の魔人の能力で血を操れる

 

パワーちゃんは血の悪魔の魔人のため、血を操る能力を持っています。

自分だけでなく他人の血を操ることができ、血を固めた武器で攻撃するのが基本戦法です。
超インテリ作戦では、血を入れたペットボトルを隠して、敵が近づいたら槍に変えて攻撃していました。

傷を負った際は血を固めて止血することが可能で、戦闘中に傷を負った仲間の止血もしています。
ただし、自分の血に比べると、他人の血を操るのは難易度が高いようです。

魔人であるため不死身に近く、人間なら致命傷になる傷を負っても死にません。
岸辺との特訓では体が千切れても血を固めて体を接着できるため、かなり無茶な扱いを受けていました

バディのデンジとは兄妹のような関係

 

主人公のデンジとパワーちゃんは、バディを組んでおり、少しずつ兄弟のような関係になっていきます。

迷惑ばかりかけられることもあり、女性に甘いデンジも最初の頃はパワーちゃんのことをかなり嫌がっていました。
しかし、バディとして行動し、早川家で一緒に生活するうちに2人はかなり親しくなっていきます。

デンジがパワーちゃんの面倒を見ることが多く、パワーちゃんもデンジに懐いており、2人は兄妹のような関係とマキマに言われていました。

デンジを守るためならマキマに逆らうシーンもあり、2人のきずなが本物であることがわかります。

デンジについては以下の記事で詳しく解説しています。
興味のある方は是非チェックしてみてください。

【チェンソーマン】かわいいパワーの性格は?

ヒロインなのに傍若無人で虚言癖がある

 

パワーちゃんは外見はかわいいですが、態度は傍若無人で虚言癖というかなり問題のある性格です。
老人のような言葉づかいで態度は高圧的かつ好戦的で、理不尽な行動をばかり取ります

おまけに自分にとって都合の悪いことがあると、すぐに嘘をついてごまかそうとするなど、かなり質が悪いです。

とはいえ、大して悪意があるわけではなく、嘘もすぐバレるものばかりなので、大きな問題になることはありません

強い相手には逆らわず弱い相手には強気

 

基本的には態度の大きなパワーちゃんですが、自分より強い相手には逆らわず、相手が弱いとみると途端に強気になります。

上司のマキマの事を非常に恐れており、後ろめたいことがあると普段の尊大な態度が嘘のように大人しくなり、敬語を使うこともありました。

逆にコベニのように自分に逆らわない相手だと強気になり、脅して自動車を奪い取り、強引に運転したこともあります。

おすすめの記事