『呪術廻戦』163話!最新ネタバレと考察|虎杖、ついに日車と遭遇!!
スポンサーリンク

日車捜索に向けて、分断された状況のまま前進を始めた虎杖と伏黒。
「次のカモ」を待つ謎の男性も登場し、死滅回游は早くも混迷の様相を呈してきました。
本格始動と共に、怒涛の展開が続く「死滅回游」編。
今回も見どころ満載でしたね。

それでは、163話「東京第一結界➂」のネタバレです。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』前回162話のおさらい

前回は、虎杖も伏黒も、それぞれ日車の手掛かりとなる人物との接触に成功しました。
虎杖の方は、中学時代の虎杖を知っているらしい男性・甘井凛。
伏黒の方は、「騎士になって!」と言ってきた現代の術師の女性・麗美。
彼らはそれぞれ、日車の居所を知っていると言い、虎杖・伏黒に同行することになりました。
しかし、二人が示した行き先は異なっています。

甘井は「池袋」。

麗美は「新宿」。

連絡を取り合う手段を持たない虎杖と伏黒は、目的地で合流できることを望みつつ、進むしかありませんでした。

一方、腕に「不退転」と書かれた謎の男性が、誰かを待っている様子も描かれましたね。
「次のカモ」を連れてくるはずの「あの子」を待つこの男性は、何者なのでしょうか。

読者の不安を掻き立てながら、163話は幕を開けました。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』163話ネタバレ①|虎杖の過去と甘井

今回の呪術廻戦は、甘井の回想から始まりました。

「勉強も運動もパッとしない」けれど「プライドだけは高い」集団に、調子を合わせていた甘井。
彼らにもほかのグループからも標的にされないように、ヘラヘラ調子を合わせることで、厄介ごとを避けていたのでした。
何だか小狡い立ち回りのようにも思えます。
しかし、甘井の様子からはそれを恥じている様子は見られませんでした。
それどころか、そうやって「上手く調子を合わせている」自分に、自信すら持っていたようにも見られます。
そんな甘井たちの前に現れたのが、虎杖でした。
いさかいの現場に現れた虎杖は「やめろよ」と一言。
殴りかかってきた相手を返り討ちにします。
このとき唯一、その場に居合わせたのに難を逃れたのが甘井でした。

今まであまり詳しく描かれなかった虎杖の中学時代のエピソードですが、この頃から強かったことがわかりますね。
しかも、甘井とつるんでいた集団の発言から、どうやら高校生相手にケンカで圧勝したらしいこともわかります。
(「中坊かよ」「タメ口だったなあ」というセリフから、甘井たちは高校生、虎杖は中学生だろうと推測できます。)
これだけ衝撃的な出来事があったわけですから、甘井が虎杖のことを覚えていたのは、ある意味当然と言えるでしょう。

スポンサーリンク

『呪術廻戦』163話ネタバレ②|目的地にそれぞれ到着

舞台は現在へと戻り、伏黒と麗美の様子です。
新宿を目指す伏黒たちは、東京メトロ要町駅付近にいました。
どうやら麗美は、池袋経由で新宿を目指すつもりのようです。
これを、伏黒が気にしていました。
物資が豊富なエリアは、他のプレイヤーとの遭遇率が上がるためです。
しかし、麗美には麗美なりの理由があって、ここを通ることにしたと答えていました。
ひとつは、道が分かりやすいこと。
もうひとつは、麗美の拠点が近くにあることです。
昨日からろくに休めていないらしい麗美は、「シャワーくらい浴びさせて」と伏黒に言うのでした。

一方、甘井は虎杖を、日車が拠点としている劇場へ連れてきていました。
(この場所がどこなのかを、早々と特定しているファンもいました。)
早速乗り込もうとする虎杖を、何故か甘井は止めようとします。
「マジで行くのか?」
「あの羽場さんがコテンパンにやられたんだ」
羽場さんは、先週虎杖に倒された、髪がプロペラ状に変形する男性のことです。
「ヘリ頭に勝った俺にも逃げるくらいはできるってことだろ」
気楽そうに虎杖は言いますが、ここでさらに甘井は意味深な様子を見せます。
「言え……!!言うんだ俺……」
「もうこんなこと止めよう……!!」
「……ごめん虎杖!!」

『呪術廻戦』163話ネタバレ③|レジィ登場!!

