珠世の付き人といえば愈史郎ですよね。
愈史郎は珠世が鬼にしました。

しかし鬼舞辻無惨のように本人の意志なく鬼を作ったわけではありません。
愈史郎は体が弱く余命わずかのところを、愈史郎に了承をもらったうえで珠世が鬼にし救ったのです。

また、珠世は鬼を増やすつもりはありません。
不治の病や怪我などを負って余命いくばくもない人にしか鬼にするという処置は行わず、鬼にする際は必ず本人に鬼になっても生きながらえたいか尋ねてから行います。

鬼になるということは友人はもちろん、家族との関係までも一切を断たなければなりません。
人間の血も必要になります。
これらのことに同意したうえで処置をされるのです。

しかし残念ながら200年以上かかって鬼にできたのは愈史郎ただ一人だったのでした。

珠世に鬼にされた愈史郎も人間の血を必要としますが、珠世よりもさらに少量の血で済むのです。

愈史郎
珠世の手で鬼になり、命を救われた青年です。
その恩義と美しさによって珠世に心酔しており、常に彼女を最優先して行動します。
さらに愈史郎は「珠世日記」をつけるのが趣味です。
1日で七〜十ページくらい書いています。

縁壱のおかげで鬼舞辻無惨の呪いから逃れる

継国縁壱の回想シーンに出てきた珠世は鬼舞辻無惨と行動を共にしていました。
当時から内心は鬼舞辻無惨を恨んでいた珠世でしたが、鬼舞辻無惨の呪いのため抗うことができなかったのです。

鬼舞辻無惨の血を分けて作られた鬼たちは鬼舞辻無惨により監視されています。
鬼舞辻無惨は全ての鬼の居場所や、近くにいる鬼の思考を把握できるのです。
そして本来鬼は、鬼舞辻無惨の名前や鬼舞辻無惨に関する情報を誰かに話すことで細胞が壊れるようになっています。
これが鬼舞辻無惨の呪いです。

鬼舞辻無惨は継国縁壱に追い詰められますが、自分の体を肉片へ変え逃げ切ります。
鬼舞辻無惨がもう少しで倒されるかもしれないと目を輝かせつつ見ていた珠世でしたが、鬼舞辻無惨が逃げおおせたため怒りで涙を流し「死ねば良かったのに!生き汚い男!鬼舞辻無惨…!」と叫びました。
本来であればここで死んでしまうはずが何も起きません。

なんとか逃げ切った鬼舞辻無惨は継国縁壱の攻撃で致命傷を負っており、弱体化していたため鬼舞辻無惨の名前を口にしても呪いが発動しなかったのです。

継国縁壱は珠世の話を聞き珠世を殺さず、鬼舞辻無惨を倒すための手助けを求めました。
その頃から珠世は鬼を人間に戻す薬の研究を行っていたのだと思われます。

【鬼滅の刃】珠世の操る血鬼術

ここからは珠世の操る血鬼術をご紹介いたします。


血気術:惑血・視覚夢幻の香(わくち・しかくむげんのこう)

対象者の視覚を惑わす術です。
この術は2巻で周りにいた警察官から姿をくらますために使用しました。


おすすめの記事