文豪ストレイドックス
出典:「文豪ストレイドックス」公式サイト

文豪ストレイドックスの太宰治とは、本作のメインキャラクターの一人で、武装探偵社の中心人物です。

彼は、変人のうえにつかみどころがなく、ミステリアスなところがあります。

今回は、そんな太宰治のキャラクターについて、解説しましょう。

【文豪ストレイドッグス】太宰治とは?

太宰治のプロフィール

  • 名前:太宰治
  • 年齢:22歳
  • 誕生日:6月19日
  • 身長:181cm
  • 体重:67㎏
  • 血液型:AB型(実際の太宰治と一緒)
  • 好きなもの:自殺、酒、美女、蟹、味の素
  • 嫌いなもの:犬、中原中也

見た目は、砂色のコートを着た優男で、身体の所々に包帯を巻いています。

好きなものに「自殺」をあげるという、マンガのキャラとしては、近年まれにみるダウナー系の趣味をしています(自殺マニア、大変な変人の項を参照)。

ちなみに、愛読書は「完全自殺読本」です。太宰はこの本を熟読しており、常に苦しまない死に方を模索しているようです。

また美女に目が無く、気に入った女性に出会うと、すぐに口説こうとします。

嫌いなものに中原中也で、二人はマフィア時代にコンビを組んでいたにも関わらす、仲が悪かったようです。


太宰治の経歴

 

太宰の経歴は謎に包まれていますが、元はポートマフィア(太宰治の過去の項を参照)です。

前述の通り、マフィア時代の中原中也とパートナーとなって活動していました。やがて、森鴎外が、先代ボスの寝首を搔いて、ボスの座に着くと(その際、太宰は現場を見ていたため、証人となる)森の右腕となり、幹部となったのです。

そして、芥川龍之介の教育係兼上司となり、優れた頭脳と人望によって地位を築き上げていったのです。

その後、「ミミック」との抗争時に、友人の織田作之助を亡くしたことから、マフィアを抜けてしまいます。

その際、内務省異能特務課の参事官補佐である坂口安吾によって、自分の経歴を抹消してもらっています。

そして、地下に潜った後、武装探偵社に入社しました。

【文豪ストレイドッグス】太宰治の性格

自殺マニア、大変な変人

太宰は、大変な変人です。気に入った美女を見かけると、すぐに口説こうとし、勤務態度は不真面目で、相方の国木田独歩に叱られてばかりいます。

おまけに神出鬼没で、あまり事務所にいない反面、すぐに事件現場に現れたりと、とにかく捉えどころのないキャラクターをしています。

さらに、自殺マニアで、初登場場面では、なんと頭から川に飛び込んで、足だけ出しているという、おかしな入水自殺(「犬神家の一族」のスケキヨが死んだときの姿)をしていました。

探偵社のほとんどが、彼の奇行に呆れ果てており、太宰が自殺に失敗して助けを求めても、全員に無視されてしまい、国木田からは「包帯無駄遣い装置」、「迷惑噴霧。

ただし、自殺を望んではいるものの、苦しいのはイヤで、人に迷惑をかけないクリーンな自殺を目指しているとのことで、そして、美女と心中することを強く望んでいます。


人をからかうのが大好き

変人であるだけでなく、太宰は人をからかうのが大好きで、周囲の人間をもてあそんでいます。

策士的な一面があるためか、からかうだけでなく、太宰は人を利用することに長けているため、中島敦を言いくるめて、自分の報告書を書かせたりしています。

一番の犠牲者は、相方である国木田独歩と、マフィア時代の相方だった中原中也です。

 

特に几帳面で、予定を組むのが大好きな国木田は、いじり甲斐があるのか、首つり健康法という大ボラを信じ込ませたり、国木田が綿密な予定を組んで出かけた際は、彼の予定を壊すため、事務所に国木田の客人(国木田が愛用している手帳をつくった職人)を招き、彼に事務所に戻ってこさせようとするなど、国木田をいいようにもてあそばれています。


おすすめの記事