「君、騙されたの♡」
セリフからいでたちから、衝撃的がすぎる「不退転」の男性が伏黒に言います。
嘘の目的地に誘導していたのは麗美で、伏黒はまんまと騙されたということでした。
強気なレジィ&麗美のふたりに対し、伏黒は
「喋るな」
「時間の無駄だ」
と玉犬を呼び出します。
こちらも、戦闘は回避できないようですね。

それにしても、麗美とレジィはどういった関係なのでしょうか。
「レジィ様」という呼び方を見る限り、麗美はレジィに従う立場のようです。
このふたりがこういう関係に落ち着いた経緯も、気になるところですね。
死滅回游より以前からの知り合いだったのでしょうか。
それとも、何らかの利害が一致するなどの理由から、手を組んだのでしょうか。
もっと言うなら、麗美もレジィもどういう術式を使うのかはまだ不明です。
二対一の状況に追い込まれた伏黒の、「覚悟」が試されるときが来たようですね。

『呪術廻戦』163話ネタバレ④|虎杖、日車に接触!!

劇場の中へ入った虎杖は、舞台に置かれたバスタブに誰かが入っているのを見つけます。
「君は服を着て風呂に入ったことがあるか?」
「30半ばを超えてグレてしまったわけだ」
などと言い放つ、この人物が日車です。
真剣に話かける虎杖に対して、日車はどこかふざけたような態度のままです。
しかし、「話が通じる」ことに気づいた虎杖は、日車が「術式が開花した現代の術師」であると判断し、交渉に乗り出します。
殺し合いの強制を無効化するために、日車の点数を使わせてくれと頼む虎杖。
日車の返答は「断る」の一言でした。
理由は、「死滅回游に可能性を感じている」から。
法の無力さを知っている日車は、総則を犯せば罰せられるという死滅回游のシステムを「素晴らしい」と感じているようです。
問題があることは認めた上で、土台となっているシステムを見守りたいと望んでいます。
特に「術式の剥奪」については、一度見届けたいとまで言っていました。
どうやら、交渉は不可能なようです。
実力行使に転じた虎杖に、日車も応戦の姿勢を見せました。

こちらも、激突不可避となった状況で、163話は幕引きとなりました。
どちらの戦いの模様も、非常に気になります。

『呪術廻戦』163話の感想と考察!

いかがでしたか?

虎杖vs日車、そして伏黒vsレジィの戦いの行方が気になりますね。
特に虎杖側は、すでに100点をとっているプレイヤーとの戦いです。
虎杖の強さも再確認できましたが、日車はそう簡単に勝てる相手ではないはずです。
物理でねじ伏せることができた羽場のようにはいかないでしょう。
伏黒に関しても、麗美とレジィの強さが未知数であることが気にかかります。
人数的にも不利な状況に立たされている伏黒は、この状況をどう攻略するのでしょうか。

気になることは他にもあります。
甘井の「ごめん」は、いったい何に対してなのでしょうか。
「こんなこと止めよう」の「こんなこと」というのも謎です。
麗美と同様、甘井も日車の元にカモを連れてくるよう、指示されていたということなのでしょうか?

非常に気になる盛り上がりを見せたところで、休載を挟むこととなりました。
次回までに、今週までの内容を繰り返し確認することで、気になるポイントを確認しておきたいですね。

スポンサーリンク
アニメの続きが気になる…原作漫画で一気に読みたい!そんな時は?

アニメの続きが気になって、原作漫画を購入しようとしているなら、下記3サイトを利用してお得に購入しましょう!

ebookjapan
ebookjapan
ebookjapanのおすすめポイント!
①60万冊のラインナップ、コミックの品揃え国内最大級!
②初回50%オフセールや、漫画購入毎にポイント還元!
③漫画は9000冊が無料読み放題!
DMM電子書籍
DMM電子書籍
DMM電子書籍のおすすめポイント
①初回購入50%オフクーポン
②初回以外もお得なキャンペーンが頻繁に開催
③アダルト電子書籍業界No.1
まんが王国
まんが王国
まんが王国のおすすめポイント
①3000作品以上が無料で試し読みができる
②無料会員登録で半額クーポンがもらえる
③レビュー機能が充実!漫画購入の参考になる!
おすすめの記事